大きな雪庇・春の白毛門から大倉山


谷川連峰
土合〜白毛門〜大倉山〜大倉沢出合〜芝倉沢出合〜土合

登山日 1965年4月4日
参加者 山野T、市倉、山野Y
天候  風雪ときどき曇
コース・タイム
土合5:50-9:00白毛門10:20-11:00大倉山-13:20大倉沢出合-15:15芝倉沢出合-17:00土合

 土合の駅を降りると風雪だ。近くの飯場で朝食をとった後、外へ出ると雪は小降りになっている。雪は非常に多く、まるで真冬のようだ。10分ほどで尾根の取付きに着く。少し登ると谷川岳東面のけわしいプロフィルが私の眼に入る。
 白毛門の登りは急峻で気持ちが良い。雪庇は上州側に大きく張り出しているが特に問題となる所はない。途中より雪が深くなり、ワカンをつけて一歩一歩登高する。白毛門山頂に着く頃より、再び風雪となり視界は全くきかなくなる。ツエルトをかぶり、ラーメンを食べて身体を暖める。強風雪にたたかれながら大倉山への急峻な道を登って行く。頂に着く頃より風雪は弱まり、薄日が射し込んでくる。
 大倉山山頂は美しいシユカブラをなしており、長大な雪庇で雪原のようになっている。ここからは一ノ倉沢、マチガ沢、幽ノ沢、芝倉沢などが眼前に大きくのぞまれる。右に眼を転ずれば、それとは対称的に清水峠、蓬峰が純白の雪に包まれて緩やかな起伏をなしている。ここからは大倉尾根を下って行く。途中、市倉さんが2mほどのクレパスに落ちたが、大したことはなくホッとする。雪庇が上州側に大きく張り出しているため、夏道に沿って下ることは不可能となり、大倉沢を下ることにする。急で雪崩る危険性があったため一歩一歩慎重に下って行く。
 大倉沢出合からは湯桧曽川に沿って下る。上越特有の重い雪に悩まされながら、ラッセルを続ける。やがてデブリのゴロゴロとした道が続き、少々バテ気味となった頃、芝倉沢出合の小屋に着く。小屋の裏手には堅炭岩が堂々と君臨している。ここで腹ごしらえをし、旧道をトレールに導かれて土合へと向かう。