山陰の旅


鳥取砂丘〜蒜山高原〜桝水高原〜伯耆大山〜米子

旅行日(登山日) 1969年4月12〜17日
参加者 山野Y、山野H

【鳥取砂丘】
はるか地平線はかすみて
白き波はうずまく
旋回する風は孤をかいて
海と浜辺の砂地に模様を描く

叫べよ!叫べよ!叫べよ!
風よ!水よ!
君のその神技が
あの美しい海岸線を描くために

白き一隻の船
北へ進も危なっかしい
だが 春だ
風はなごみて
陽はこの砂丘一帯にふりそそぐ
空はこよなく碧く
砂地にめり込むわが足が快い

【蒜山高原】
 私達は鳥取砂丘に立ち寄った後、ローカル色豊かな山陰線に揺られ、上井駅で倉吉線に乗り継ぐ。関金温泉で下車し、バスに1時間ほど揺られて、上福田に着く。
 2、3日続いた25度を越える初夏のような陽気もここへきて崩れ始め、小雨が降り出す。蒜山(ひるぜん)高原の豊かな広がりが眼に入る。そして、前方にはひときは高く大山や天狗岳、それにピラミッド型の白雪を抱いた烏ガ山が夕べの空に浮かんでいる。北に眼をやれば蒜山三座が静まりかえって佇んでいる。今宵の宿は国民休暇村・蒜山高原荘である。名物のジンギスカン料理を食べる。
 眼を醒まし、窓を開けると雨が降っている。しかし上蒜山の峰々ははっきりと見渡せる。しばらくすると雨は止み、登山日和となる。ここ蒜山高原は高原一帯が牧場であり、牧場内に中国四国酪農大学校がある。山の中腹にはスキー場があり、冬は賑わうそうであるが、今はとても静かだ。上蒜山に向かうには、畑の畦道を行くのだが、枯れ草が生え、さくさくとしていて気持ちが良い。そして蒜山三座の原っぱは芝草と枯れ草がいっぱいあり、昼寝をむさぼるのに丁度良い。のんびりとご飯を食べていると、天気はだんだん崩れてくる。食べ終えると同時に雨が降り出し、ついには広漠とした高原を雨が駆け廻る。ずぶ濡れになり、嘆いていたら急速にやみ始める。そして焚火にあたっているうちに、すっかり乾いてしまう。今日は大山国民宿舎に宿泊する。

春浅き枯草眠る蒜山高原
たんぼの畦道も枯草につつまれ
まるでジュウタンの上を歩くような快さ
村人も旅人も誰一人なく
寂寥が高原一帯をつつむ
枯草と赤土のにおいが
ぼくらの心に溶け込む
でも 春だ
緑がゾコゾコ首を出してきた
囲いの牛が大地に放たれる日も近い

【伯耆大山】
 天気はまずまず。正面登山コースより急な道を一直線に登る。途中、雨に降られながらも難なく頂上にたどりつく。上部は雪が積もっていたが、運動靴で簡単に登れてしまう。南面はトゲトゲした岩稜で急峻であり、なんとなく殺風景な感じがする。けれども豊かな裾野の広がりと日本海が見渡せるのは捨てがたい魅力だ。昨日といい、今日といい私達の他は誰もいない。ほんとうに静かなる山、山、山。下りは駆け足で降りる。もくもくと雲がわき上がり、私達を覆い包む。あっという間に麓に着いてしまう。
 大山はずんぐりとした山だ。北面、南面は荒削り。あちらこちらに岩崩れや亀裂の跡がある。けれども裾野には緑がいっぱいある。海岸線がずうっと遠くまで霞んで見える。大山は中国山地にあっては異端児だ。暴れん坊だ。ほんとうの中国山地の美しさはその前衛の山々にある。見よ!あの優しい山の連なりを!そこにはアルプスの山々とは違った、しっとりとした美しさがある。