南房総・水仙の山・嵯峨山
  曲は Tender Lullaby
南房総の山・千葉県の山

小保田〜水仙ピーク〜嵯峨山〜釜の台〜小保田

登山日 2008年1月12日
参加者 6名
天候  雨
コース・タイム
 新宿駅(特急さざなみ)7:50-9:45保田駅10:00(バス)-10:10小保田10:20-下貫沢出合10:40-11:20
水仙ピーク-11:48嵯峨山-12:07釜の台(昼食)13:05-13:28水仙ピーク登り口-13:20下貫沢出合-14:10
小保田14:23(タクシー)-14:30保田駅(特急さざなみ)15:27-17:04東京駅


 新宿駅から2時間ほど特急電車に揺られ保田駅につく。暖かな南房総の水仙ウォークを予定していたが、日本列島はシベリア高気圧と太平洋高気圧に挟まれた前線が横たわり、雨が降っている。10分ほどバスに乗り、小保田で降りる。傘をさしながら20分ほど小川の畔の舗道を歩く。アオジ、ジョウビタキ、ツグミ等が飛んでいる。南房総の山間部は野鳥が多いと聞いており、晴れていたら鳥影も濃いように思われた。南房総だけあって、雨が降っていても、風がなければ寒さを感じることはない。
舗道歩きが終えたところは下貫沢出合と呼ばれ、嵯峨山まで50分の道標が立っている。右側の水仙畑の中の道を登り始める。水仙畑が大きく広がっており、心はなごむ。水仙ピークまで急登が20分ほど続く。トラロープが続けて張られている。雨で道はぬかっており、ロープがないと歩きにくいところである。水仙ピークからは、晴れていれば南面には房総の低山や東京湾が眺められるようだが、今日はあいにく視界がきかない。ここからは痩せ気味の尾根で、風が強まり肌寒さを感じるようになる。Sさんに言われて気づいたが、頂上にかけてはカンアオイがいくつも咲いていた。このカンアオイ、初めて植物の先生に教わった時は土中に咲く変わった花だなぁと思った。麓から90分の登高で標高316Mの嵯峨山の頂につく。雨で展望はきかず、記念撮影をして、そそくさに下山する。急などろんこ道を下ると農家の庭先に出る。ぽつんと離れた一軒家。ここには高齢のおばあちゃんが一人で暮らしている。ワンちゃんが寂しさを紛らしているような感じすらした。庭先を借りて暖かなスープをつくり、のんびりと昼食をとる。大きな庭には水仙があちこちに咲き、夏ミカンがたわわに実っている。竹藪では、ウグイスが地鳴きを繰り返す。おみやげの水仙を採らせていただき、ここを後にする。
ここから少し下ると、上総湊との分岐に出、左の小保田への道を辿っていく。しばらく山道を登って行くと、水仙ピーク登り口につく。これを左に見送り、少し下ると見事な水仙畑に出た。往きに水仙の写真を撮らなかったので、ここでパチパチとシャッターを切る。保田駅前で魚の干物をおみやげに買う。家で三晩続けて食べたが、美味しかったなぁ・・・。久々にお会いした山仲間。雨降りではあったが、いろいろと語り合え、楽しい一日でした。

 

              カンアオイ                                 水仙