タカマタギ
                      
新潟県の山

平標新道との分岐〜1040M峰〜棒立山〜タカマタギ〜棒立山〜平標新道との分岐〜毛渡橋

登山日 2008年4月5日
参加者 単独
天候   晴
コース・タイム
 平標新道との分岐6:05-6:40送電鉄塔-8:30、1040M峰(朝食)8:45-10:15棒立山10:20-11:00タカマタギ11:20-12:00棒立山12:05-13:03、1040M峰(昼食)13:35-14:35平標新道との分岐-14:45毛渡橋


 タカマタギの登山を最初に試みたのは1983年の5月初旬であった。5人パーティで平標山から日白山・タカマタギへと雪洞を掘って縦走の予定であったが、積雪量が少なかったため縦走はとりやめ、平標小屋へと下山した。月日は流れ、あれから25年も経ってしまった。
 前夜、越後中里の民宿・けいせつに泊まる。朝は宿の車で平標新道との分岐まで送ってもらう。毛渡橋から関越自動車道の下、上越線ガード下をくぐり、200Mほど進んだ所が平標新道との分岐である。除雪された道から雪道へと上がる。このあたりで積雪は2Mほどである。ここからも踏跡がある。1040M峰を経ずにダイレクトに棒立山へ登っているのであろう。その踏跡は棒立山に登った時に下へと続いていた。平標新道との分岐点から林道を北へ400Mほど進んだ尾根の末端から取り付く。6時15分。少し登ると送電鉄塔に出る。前方左手には目指す棒立山が望まれる。若い3人パーティが追い越していく。私のザックと比べると大分軽装であり、すいすいと登っていく。マンサクの芽吹きが見られ、ブナも少しずつ濃くなっていく。昨年は熊が山麓にたくさん降りて来て、十何頭か射殺されたようである。宿の方から熊に注意するようにと言われてきた。ブナはまだ芽吹いていないし、昨秋はブナの実が豊富だったので、熊さんも安らかに冬眠しているような気がする。道はラッセルされ、適度に締まっているので歩きやすい。2週間前に登った赤沢山では幾度も藪に足をとられたが、今回はそのようなこともなく快適な登高である。西へ西へと登っていく。ヒガラがさわやかに囀り、カケスも鳴いている。ゴジュウカラの鋭い囀りがあちこちから聞こえてくる。取り付き点から1時間半ほどの登高で1040M峰につく。ここで朝食とする。荒沢山や足拍子岳の岩峰が間近に迫る。その左には巻機山が聳え立つ。茂倉岳〜万太郎山〜仙ノ倉山へと続く山稜が大きく、まばゆい。1979年と1980年の春に荒沢山に登り、その時に見たタカマタギが印象に残っている。
 1040M峰からは角度を変え、ほぼ南へと棒立山を目指す。白き山々を見ながら、ブナの大木も散見されるすばらしい雪道である。青い空とのスカイラインが気持ちいい。急登を登りきると棒立山1420Mの頂きに着き、展望はさらに大きく広がる。ここで休んでいると往きに会った若い3人パーティがタカマタギから戻ってくる。速いですね〜。ここからは思ったよりもは早く、タカマタギ1529Mの頂につく。日白山への稜線はラッセルされていない。平標山も近くに見える。西の方角には苗場山も指呼できる。谷川連峰、巻機山、八海山へと続く重畳たる白き山々。春の強い陽射しに照り輝いている。
 頂上直下で、登ってくる男女5人パーティと出会う。一人でこの山へやって来たが、人に出会うと孤独感はなくなる。先日の赤沢山と違って、ここは人気のある山なんですね。往き道をのんびりと下っていく。往きは締まっていた雪も、下りは緩み、よくもぐるようになる。男女4人パーティが登ってくる。大きな荷物を背負っており、日白山あるいは平標山まで縦走するのであろうか。1040M峰で昼食をとり、14時45分毛渡橋に着いた。タカマタギは痩せ尾根もなく、たおやかな山である。持っていったアイゼンもワカンも使うことはなかった。毛渡橋まで宿の車が迎えにきてくださり、宿でしばらく休む。オーナーと山の話をしたりしてくつろぐ。もとは地元の鉄道員であったと話される。いい宿と家族である。けいせつという名は昔、谷川岳の西黒尾根にあった憬雪小屋からとったとのことである。お茶をごちそうになり、越後湯沢駅まで車で送ってもらう。車を持たない私には、こういう送迎は心にしみる。素晴らしい山。素晴らしい天気。心温まるもてなし。いい思い出を残して、越後の山を後にした。


       写真のスクロールまたはスライドショウはカメラをクリックしてください   

             写真1