ブナの新緑を求めて・太平山と森吉山

     

太平山の写真  
   
森吉山の写真  
  

東北の山・秋田県の山
秋田駅〜秋田市太平山リゾート公園〜仁別国民の森〜旭又キャンプ場〜御手洗〜太平山・奥岳〜旭又キャンプ場〜秋田駅〜角館駅〜阿仁前田駅〜国民宿舎・森吉山荘〜森吉スキー場・こめつが山荘〜松倉登山口〜森吉神社〜森吉山〜一ノ越〜こめつが山荘〜国民宿舎・森吉山荘〜クマゲラ保護センター〜ノロ川・桃洞沢・桃洞滝〜クマゲラ保護センター〜阿仁前田駅

登山日 2002年4月30日〜5月3日

参加者 山野(CL)、尾崎

コース・タイム

○4月30日(雨)

秋田駅13:50(バス)-14:30秋田市太平山リゾート公園・森林学習館・木こりの宿(泊)

○5月1日(晴)

4:30-旭又キャンプ場・登山口5:05-5:42御滝神社-7:33御手洗7:53-9:07太平山・奥岳10:50-12:40旭又キャンプ場-秋田駅14:18-15:01角館駅15:05-17:24阿仁前田駅-18:05国民宿舎・森吉山荘

○5月2日(晴)

5:00-5:30 森吉スキー場・こめつが山荘-5:56松倉登山口-8:00雲嶺峠-8:30森吉神社-9:45森吉山10:00-10:38森吉神社11:15-11:40一ノ腰-13:35こめつが山荘-国民宿舎・森吉山荘

○5月3日(晴)

9:00-9:15ノロ川・クマゲラ保護センター-10:10赤水沢出合-10:30桃洞沢・桃洞滝11:08-13:15クマゲラ保護センター14:00-15:00阿仁前田駅

はじめに

太平山と森吉山はともに豊饒としたブナの森を抱いている。

 今回の登山目的は早春のブナの森の中に身をおくことであった。そして両方とも初めて踏み入る山であり、今回はあまり欲張った登山はせずに、山の概要をつかんで、今後の沢登りのための準備をしておきたいと思った。

 太平山といえば、清酒で有名であるが、秋田市の東方にそびえる霊峰である。山伏修験道から発展し、山頂には三吉神社の本宮が鎮座する。地元秋田の人たちに非常に親しまれている山である。私が太平山を初めて知ったのは、不帰の渓と呼ばれている丸舞川・篭滝沢の遡行記録を読んだ時だった。私の胸をドキドキさせる魅惑的な沢だ。その後、鈴木竿山さんという太平山をこよなく愛した方が亡くなられた。そして追悼登山に行った吉川栄一さんから「太平山のブナは実にすばらしい」と聞かされ、私の心の中に太平山はますます大きな存在となっていった。

 当初の予定では、仁別国民の森奥の旭又キャンプ場から登って、山頂にある神社の参籠所に宿泊し、二日目は豊饒としたブナの中を縫う丸舞川へと下山する行程を組んだ。今の時期の参籠所は避難小屋として利用することができる。しかし登山日に予定した4月30日は風雨ともに強くなる天気予報だったので、急遽5月1日に日帰り登山することに予定を変更した。仁別国民の森の付近にはいくつかの登山コースがあるが、下山時のタクシーとの待ち合わせを確実なものとするために、旭又キャンプ場からのピストン登山に決める。往き帰りのタクシーの運ちゃんは二人とも、旭又キャンプ場へ行くのは初めてだと言っており、マイカーで行く人が多いのだろう。

