6月の高峰山・篭ノ登山・黒斑山・仙人岳


   曲は Tender Lullaby

長野県の山

車山峠〜高峰山〜高峰温泉〜水ノ塔山〜東篭ノ登山〜池ノ平湿原〜車坂峠〜トーミの頭〜黒斑山〜
蛇骨岳〜仙人岳〜Jバンド〜湯ノ平口〜草すべり〜トーミの頭〜車坂峠

登山日 2009年6月13日〜14日
参加者 8名

コース・タイム
○6月13日(曇)
 車山峠9:28-10:20高峰山(2092M)10:30-11:15高峰温泉-12:15水ノ塔山(2202M、昼食)12:55-13:35
 東篭ノ登山(2228M)13:45-14:13池ノ平駐車場-池ノ平湿原散策-15:50池ノ平駐車場-車坂峠(泊)
○6月14日(曇)
  車坂峠4:40-5:40避難壕-5:51中コース分岐点-6:00トーミの頭-6:08(朝食)6:25-6:35黒斑山 (2404M)
  6:43-7:10蛇骨岳(2366M)-7:28仙人岳-7:55Jバンド-9:10湯ノ平口-10:28トーミの頭(昼食)11:00-
  12:05車坂峠

 車山峠までは2台の車に分乗して、現地へ向かった。高峰山の登山口は高峰高原ホテルの裏にある。9時半に登り始める。落葉松と笹の中を登っていく。ハクサンイチゲが出迎え、随所に色とりどりのアズマシャクナゲが咲いている。その他、コヨウラクツツジ、ミツバオウレン、イワカガミが咲いている。メボソムシクイやルリビタキが近くの枝で囀り、遠くからはホトトギスやカッコウの囀りが聞こえてくる。1時間ほどの登高で、祠のある高峰山につく。晴れていれば、奥秩父、八ヶ岳、富士山等の山々が見渡せるであろうが、あいにく霧のため視界は閉ざされている。私はかつて勤めていた会社の本社の山岳部の仲間とここへやってきたのですが、頂上では同じ会社の工場の山の会の仲間と出会った。そういえば、前回はヒメサユリ咲く雨の浅草岳でお会いしましたねと挨拶を交わす。下りは高峰温泉へと向かう。イワハタザオ、ツマトリソウ、ヒメイチゲの花を楽しむ。
 高峰温泉からは落葉松林の中を水ノ塔山へと向かう。相変わらず、メボソムシクイやルリビタキがよく囀っている。ツガザクラ、イワカガミ、ツバメオモトが咲いていた。途中から露岩の道となり、小雨もぱらついてきたが、直にやんだ。コケモモ、イワカガミ、イワハタザオが咲いている。1時間の登高で水ノ塔山につく。この頂で昼食をとる。こんなに高い所でもミソサザイが囀っている。時々ホシガラスが飛んできては近くの枝にとまったりする。水ノ塔山から東篭ノ登山の間は岩まじりの道であり、イワハタザオ、ツガザクラ、キバナノコマノツメ、コケモモが眼をひいた。東篭ノ登山の頂からは八ヶ岳、南北のアルプス等展望のよいところのようだが、霧がかかっていて近くの山しか見ることができなかった。
 池ノ平湿原へは30年ほど前に家族で訪れたことがあるが、色とりどりの高山植物でいっぱいであった。
ところが、今は乾燥して笹が生い茂り、高山植物はほとんど見ることができなかった。ホオアカもノビタキも見られない。時々カッコウの鳴き声が流れている。ここでは同じ野鳥の会に所属し、90歳で元気に歩いているSさんと出会った。三方ヶ峰でわずかに咲いていたコマクサを見た後、宿の迎えの車に乗って、車坂峠へと向かう。宿の回りではイワツバメが飛び交い、ホオジロ、カワラヒワ、キセキレイを見ることができた。宿で温泉に入った後、Sさんと今日出会った野鳥の話をする。今日は俳句の会でこちらに来たとのことだった。やはり、30年前に池ノ平湿原へ来たそうで、その変貌に驚いた様子でした。夕食後は宿自慢の天体望遠鏡で星の観測を楽しむ。

 朝、4時40分に宿を発つ。コメツガやシラビソの林の中を速いペースで登っていく。ここもルリビタキとメボソムシクイの天国である。先頭の方を歩いている方はメボソムシクイやカヤクグリを見たようである。花はツガザクラが多い。一時小雨がぱらついたが、すぐにやむ。2時間の登高で黒斑山につく。霧がかかっていて浅間山は展望できなかった。ここから蛇骨岳、仙人岳、Jバンドへの道は露岩の道である。相変わらず霧のため展望はきかない。岩にはりつくミネズオウが眼をひく。ウソ、ビンズイ、イワヒバリ、ルリビタキ、アマツバメを見ることができた。Jバンドの入り口付近ではコルリが囀っていた。Jバンドは岩壁伝いに下っていくのであるが、比較的歩きやすい道であった。やがて賽ノ河原と呼ばれる平原につく。少し霧が晴れてきて、蛇骨岳、仙人岳、鋸岳へと続く岩稜が大きく聳え立つ。眼前の浅間山は霧がかかって裾の方だけ望まれた。このあたりはイワカガミが美しい。ここから湯ノ平にかけては落葉松の若木等、平坦な道が続く。木にとまるモズを見つける。この高所でキジの鳴き声を何声か聞き驚かせられた。湯ノ平口からは草すべりへと向かう。3年前、小諸に住む友人から6月の草すべりのユキワリソウの素敵な写真を見せていただき、今回の山旅では出会いを楽しみにしていた。草すべりの入り口の岩場の高いところに数輪咲いている。これだけなのかなと期待はずれの感を抱いた。南木佳士の「草すべり」という小説のシーンを思い浮かべたりしながら登高した。草すべりの道は急峻であるものの、思っていたよりも歩き易い道であった。草すべり上部でユキワリソウの群生に出会い、みんなで歓声をあげる。ここに咲いていたんだ。露に濡れた可憐な姿に心がやすまった。ユキワリソウは園芸種にもなって、亜種も多いようですが、ここに咲いているのは原種に近いようです。同行者はトーミの頭で、つがいのルリビタキや枝にとまって囀るカヤクグリを見たようですが、ユキワリソウのところに長居した私は見ることができなかった。でもジュウイチの囀りを間近に聞くことができた。トーミの頭で昼食後、往き道の表コースを下山する。キクイタダキ、コガラ、ヒガラ、メボソムシクイ、ホオジロ、カワラヒワを見ることができた。ルリビタキとウグイスがよく囀っていた。
 終始、霧がかかっていて展望には恵まれませんでしたが、高山植物を愛でながら、野鳥観察も楽しめた今の時期ならではの山行でした。

   写真はこちらのカメラをクリックしてください   


            オリンパス E-3 _ZUIKO DIGITAL ED12-60mmSWD F2.8-4.0で撮影

              黒斑山0608