5月の前日光・薬師岳から夕日岳


                            曲は Tender Lullaby

前日光の山・栃木県の山

日光〜明智平〜細尾峠〜薬師岳〜夕日岳〜地蔵岳〜ハガタテ平〜古峯神社

登山日 2006年5月3日
参加者 2名
天候  曇のち晴
コース・タイム
 日光6:13(バス)-6:50明智平6:57-7:08観瀑台7:12-8:05細尾峠分岐-8:10、1617.8Mピーク-8:55細尾峠
 -9:45薬師岳10:00-11:10三ツ目11:15-11:30夕日岳11:55-12:13三ツ目-12:27地蔵岳-12:45ハガタテ
 平-14:05古峯神社14:30(バス)-15:15東武・新鹿沼駅

昨秋、紅葉時に禅頂行者みちと呼ばれる本コースを歩いた。明智平の展望台から歩き始める。山々は霧がかかっており、男体山、大真名子山、女峰山は見え隠れしている。ミズナラ、ブナ、岳樺、ハウチワカエデ等の茂る急峻な道を登高する。例年ならアカヤシオが多いと言われる茶ノ木平への道も、まだ花は咲いておらず、花芽も少ない。従って、歩くペースが速い。茶ノ木平と標識された1617.8Mピークまで一気に登り、ここからは笹原を急降下して行く。明智平から2時間ほどで細尾峠につく。ここは舗装道路(国道122号)になっており、数台駐車している。ここからはハウチワカエデやミズナラ等落葉樹の中の急登である。ほんの一角アカヤシオが咲いており、後にも先にも咲いていたのはここだけであった。9時45分に薬師岳1420Mにつく。この頃になると天気は晴れ渡り、北側には男体山、大真名子山、女峰山がくっきりと望まれるようになる。そして南側には夕日岳が大きく聳え立っている。10人ほどの賑やかな女性パーティが登ってきた。昨年のアカヤシオはすばらしく、花につられて東の大木戸山へのルートを下っていったと話してくれる。頂上にいた2パーティは大木戸山へのルートを、賑やかな女性パーティと私達は夕日岳へと向かう。樹間からは皇海山から白根山への連なりが望まれる。三ツ目からは縦走路を少し外れた夕日岳を目指す。この道はアカヤシオの木が多いが、花芽はまったくない。昨年はアカヤシオの当たり年であったが、今年はどうも外れ年のようだ。ここにやってきた登山者はみんなアカヤシオを期待してやってきている。それなのに花は一輪も咲いていなかった。とは言うものの頂きからの景色はすこぶる良く、ここでお弁当を食べる。下りはハガタテ平を経由して、古峯神社へと向かう。沢沿いの道にはバイケイソウが群生し、ハルトラノオやニリンソウが咲いていた。

 

   唯一咲いていたアカヤシオ(薬師岳への道)                大真名子山

 

                                                白根山

 

        夕日岳頂上から望む男体山

           前日光・薬師岳・地蔵岳0510       日光市の花0605