谷川連峰の素晴らしき展望台・春の阿能川岳


水上〜仏岩〜三岩岳〜阿能川岳〜仏岩

登山日 1996年4月28日
参加者 山野(CL)、富宇賀
天候  小雨のち曇のち晴
コース・タイム
仏岩トンネル駐車場5:40-7:30送電線鉄塔- 7:50(朝食)8:20-10:50三岩山-11:30阿能川岳12:40-14:35送電線鉄塔-15:45仏岩トンネル駐車場

 富宇賀さんの車で午後狭山ヶ丘を発つ。関越自動車道は空いており、1時間半程で水上に着く。登山口まで下見に行く。丁度下山してきた登山者に出会い、山の状況を伺う。そして今晩宿泊する網子の宿へ向かう。まだ残雪があり、ハクセキレイやキセキレイが飛び交う中、ウグイスやホオジロが囀っている。夜になって強い雨が降り始め、明けても小雨が降り続いている。
 車で仏岩トンネル入口の登山口まで行く。初めのうちは雪の上に踏跡があったが、途中で消えてしまう。適当に尾根をめざして、ブッシュにつかまりながら登って行く。尾根に出てからは北へ北へと阿能川岳を目指して行く。しばらくはブナ林の中の緩やかな雪稜が続く。雨は止んだものの視界は悪い。ヒガラやコガラが林の中を飛び交い、クロジやルリビタキが軽やかに囀る。そしてキツツキのドラミングが響きわたり、春山らしい。しばらくは快適な登高であったが、三岩山の登りは雪の状態が悪く、ブッシュも出ていて歩きにくい。やがて霧も晴れ、視界は大きく拡がってくる。左正面には生津俣山の雪峰が大きく聳え立つ。右手には阿能川岳の東南尾根を隔てて、天神尾根が指呼できる。三岩山からはだだっ広い雪稜を登って行くと、直に阿能岳の頂(1611m)に着く。オジカ沢ノ頭から爼ぐら、川棚ノ頭、生津俣山へと続く稜線が圧倒されるように迫っている。背後には谷川連峰が連なり、万太郎山の真白な三角峰が印象的だ。
 帰路は東南尾根を下る予定であったが、下部のブッシュがひどそうであったので、往路を下ることに変更する。難渋した三岩山下部も下りの勢いであっという間に通過してしまう。東には武尊山が裾を拡げて大きく聳え立っている。往きに見つからなかった仏岩の分岐点は我々が登りつめた場所から100mほど下った所にあった。
阿能川岳は夏道がないため、雪が消えた所はブッシュに悩まされるものの、谷川連峰の素晴らしい展望台である。