新緑の日光・鳴虫山


日光の山・栃木県の山

東武日光駅〜志渡淵川登山口〜神ノ主山〜鳴虫山〜合方〜独標〜含満ガ淵〜総合会館前・バス停
登山日 2004年4月28日
参加者 単独
天候  曇一時雨
コース・タイム
東武日光駅9:15-9:30志渡淵川登山口-10:08神ノ主山10:16-11:45鳴虫山(昼食)12:05-13:12独標-14:00含満ガ淵14:20-14:37総合会館前・バス停-14:52東武日光駅

東武日光駅に着くと雨が強く降り始め、雷も伴ってくる。しばらくは傘をさして登る。アカマツの大木が多く、新緑の中にヤマツツジやトウゴクミツバツツジが映える。やがてヒノキ林となり、笹道を登りつめると神ノ主山の頂上であった。雨もやみ、山は徐々に明るくなってくる。鳴虫山への道は急峻で、南側はヒノキ、北側は落葉樹に覆われている。頂上直下はアカヤシオが多いと言われているが、今年は暖冬のためか、ほとんど散っていた。それでもわずかに残るピンク色の花は可憐だ。透る新緑の中でヒガラ、ヤマガラ、オオルリなどが囀る。まだ飛ぶことのできないヒガラの幼鳥がチイチイー、チイチイーと鳴きながら、親鳥をさがしている。カタクリが多く見られたが、花は咲いていなかった。頂上は1104m。西から北にかけて男体山、大真名子山、女峰山、赤薙山などの日光連山がドーンと聳えている。下りは含満ガ淵コースを選ぶ。ブナやツツジの新緑が鮮やかで、コガラのゆったりとした響きにうっとりとする。このコースも急峻でいたるところにロープが張られていた

<観察した野鳥>
ヒガラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、コガラ、ヤマガラ、メジロ、アオゲラ、ツツドリ、オオルリ、ウグイス、カケス、ハシブトガラス

 

                            トウゴクミツバツツジ

                      新緑の中のトウゴクミツバツツジ

  

                              アカヤシオ

 

                         親からはぐれたヒガラの幼鳥

  

                                             アカヤシオ

  

            男体山                           女峰山と 赤薙山

  

                                           ブナの新緑

                           次の写真