谷川岳・マチガ沢本谷からヒツゴー沢


谷川連峰の沢
土合〜マチガ沢本谷遡行〜トマノ耳〜ヒツゴー沢下降

登山日 1969年9月13日〜14日
参加者 マチガ沢ルート・・山野、根津; 厳剛新道〜西黒尾根ルート・・江間、加賀
天候  9月13日(曇) 9月14日(晴のち曇)

 昼過ぎに上野を出発。上越線に乗って17時土合着。ホームより460段もの階段を登って改札口にたどりつくという過酷な駅である。駅の近くの土合山の家に一泊。
 初秋の冷たい黎明とともに山の家を発つ。谷川の鋭峰は黄金色に輝いて美しい。連休で山は賑やかであるが、天気につられて何となくのどかだ。マチガ沢出合で西黒尾根ルートの江間さんたちと分かれ、頂上・トマノ耳での再会を期す。
 シンセンの岩峰、オキノ耳東南稜の胸壁につつまれた沢筋を忠実に遡っていく。沢は明るく、広く、滝あり、壁あり、ルートは実力に応じて自由に選ぶことができて楽しい。上部の落石地帯を突破すると、あっさりと頂上につく。12時頂上小屋で2パーティが再会する。
 軽食後、ヒツゴー沢を下降する。この沢は数多くの見事な滝が連続する。緊張しながらも快適な下降がつづく。沢の下部は美しいナメ、釜が随所に見られ、秋に訪れたならば紅葉とあいまって快い沢登りが味わえると思われた。沢の出合いにつく頃には真暗となり、河原をライトを頼りに下っていく。やがて明瞭な林道に出合い、谷川温泉を経て、20時15分水上駅についた。