湯檜曽川本谷から朝日岳


谷川連峰の沢
土合〜武能沢出合〜湯檜沢本谷遡行〜朝日岳〜笠ヶ岳〜白毛門〜土合

登山日 1999年8月19日〜21日
参加者 大内、折笠、山野
コース・タイム
○8月19日(曇のち雷雨)
大宮18:58〜19:47上毛高原20:00-20:40タクシーにて一ノ倉沢出合(キャンプ)
○8月20日(曇一時雨のち雷雨)
キャンプ地5:15-6:30武能沢出合7:20-魚止めの滝、ゴルジュ上8:20−9:05ウナギ淵9:20−10:05十字峡-11:30二段20m抱き返り滝高捲き-13:00七ツ小屋沢出合-13:45垂直10m滝、14:08-15:40大滝の下、4m滝-40m大滝17:00−18:00二俣(キャンプ)
○8月21日(晴のち曇のち雷雨)
キャンプ地7:00−8:20奥の二俣-8:50(朝食)9:20−10:05稜線−10:12朝日岳10:30−11:40笠ヶ岳12:05−13:10白毛門13:45−14:35松ノ木沢の頭−17:40土合

 闇夜の中でツエルトを設営する。張り終えると直に雨が降り出し、雷も鳴って賑やかとなる。夜半過ぎには止み、明け方には晴れ上がってくる。滝沢上部は霧に隠れているが、一の倉沢が眼の前に大きく迫ってくる。20数年前に登った頃の記憶が鮮やかに蘇ってくる。

 急坂を旧道から新道へと下っていく。新道が武能沢を横断する地点で朝食をとる。ほんのちょっと下ると湯檜曽川本谷だ。いきなりゴルジュとなり、魚止めの滝が水量豊かに落下する。大内さんのリードで左壁から取り付く。突部を回り込むところがちょと難しいが、残置シュリンゲをつかんで乗越す。するとそこはテラスになっている。2本のハーケンを打ち7mほど直上した後、ゴルジュの右岸を高捲き、懸垂下降して河原に出る。ゴウロからナメとなり、青空もひろがってきて心はなごむ。やがてウナギ淵があらわれる。なかなか良い眺めの淵だ。水は碧く深い。ここはヘツリがちょっと悪いせいか、泳ぐ人も多いようだ。私達は左岸を慎重にへつっていく。少々緊張するところだ。出口の滝を越えると、美しい流れの中へと導かれていく。奔流する水の流れを左に見ながら、三段30mのナメ滝を快適に登っていく。すると左岸からは大倉沢が注ぎ込み、正面には50mにも及ぶ抱き返り沢の大滝が水を飛散させながら、絵のように落下している。われわれは十字峡に着いたのだ。渓は90度左折し、幅3mほどのゴルジュとなる。水は深く緊張したへつりをする。折笠さんが滑って肩を脱臼する。しかし大内さんが治して事なきをえた。折笠さん、肩が少し痛む。「大丈夫?今からなら戻れるが、これから先へ行ってしまうと、もう戻れない。どうする?」と大内さん。しばらく考え、大丈夫と判断し、前へと進んでいく。渡渉、へつり、そして20m抱き返り滝の出現。滑り易い滝を少し登り、途中から左の草付きを高捲いていく。渓は息つくヒマもなく、めまぐるしく変化していき、再び美しいナメ滝と釜が続く夢の世界へと誘っていく。渓は残雪豊富な水で磨かれ息づいている。ぼくらは渓のど真中にいる。あとは前進するだけだ。三条10mの滝を左のチムニーから登ると、右岸から七ツ小屋沢が出合う。本谷よりも沢床が低い。幅1mほどの小じんまりとした美しいゴルジュとなり、七ツ小屋沢に眼を転じれば二段20mの滝が見事に落下している。やがて8mの垂直の滝が現れ、アンザイレンして、左のカンテを馬乗りになって越えていく。折笠さんにとってははじめてのカンテ登りだ。
 ゴルジュの中を遡っていくと10mの垂直滝が行手を塞いでいる。大内さんのリードで右壁より取り付き、左の滝心へとトラヴァースしていく。残置3本に、2本のハーケンを打ち足し、一歩一歩慎重に攀じ登っていく。登る前は大分緊張していた折笠さんだが、登り始めれば、スムーズに落ち口へと消えていく。次は私の番。外傾していて滑り易いが、シュリンゲに助けられながら、攀じ登っていく。登り終えるとにわか雨が降ってくる。カッパを着込み、二段12mの滝は左岸の草付きを小さく捲いていく。しばらく小滝を登ると4mの滝に出会い、奥に40mの大滝が水しぶきを上げて激しく落下している。すごい迫力がここまで伝わってくる。高捲くとなると、左岸の草付きを高々と回り道していくしかない。大きな釜を持った4mの滝は大内さんが見事なバランスでへつって乗り越え、ザック3つを順次吊り上げる。この滝は赤茶けていて、ホールド、スタンスともに極度に細かく、立つことさえ難しい。後続の二人はゴボウで登っていく。
 さあ40mの大滝だ。水量が多く、緊張が走る。雨が降っていないうちに登ってしまおう。下段はホールド、スタンスとも豊富で難なく越える。上段の滝のすぐ左は滑りやすい一枚岩。大内さんのリードで、最も左の乾いた岩場を攀じ登っていく。岩が大きく登りづらい感じ。でもハーケンを打ち、カラビナをかけ、しなやかな動きで、ザイルは順調に延びていく。コールがかかり、折笠さん、手足をいっぱい伸ばしながら、じりじりと登っていく。やはり、私も手足いっぱい伸びきるところでは苦労する。残置のハーケンはそのままに、新しく打ったハーケンだけを回収していく。あとは草付きのバンドを落口に向かってトラヴァースしていく。
 これで悪場は終わった。でも油断してはいけない。暮れゆく中、10m以上の滝をいくつか登る。6時、二俣につく。感激の握手を交わし、右岸の高台にツエルトを設営する。なかなか快適なビヴァーク・サイトだ。暮れなずむ中、コマドリがいつまでも囀る。深い徒渉や雨で衣服は大分濡れ、焚き火をする。何だかとてもうれしい。衣服が乾ききらないうちに雨が降ってくる。やがて雷雨となり,なかなかやまない。アルコール類を持ってこなかったので、大内さんと折笠さんはさびしそう。さっとウィスキーを差し出せればいいが、あいにくと私も持っていない。雨は明け方近くまで降り続き、濡れ着が乾かないままのビヴァークで、あまり眠ることができなかった。大内さんはカッパが見つからず、シュラフ・カバーもゴアテックスでないので、ツエルトの濡れがしみてちょっと寒いらしい。