 森吉山は本州では白神山地とともに、クマゲラが生息する山として有名である。ノロ川の流れるクマゲラ保護センターまでは最寄り駅から30kmも奥にあり、車を持たない我々は登山口までの送迎をすべてしてくれるという国民宿舎「森吉山荘」に宿泊した。送迎の運ちゃん達は森吉の村や山の話をいっぱいして下さり、とても楽しかった。マイカーでないとべらぼうなタクシー代がかかってしまうところだが、チェック・アウト後も登山口から最寄り駅まで送ってくれた。とにかく心が温かーくなって帰京することができた。今回の山旅はもちろんブナや花や山の印象は強かったが、宿の人たちがとても親切で、温泉と山菜料理がすばらしかった。

太平山

 秋田駅に降り立つと、北に中心をもつ大きな低気圧がやってきて、予想通り雨が降っている。今日宿泊する予定だった太平山三吉神社総本宮の方が教えてくれた秋田市・森林学習館「きこりの家」につくころには雨足も大分強まってきた。ソバ好きの尾崎君はさっそく“田舎そば”に舌鼓みをうつ。すぐ下の森林公園の中には大きな温泉風呂がある。夕食はシドケ(モミジガサ)、アイコ(ミヤマイラクサ)、アザミ、ヒメタケの天ぷらやジュンサイのお吸い物など、美味しい山菜が食膳を賑わした。

 明くる日は4時半にタクシーを迎え、30分ほどで旭又キャンプ場につく。国民の森側には軽井沢などいくつかのコースがあり少々迷ったが、初めての山で下山時にタクシーの運ちゃんと確実に合流するにはピストン登山がいいと判断した。雨は今さっきようやく上がり、若葉はしとど濡れて瑞々しい。天然の秋田杉の巨木が堂々と聳え立つ。そのうちにブナが混交するようになる。霧が立ちこめ、森が息づく。イワウチワが可憐に咲き、アカゲラのドラミングがこだまする。雨上がりの朝を迎えた小鳥たちは思い切り高らかに歌い始める。オオルリ、コルリ、ミソサザイ、ウソ、ヒガラ、キビタキ・・やがてブナが生い茂るようになり、薄緑の綴れ織があたりをおおうようになる。白のタムシバやオオカメノキそして赤紫のミツバツツジが新緑を美しく彩る。二人とも森に溶け込み、歩みは極端に遅くなる。やがて水芭蕉の群落があらわれ、御手洗(みたらい)の池につく。周囲はブナが林立し、春もみじが始まったばかりだ。お地蔵さんが二つ並んでいる。遠くから見た時は赤い服を着た登山者が二人いると思っていたが、お地蔵さんが赤いおべべを着ていたのであった。キビタキ、オオルリ、ゴジュウカラの合奏を聴きながら、しばしまどろむ。幸せで胸がいっぱいになる。菅江真澄の道と書かれた道標があり、そこには“文化9年(1812年)7月20日、下山の途中、この地で休息”と書かれている。そして同行した那珂通博の和歌がそえられている「掬ぶ手も 氷るおもひに あな涼し 清きが上への 浄き真清水」・・菅江真澄は秋田の山をこよなく愛した江戸時代の旅の紀行家であった。
 雪のブナ林の中をつづれ折りに登っていくと、太平山から馬場目岳へとつづく稜線にでた。ショウジョウバカマやカタクリが咲き、鳥居をくぐって、ひと登りすると三吉神社奥宮のある山頂につく。雨上がりのためやや霞んではいるものの奥羽脊梁山脈の山々が優しく連なっている。秋田市街地の向こうには日本海も望まれた。そして緑につつまれた畝のように続くブナの連なりがわが心を強く惹きつける。当初下る予定であった南面の丸舞コースへと少し下ってみる。ブナの樹海の中にある三十三滝沢の水場まで行きたかったが、時間切れのため途中で引き返す。頂上小屋の日記を読むと、昨年の12月以降、1〜3月の記録はなく、最近では4月24日の記録が書かれていた。下りは速い。地元秋田の単独行の方2名とすれ違い、会話する。

