赤沢山
                      
群馬県の山

土合〜赤沢山1328M〜土合

登山日 2008年3月22日
参加者 単独
天候   晴
コース・タイム
 土合山の家5:50-11:10赤沢山12:10-15:50土合山の家


 前日に土合山の家に泊まる。この宿に泊まるのは実に39年振りである。
朝の5時50分に山の家を発つ。日帰り登山だというのに、ザックは幕営するかのように重い。山の家のすぐ裏手の雪渓から取り付く。少し登ってから沢の左岸尾根を目指して適当に登っていく。急峻であり、ステップを切りながらの登高である。50分ほどの登りで、ようやく緩やかになり、標識布も見られるようになる。尾根はほぼ東へと向かっている。ヤマドリが羽ばたき、シジュウカラ、ヒガラ、アオゲラ、ゴジュウカラが囀る。キツツキのドラミングはあちこちから響きわたってくる。キツツキが開けた樹穴も見られる。ブナ、アスナロ等の混交する樹間からは谷川岳の東面が姿を現す。2時間ほど登ったところで、アイゼンを装着する。急峻な登りがいつまでも続き、目指す赤沢山が右手前方に見えてくる。西側には天神平のスキー場も手にとるように見える。やがて尾根筋は右へ回りこむようになる。雪に隠れた藪に足を突っ込み、なかなか抜けなくなることが時々起こる。青空のもと、天気はすばらしく良く、谷川岳東面の岩場は大きく迫ってくる。のんびりとした登高であったので、赤沢山の頂きについた時は11時になっていた。
 当初の計画では宵の越山まで行く予定であったが、ここまでとする。頂上からは笠ヶ岳、尾瀬の山々、上州武尊山等大きな景色が広がっている。登山者は私だけであり、静かな空間に憩う。下りは往き道を引き返す。コガラの愛らしい地鳴きが聞こえ、見上げればすぐ上の枝にとまっている。下りでも時々藪の落とし穴に足がはまりこみ、あまりの痛さに痙攣をおこしたこともあった。よく気をつけて下ったつもりであったが、いつの間にか沢の右岸尾根に来ていた。しばらくは尾根伝いに下降していたが、尾根の下部は道が悪くなったので、沢筋を下降する。ヤマガラの死骸が雪渓の上に横たわっていた。気がついたらアイゼンの片方がはずれている。藪に何度か足を突っ込み、アイゼンが緩んでしまったのだろう。ちゃんと確認しないと駄目ですね。15時50分に山の家に戻りつく。

 

                                 谷川岳東面

 

           奧は笠ヶ岳〜朝日岳                      谷川岳・一ノ倉沢

 

           谷川岳・天神平                           天神尾根を望む

 

            谷川岳東面                               幕岩

             次の写真