真夏の筑波山
茨城県の山
湯袋峠・北西登山口〜筑波高原キャンプ場〜キャンプ場西の無名沢〜女体山〜男体の衣〜男体山南展望台〜男の川〜筑波高原キャンプ場〜湯袋峠・北西登山口

登山日 2003年8月3日
参加者 山田(L)、豊澤、山野
天候  曇ときどき晴
コース・タイム
湯袋峠・北西登山口8:47-10:57筑波高原キャンプ場11:10〜キャンプ場西の無名沢〜13:25女体山〜14:00男体の衣〜14:25男体山展望台14:38〜14:55男の川〜15:50筑波高原キャンプ場〜17:00湯袋峠・北西登山口

 東京から近いのに、筑波山に登るのは今回が初めてであった。リーダーの山田さんは今年32回目の登山ということで、登山ルートや花の名にくわしい。しばらく沢沿いの関東ふれあいの道を歩む。ホオノキ、ヒノキ、ケヤキ、ナナカマドなどが茂っている。少し歩いたベンチのあるところから藪気味の尾根に入る。ぼくらの他は登山者の姿はなく静かで心は落ち着く。急な尾根には○○がいっぱい咲いていた。盗掘を恐れ花の名を書くことはできないが・・・藪気味の道を歩くこと1時間半位で、ふたたび関東ふれあいの道にでた。しばらくしてからキャンプ場の西、女の川の東にある小さな沢に入る。春先はカタクリ、ニリンソウ、キクザキイチゲなどたくさんの花が咲いているとのことであった。いまはコミヤマカタバミ、ツクバネソウ、ホトトギスなどの葉だけが認められる。テンナンショウの仲間の赤い果実が眼をひく。ホトトギスがいっぱい鳴いていたが、聞きなれない鳥が甲高く鳴いている。豊澤さんによれば、ガビチョウとソウシチョウだという。野鳥図鑑には載っていない鳥の名だ。帰化鳥と呼ばれ、中国などからの飼い鳥が野生化したものだ。とにかく筑波山では一番多い鳥のような気がした。ソウシチョウは調べてみたら、羽が青く、喉が黄色のとてもきれいな鳥であった。1時間ほどの沢歩き後、登山道に出た。ほんのちょっとだが、ブナ林となっている。昼食後、女体山につく。人でいっぱいだ。曇っていて眺望はきかない。男体の衣では岩場に張りつくようにイワタバコが咲いていた。この花を観賞できて、至極ごきげんな気持ちになる。オカトラノオの群生地で、蜜を吸うヒョウモンチョウを楽しんでから、男の川という小さな沢沿いの道を下る。真夏の暑さには参ったが、8時間の変化に富んだ楽しい山行であった。秋に、冬に、春にまた訪れたいなあと思った。

<主な高山植物>
ヤマアジサイ、ヒメフウロ、ノシラン、アキノタムラソウ、ウバユリ、コミヤマカタバミ、ツクバネソウ、ホトトギス、ヤブコウジ、テンナンショウの仲間、シロバナコバギボウシ、クサアジサイ、キツネノボタン、イワタバコ、ヤマユリ、オカトラノオ、ヤブカンゾウ

                                       写真はこちら