春爛漫、山麓は見渡す限りの緑に包まれていた。

森吉山

 秋田発14時18分のこまちで角館へと向かう。角館で秋田内陸縦貫鉄道に乗り換える。電車は二両編成であり、桧木内川に沿って長閑な山間部を縫っていく。地元のおっちゃんと話しながらの楽しい旅だ。ご多分にもれず、若者はどんどん村から離れていってしまい、これから先が思いやられるとのことであった。おっちゃんが降りてしまうと、電車は桧木内川の鉄橋の上を走ったり、トンネルを出たり、入ったりするようになる。やがて森吉山の裾野を回りこむようにして、ゆっくりゆっくり走っていく。まさに登山電車という感じがただよう。阿仁前田からは湯ノ岱にある国民宿舎・森吉山荘の迎えの車に乗る。車はダム建設中の小又川を見下ろしながら、走っていく。運ちゃんは「森吉の集落では200人が離村した」と話す。鈴木竿山さんの“山釣りの旅”という本に書かれていた廃校になった森吉小学校のことをふと思い出す。校舎に書かれた標語「もろびのように かおりたかく たくましく」を・・・ちょっぴり感傷的な気持ちになる。運ちゃんは、この辺ではよく熊に出逢うという話をし、営巣するクマゲラを見たという話には羨ましさを感じた。

 こめつが山荘のある森吉スキー場まで宿の車で送ってもらう。例年は雪の壁であるようだが、今年は雪がまだらだ。今年の雪解けは1ヶ月ほど早いという。こめつが山荘のおっちゃんは「景色がいいよ」と言って、さかんに一ノ腰コースの登山を奨めるが、私たちは予定通り松倉コースを選択する。松倉登山口まではスキー場を回り込むようにして進んでいく。道端にはたくさんのヤマエンゴサクが咲いている。はじめのうちは杉林で雪を踏んで歩く。カモシカに混じって、クマらしき足跡。ここはツキノワグマが多く棲んでいるので、なんら不思議なことではない。そのうちブナ林となり、雪はほとんど消えている。ブナはまだ芽吹いていないので、林の中はいたって明るい。オオルリ、コルリ、センダイムシクイ、ゴジュウカラ、ヒガラの囀りがさわやかだ。少しばかりブッシュ帯に足を突っ込んだが、登山口から登りはじめて2時間位で一ノ腰からの登山道と合流した。外輪山の一角の雲嶺峠であり、視界は一気にひらける。連瀬沢の上部に森吉山が悠然と聳え立つ。雪はにわかに多くなり、オオシラビソ(地元では諸檜モロビと呼ぶ。別名アオモリトドマツ)が山肌をおおうようになる。

「もろびのように かおりたかく たくましく・・・・・・」

地元の人はもろびを清め火として使うようである。

 峠から30分ほどで、森吉神社につく。そこには立派な森吉避難小屋が建つ。小屋の横には冠岩があり、神岩として拝まれている。尾崎君は足の調子が悪いので、小屋で待っているという。残念ではあったが、私ひとりで山頂へと向かう。もろびの林をくぐっていくと直に阿仁避難小屋につく。付近の積雪量は2〜3mであろうか。やがて、夏は高山植物が咲き乱れるという稚児平につく。チシマザサの中の道を左にとりすぎ、7分ばかり藪漕ぎをして森吉山頂1454mについた。山頂からは八幡平、岩手山、駒ヶ岳、白神山地、岩木山、八甲田の山々が望まれた。昨日登った太平山も間近に迫っていた。森吉山は奥羽脊梁山脈の大きな展望台であった。ここには豪快な景色はない。ほんとうに素朴な峰の連なりが続いている。何度見ても飽きない優しい山山山の連なり。まなこつぶれば懐かしさでいっぱいになる。歴史を遡れば、菅江真澄がこの頂に立ってから、丁度200年の月日を経てぼくもこの高みに立つことができた。尾崎君と一緒だったらもっと感動は大きかったに違いない。往路を引き返し、森吉避難小屋でラーメンを食べる。冠岩からの景色はすこぶる良い。私を待っている間、尾崎君は地元秋田の男鹿からきたという登山者と山座同定をやったとのこと。今度は私と一緒に行う。今年はどの山も雪が少ないが、その中にあって鳥海山だけは真っ白であった。
 下りはゆっくりと下る。一ノ腰から見下ろす連瀬沢は青々としたブナでおおわれていた。伐採の激しい西面とは対照的であった。青空の中を白雲がたゆたい、暖かな陽射しの中でブナの春もみじが輝く。キクザキイチゲやザゼンソウの群生した道がつづく。フキノトウがいっぱい顔をだしている。やがて落葉松林となり、ツグミを多くみかけるようになる。こめつが山荘でしばらく休み、2時半に国民宿舎の迎えの車に乗る。国民宿舎はとてもきれいで、温泉風呂からは新緑に萌える山肌が見渡せる。そしてたくさんの山桜が緑の中に溶け込んでいる。ここの湯は享保2年(1717年)に見つかったと伝えられている。今日もイワナやヤマメに加えて、ウド、シドケ、アザミ、コゴミなどの山菜が食膳にならぶ。ほんのわずかなお酒でウトウトする。

