春の筑波山・0805
茨城県の山
登山日 2008年5月3日
参加者 6名
天候  雨
<主な植物>
ミヤマカタバミ、ツクバネソウ、ツクバキンモンソウ、ミミガタテンナンショウ、エンレイソウ、ミヤマシキミ、ニリンソウ、キンポウゲ、ナガバノスミレサイシン、タチツボスミレ、ツボスミレ、ツルキンバイ、チゴユリ、ユキザサ、ネコノメソウ、ナツトウダイ、フタリシズカ、ヤブコウジ、ウワバミソウ、ノイバラ、コアジサイ、ヤマツツジ、クロモジ、キブシ等
いつものようにソウシチョウやウグイスの囀りを聞きながら藪道を歩いて行く。ただ今までと違って起点は筑波高原キャンプ場であった。よく目につく植物はチゴユリとミヤマシキミとクロモジであった。今回もツクバキンモンソウとナツトウダイに出会えほっとする。雨の中、ヤマツツジの群落へと入って行くが、咲いているのは所々であった。当初の予定ではヤマツツジ鑑賞の後は筑波高原キャンプ場近くの無名沢に入り、キャンプ場に戻る予定であったが、急峻な道を下降して真壁町の林道へと出た。そこには蕎麦屋があったが、持参のお弁当を食べた後、羽鳥道を1時間ほど登って、筑波高原キャンプ場へと戻った。帰りに薬王院に立ち寄り、心は鎮まる。雨は上がり、日が差してきた。

             画像をクリックすると拡大します


ツクバキンモンソウ シロバナニシキゴロモ?  ツクバネソウ   ヤマツツジ

OLYMPUS E-500_ZUIKO DIGITAL ED12-60mm F2.8-4.0 SWDで撮影

      筑波山0704     筑波山0504      筑波山0404      筑波山0308