スラブの美しい谷川連峰・仙ノ倉谷西ゼン


谷川連峰の沢
土樽〜群大ヒュッテ〜東ゼン、西ゼンの出合〜第一スラブ〜第ニスラブ〜土樽

登山日 1973年8月18日〜19日
参加者 山野(CL)、江間
コース・タイム
○8月18日
土樽15:30-16:00仙ノ倉谷にかかる橋-17:35群大ヒュッテ付近の吊り橋(泊)
○8月19日
キャンプ・サイト5:50-6:50仙ノ倉谷遡行取付き点7:30-8:28東ゼン、西ゼンの出合9:50第ニスラブ上の二俣(昼食)10:10-11:50引き返す-14:50東ゼン、西ゼンの出合-15:53仙ノ倉谷遡行取付き点-17:03群大ヒュッテ付近の吊り橋-18:16土樽

8月18日(晴)
 当初は5名で行く予定てあったが、一人減り、また一人減り、結局江間君と二人で上野を発つ。水上に住んでいるというおじさんと、これから建設されようとしている上越新幹線や水上のゴルフ場の話をしているうちに汽車はだんだんと谷川連峰へと近づき、15時15分土樽駅に着く。
 越後中里に向って線路の左側を歩き、発電所のところから鉄橋の下をくぐると土樽方面からの道に合する。何だ、はじめから線路の右手の道を歩いてくれば良かったのである。仙ノ倉谷にかかる橋を渡り、すぐ左手の林道に入る。前方には仙ノ倉山から平標山へかけての緑の稜線が美しい。何の変哲もない整備された道であるが、二人とも疲れているせいか休んてばかりいてなかなか群大ヒュッテに着かない。小松沢のダム付近ではイワツバメが群をなして舞い、ホオジロがさかんに囀っている。右手の高台の群大ヒュッテが見える所で、左手の仙ノ倉谷には吊り橋がかかっている。橋を渡った所に適当なテントサイトがあったので、ここにツエルトを設営する。
 夕食の冷えたトマトと江間君の作ったナスの味噌あえはとても美味しい。夕食が終える頃には夜空には星がきらめき、頭上には夏を飾る織姫星、白鳥座の北十字、彦星がはっきりと見え、北斗七星は北に低く横たわっている。20時にツエルトの中にもぐり込む。寝ごこちが悪くなかなが寝つけない。暑いので顔を外に出して、時々星を見ながら寝る。

8月19日(曇り時々雨)
 4時頃起床する。二人ともまだ寝足りない感じだ。朝食後5時50分、キャンプ・サイトを発つ。付近の高原ではホオジロやウグイスが軽やかに囀っている。しかし、二人とも身体の調子が悪く、朝食のゆで卵があたったのか二人とも吐いてしまう。江間君は特に身体の調子が悪く、もう山へ登れないという。20分位、休憩をとり、とにかく仙ノ倉谷の遡行取付き点まで行くことに決める。取付点で休んでいるうちに江問君の身体も少々良くなってきたので、最少限の荷物をザックにつめ、ワラジをはいて遡行を開始する。西ゼンの出合まではナメ床の中に巨岩がゴロゴロとした道てある。1時間ほどで東ゼン、西ゼンの出合に着く。左には東ゼンの大滝がはっきりとのぞまれ、正面には西ゼンのスラブが長く続いている。私達は西ゼンに取付く。

  

 第一スラブは右手より取付き、ワラジが岩にピッタリと効き快適である。第ニスラブも右側を登って行く。スラブの上を水が滑るように流れとても美しい。残念ながらガスで視界が非常に悪く、スラブの全景を一望できないが、晴れていたらとても素晴しいに違いない。10mほどの滝を左手より捲き、その上の小さなスラブを登って行くと小さな岩壁をはさんで沢は二つに分れる。西ゼンの出合からここまでくるのに要した時間は2時間20分である。ここで軽食をとる。クマザサ漕ぎを避けるため、右手の本流を離れ、正面の岩壁をトラバースして、左手の南へと向う枝沢に入る。水の少ないゴルジュ状の沢である。この頃より視界は極度に悪くなってくる。付近ではメボソが囀っており、稜線が真近に迫っていることがわかる。30分ほど枝沢を登るとイワイチョウやモウセンゴケの群生する草付きとなる。目の前に見える一本の線は稜線のような感じである。二人の顔は自然とほころび、強引にクマザサを漕いで行く。ところが稜線と思っていた一本の線の上に道はなかった。そして、それはわけのわからない支尾根てあった。なおも1時間ばかり背丈を越すクマザサを漕いで行ったが稜線は現われない。この先、展望のない雨の中を歩いて行っても仕様がないので2時50分、残念ながら往路を引き返すことにする。スラブの中を慎重に降り、15時20分、西ゼンの出合に着く。ここより1時間ほどで仙ノ倉谷の遡行取付点に着く。あとは速や足で土樽へと向う。
 仙ノ倉谷はスラブの美しい沢である。スラブの登高は比較的やさしく、沢登りをしない人も是非一度は訪れてほしい沢である。私達は上部て沢が二つに分れた所で左手の枝沢に入って稜線へ出られなくなってしまったわけであるが、"正規の枝沢"はもう少し上流にあったわけである。私達の入った枝沢はゴルジュ状の枝沢である。案内書に書かれているヤブ漕ぎを避けるための枝沢は、一つの案内書によれば"草付きの滑め床の沢"であり、もう一つの案内書によれば"小滝のいくつかある所々ケルンの積まれた沢"である。もう少し注意しておれば、もっと早くルートの間違いに気付いていたはずである。