 今日はノロ川・クマゲラの森の散策なので、宿で朝食をとった後、車でクマゲラ保護センターへと向かう。車窓からのブナ林は新緑に萌えている。ノロ川沿いの道には樹齢150〜200年といわれるブナ林があり、春紅葉が美しい。ミズナラ、トチ、ヤチダモが混交し、その中をノロ川がゆったりと流れている。あまりに長閑な眺めに心はなごむ。下流には侵蝕の激しい小又川の峡谷があるが、ここは穏やかな流れとなっている。ブナの梢ではアオジ、オオルリ、コルリ、キビタキ、ヒガラ、ゴジュウカラ、ヤマガラなどが囀り、山の上の方からクマゲラのドラミングが森中を駆け抜けていく。上谷地のあたりは木道が敷かれ、水芭蕉やリュウキンカが咲き匂う。赤水沢経由玉川温泉への道を見送り、右の桃洞沢へと入っていく。水は一枚岩の上をさざ波をたてていく。左岸から右岸へと徒渉し、水際の雪渓を歩いていくと桃洞滝に出逢う。雪解け水のため、水流が激しく本来の桃洞滝らしさは薄れているが、いつまでも眺めいる。左俣に眼を転ずれば、長大なナメ滝が美しく落下する。下りも往きと同じ場所でクマゲラのドラミングが聞こえる。尾崎君からそちらの道は違うよと言われたが、誘われるがままに、割沢森への登山道にほんのちょっと入ってみる。5分のつもりが、10分そして20分と奥へ入ってしまった。それは奥に入るにつれてブナの新緑が鮮やかさを増すからであった。あまりにも静かで幻想的なブナの森にしばらく陶然とたたずむ。カモシカが駆け抜け、ハッと眼を覚ます。森吉山は野生鳥獣の宝庫といわれ、クマやカモシカも多い。山麓の阿仁がマタギの里とよばれる由縁である。ノロ川の畔にでると、二羽のアオジがちょろちょろと歩いていた。このアオジも朝はブナの梢にとまって、鈴の音を響かせていたに違いない。ふたたび天高く聳えるブナを見上げる。

「ブナのように かおりたかく たくましく・・・・・・」

 30kmもの道を阿仁前田駅まで国民宿舎の車で送ってもらう。ダム現場を通りかかった時に運ちゃんは「離村して、よその町や都会に行った人たちが、ふるさとに帰って来た時に、村はよかった。離れなければよかったという話をよく聞く。村から町へ行った人は生活が大変」と話していた。

 二輌編成の電車が阿仁合、萱草、笑内、比立内、阿仁マタギ、上桧木内など印象に残る駅名を刻みながら、森吉山麓のマタギの里をゆったりと走っていく。

 こそばゆい陽射しの中で新緑が映えていた。