落石に襲われた・谷川岳・一ノ倉沢・一ノ沢
土合〜中央稜テールリッジ〜一ノ沢〜シンセン尾根〜オキノ耳〜トマノ耳〜天神尾根〜土合
   
登山日 1976年5月23日
参加者 単独
天候  曇のち雨
コース・タイム
前夜、上野23:20-2:49土合4:00-5:05一ノ倉沢出合5:25-7:10中央稜テールリッジのテラス下7:30-8:30衝立沢出合9:05-9:10一ノ沢出合-11:35シンセンのコル-13:00観倉台-15:05オキノ耳-15:20トマノ耳-18:10土合

 当初の予定では兄と二人で行く予定であったが、兄が5月連休の海谷山塊の山行で捻挫してしまったため、私一人で谷川岳へと向かう。私にとってははじめての一ノ倉である。一ノ倉沢の出合に立てど岩壁は白い霧におおわれている。空はどんよりとしており、今にも降り出しそうな天気である。
今日は5ルンゼを登るため、中央稜のテールリッジを登って本谷バンドへと向かう。対岸の二ノ沢の眺めがすばらしい。途中、中央稜テラス下の一枚岩のところで雨が降り出す。岩は滑りやすくなり、雨の中のルンゼ登攀は危険だと思ったので、早々に退却と決める。衝立沢に降り立つ頃には雨も小降りとなり、滝沢を中央に一ノ倉の全景がくっきりと見渡せるようになる。衝立正面岩壁に眼をやれば、2パーティが雨の中を登っている。このまま東京に帰るのはあまりにも惜しいので、時刻も早いことだし、少し下って一ノ沢を登ることにする。
 一ノ沢の出合の少し上では数人がスキーを楽しんでいる。一ノ沢は雪がびっしりとつまっており、難しい滝は雪の下に隠れ、どんどんと高度を上げて行く。しかし勾配はだんだんと急になり、スリップは絶対に許されない。突如ザァーという音とともに落石が襲う。急な雪渓なのでよけることができない。ピッケルが急に軽くなり、気がついて見れば、シャフトが真っ二つに折れているではないか。あんな岩がまともに身体に当たっていたら一巻の終わりである。ピッケルの破損だけで難を逃れホッとする。気を鎮めて再び登り始める。風邪と微熱のため息切れが激しく、少し歩いては休んでしまう。ゴルジュとなり、シンセンのコルがすぐそこに見えているのになかなか着かない。2時間余かかってコルへ出る。
 シンセン尾根の第二岩峰あたりでは雨も強くなり、風も出てくる。高度感があり、悪天のため滑り易い。残置ハーケンも打ってあるが、単独なのでノーザイルで慎重に攀じ登って行く。落ちたら奈落の底なので、緊張感が高まる。しかし観倉台に着く頃には雨も小降りとなり、ホッと一息つく。眼下、マチガ沢側にはシンセン沢の左俣が、一ノ倉沢側には二ノ沢の左俣が深く切れ落ちている。シンセン沢の左俣は10年ほど前に兄と登ったことがあるが、その時こんな事件があった。私達が最後の傾斜のきついフェイスを登ろうといる時に先行者が滑落してきて、私にぶつかってきた。私達はザイルで結ばれていたが、滑落者はノーザイルであり、私に当たったことが幸いして、奈落の底に落ちずにすんだ。観倉台から上はさしたる困難なところもなくなる。しかし歩けど歩けど稜線への道のりは長い。第一岩峰を越えると草付き帯となり、時々雪の上を歩くようになる。3時視界のまったくきかない国境稜線オキノ耳直下に出る。5月の爽やかな風が稜線を吹き抜けており、とても気持ちが良い。トマノ耳を経て、雨でぬかった天神尾根を駆け足で降りる。天神平から土合への道は純白のタムシバが咲き乱れ、疲れた身体を癒してくれる。