谷川岳・ヒツゴー沢


谷川温泉〜ヒツゴー沢遡行〜肩ノ小屋直下〜天神平

登山日 1999年9月4日〜5日
参加者 山野(CL)、西川、伊東
天候  晴のち曇
コース・タイム
谷川温泉5:00-6:38二俣-7:10ヒツゴー沢出合-20mチムニー12:35-12:50(昼食)13:30-最後の10m滝14:15-17:20天神尾根・肩ノ小屋直下17:25-19:00天神平

 正面に阿能川岳を見ながら、谷川の左岸を歩いていく。二俣の河原に立つと、オジカ沢の奥に幕岩の大岩壁が大きく聳え立っている。ヒツゴー沢の出合は伏流になっている。最初の7m滝を右から越えるとチムニー状の逆「く」の字滝15mが美しく落下する。チムニー登りをするには水勢が強すぎる。左の壁を登っていく。中間点ではボルトまで打たれていた。次の7mの滝はカッパを着込み、シャワーをいっぱい浴びて登る。やがて渓は明るくなり、釜を持った美しいナメ滝がどこまでも続く。陽をいっぱい浴びて心は躍る。小さな瀞を越えると、8mの滝だ。左から登るが、ちょっと悪かった。三段20mの滝は流れの中を快適に登っていく。やがてゴルジュの中にチムニー状の滝が三つ現れる(10m、10m、20m)。今回は三つ道具やロープ・ワークの実践的練習ということで、いずれもアンザイレンして登る。どれもこれも楽しい登りだった。ただ最初のチムニーは手足を突っ張れず、右壁を登ったが、ちょっとしょっぱかった。どの滝も直登でき、適度な緊張の後は美しいナメ滝がぼくらを迎えてくれた。昼食後、最後の10m滝を登る。上部はホールドが乏しく悪かった。青空の中、緑の稜線そして頂上が見える。あともう少しの頑張りだ。その時は本当にそう思った。上部で沢は二つに分かれる。左俣は水量も多く本流にみえた。しかし、案内書のルート図では右俣に入るように書かれている。途中で右俣は正規のルートでないことがわかったが、そのまま涸れた沢をつめていく。しかし、アプローチは長く、なかなか稜線にでない。そのうち伊東さんが低血圧症で息が苦しくなり、休み休みの登高となる。あんなに良かった天気も、濃い霧におおわれている。ウメバチソウやミネウスユキソウが咲いている。すると肩ノ小屋から天神尾根に通ずる登山道にでた。時計は午後5時20分を指していた。下山途中で日が暮れ、懐中電灯をつけて下っていく。丁度30年前の今頃、マチガ沢の本谷を遡り、ヒツゴー沢を下降した。暮れなずむ中、急かされるように滝やナメを下降し、沢の出合についた時は真っ暗であった。そして川原から林道へと懐中電灯を頼りに下ったことをふと想い出す。天神平のスキー場についた時は午後の7時であった。素泊まり3500円で、特別に泊めていただいた。30畳ぐらいの和室に、風呂まで入れさせてもらい感激する。宿でもう一つの案内書のルート図をみていたら、最後は左俣に入るように書かれていた。
 明くる日ロープウェイで土合へと下った。