ナメ滝が美しかった
奥利根・宝川ナルミズ沢から朝日岳


谷川連峰の沢
宝川温泉〜広河原〜大石沢出合〜S字峡〜ジャンクション・ピーク〜朝日岳〜広河原〜宝川温泉

登山日 1997年8月15日〜8月16日
参加者 山野(CL)、富宇賀、折笠、山内
コース・タイム
○8月15日(曇のち雨)
 水上13:30(タクシー)-宝川温泉-13:15林道、車止め-14:40林道終点-16:10 広河原
○8月16日(雨のち晴)
 広河原6:10-7:25大石沢出合-8:10 S字峡-8:28魚止めの滝-9:20二俣-11:10稜線-12:25ジャンクション・ ピーク(昼食)13:20-13:40朝日岳-15:45広河原16:20-17:20林道-18:55宝川温泉

 灼熱の暑い日が続いていたが、入山日の少し前ころから、北からの冷たい気流の影響でぐずついた天気となる。林道をしばらく歩いた後、山道に入る。道は宝川の左岸高くつけられている。徒渉点に近づく頃大釜を持った水流ほとばしる見事な三段の滝を遠望する。16時10分、広河原に着く。天幕設営後、富宇賀さんと山内さんは釣りにでかける。イワナはひっかっかたみたいだが、時間的制約もあって、釣りあげることはできなかった。私と折笠さんは夕食のカレーライスをつくる。味は上出来だった。うっとうしい霧雨を和らげようと焚火をするが、木の湿気で燃えが悪い。かりん酒とウイスキーを飲みながら歓談していたが、だんだん冷たくなってきたのでテントにもぐり込む。結局、広河原に着く頃より、降り始めた霧雨は、夜通し降り続く。今日はペルセウス座付近に流星が良く見られるはずであったが、雨のためお預けとなってしまった。

 霧雨の中、6時に遡行をはじめる。10分程でS字状の3段の滝が現れる。それからは滝登り。釜のへつり。碧く澱んだ瀞と変化に富んだ渓歩き。岩はかたく、ホールドはしっかりしていて快適な遡行が続く。これで晴れていたら申し分ないという感じ。大石沢の先では猿の群(10匹ぐらい)に会う。親猿は大石の上から、連れが岸から岸へと渡るのをじっと見つめている。ボクらもそれをじっと見つめている。すばらしいナメ滝と釜が次々に現れ、しばしば歓声をあげる。渓の左岸の草付きにはトリカブトが多い。魚止めの滝の手前ではオオタカに出あったりする。カワガラスがしきりに渓流の上を舞って行く。やがてS字状のミニゴルジュが現れる。泳がないと通過は無理であり、左岸を高捲く。魚止めの滝はザイルを付けて右壁を登る。
確保している時、コマドリが高らかにさえずる。
 3時間の遡行で二俣に着く。西へと向かう左俣を見送り、北へと続く右俣に入る。 右俣左岸のすぐ上に幕場があるが、少し遡るとナメ滝の右岸に広々とした格好の幕場がある。相変わらずナメ滝が次から次へと続き、岩床を滑るように流れて行く。
 二俣が再度二つの分岐する頃より、降り続いた霧雨も止み、緑の草原が見渡せるようになる。「チチンチチン」と鳴きながらキセキレイが遊んでいる。モウセンゴケが生え、ミヤマリンドウや名の知らない黄色い花が可憐に咲いている。
 水流ははだんだんと細くなり、藪漕ぎもなく、草原をつめていくと稜線にでる。
しばらくは熊笹の細々とした道だが、ジャンクション・ピークに近づく頃より、道は歩き易くなる。そして待望の青空も広がってくる。視界がひらけると、さすがは谷川連峰。山は大きい。カヤクグリの囀りがさわやかに響く。しばらくすると、急に息切れが激しくなり、苦しい登りとなる。背後には大烏帽子山が聳え立つ。ジャンクション・ピークに立てば大源太山が指呼できる。そして大烏帽子山から遙かなる巻機山へと稜線が続いている。ヘトヘトで到着したジャンクション・ピークでの卵スープのなんとうまかったこと。
 のびやかな緑の草原に池塘が散在する緩やかな道を歩いて行くと朝日岳に着く。2人のパーティが渓流シューズを履いていたので、「どこの沢を登ってきたの」と聞いたら、湯桧曽川本谷を3日間かけて遡ってきたとのこと。私も近いうちに行きたいと思っていただけに色々と話しこむ。
広河原に向かって、歩きにくい急坂を駆け下って行く。しばらくすると、道は傾斜を落とし、豊饒としたブナの森の中を縫うようになる。大石沢を渡り、沢沿いのぬかるんだ道を一下りすると広河原に着く。天幕を撤収し、ナルミズ沢を後にする。宝川温泉まであと1時間の所で、持病の腕の血行障害を起こす。山内さんのリュックサックと替えてもらい、腕のしびれはだんだんなくなってくる。今日は13時間も歩き少々バテ気味だ。宝川温泉の露天風呂を期待したが、5時までとのこと。着いた時は7時だった。
写真撮影:富宇賀さん