一本の線のように続く滝・赤谷川笹穴沢から平標山


谷川連峰の沢・平標山の沢
川古温泉〜笹穴沢出合〜金山沢出合〜平標山の家〜元橋

登山日 1984年8月11日〜8月12日
参加者 山野(CL)、梅溪、稲井
コース・タイム
○8月11日 
川古温泉10:40-12:10笹穴沢出合(昼食)13:00-16:00金山沢出合付近
○8月12日 
キャンプ地7:00-平標山の家-13:00元橋

8月11日(晴)
 真夏の太陽が燦々と照りつけ、汗をタラタラ流しながら林道を歩いて行く。川古温泉から1時間半ほどで笹穴沢の出合に着く。昼食後、遡行をはじめる。水に入ればやはり涼しい。金山沢出合まではこれといった難しい滝もなく、小気味良い遡行が続く。金山沢の出合付近は残雪が不安定に残り、所々に亀裂が走っている。ここには先行の3パーティがいたが、先へは進めないと言ってみんな引き返して行ってしまう。今さら帰る気もなかったので苦心して下降ルートを見つける。雪は今にも崩れそうで、雪渓の切れ目から沢へは懸垂下降する。しばらく遡ったところに適当なビヴァーク・サイトがあったので今日のねぐらとする。

8月12日(晴)
 8月の真只中だというのに残雪が多い。歩きにくい雪のブロックの中を突き進んで行く。今冬の豪雪の凄さをうかがい知ることができる。ヌルッとするいやなヘツリを済ますと、あとは大小の様々の滝が次から次へと連続する。ほとばしる水の中、堅いホールドに導かれて快適な遡行が続く。空はこよなく碧く、100m、120mの大ナメ滝を通して、稜線までの沢筋が一気に見渡せる。すばらしい景観の中で足どりは軽やかだ。大ナメ滝は水流の右側を直登していく。城塞のような10m滝を最後に、源流を忠実につめて行くと藪漕ぎもなく、緑の草原に出る。下りは平標山の家から元橋へと降りる。

                                          写真撮影;梅渓さん、山野

  

  

  

               写真の続きはこちら        トップページ