 朝、雨はやみ、待望の青空がどんどん拡がっていく。コマドリが高らかに唄う。渓は緩やかに流れ、ナメや小滝がどこまでも続く。振り返れば、清水峠付近の緑の山並み、奥には大源太山の特異な岩峰が指呼できる。上部に行っても、バック・アンド・フットの登りがあったりして楽しい。両岸の緑の肌がまぶしい。源流近くで朝食をとる。モーニング・ティーがとても美味しい。水が涸れ、良く歩かれた藪をしばらく漕いでいく。矮樹にウグイスがとまっている。我々に気がつくと、さっと藪の中に隠れてしまう。やがて、朝日岳の湿原に飛び出す。あいにく霧がかかってきて、眺望はきかない。握手を交わし、嬉びを分かち合う。私達の他は誰もいない静かな頂。時は立ちどまったかのように、ゆっくりと流れていく。終始われわれをリードしてくれた大内さん。核心部の急流の中で、肩を脱臼し、それでも頑張った折笠さん。みんな本当にありがとう。
 下りは白毛門へと向かっていく。時折、陽が差し込んだ時の緑の山並みは美しい。幸せがあちらこちらから集まってくる。♪♪♪風にふるえる緑の草原。たどる瞳かがやく若き旅人よ・・・・・・♪♪♪と歌がでてくる。笠ヶ岳への稜線には可憐なハクサンフウロがいっぱい咲いていて、気持ちがなごんでくる。このすぐ後に落とし穴が待っているとは夢にも思わない。急に持病の血行障害が襲ってきて、息苦しくなってくる。白毛門の頂上で大休憩をとったが治らない。土合への急坂を休み休みゆっくりと下っていく。荷を軽くしてもらう。それでも息が苦して仕様がない。ブナの樹がぼんやりと霞んでいる。雷三日と言うけれど、今日もまた雨が降り出し、雷がとどろきわたる。5時40分、土合の駅につく。

 当初の計画では8月12日入渓の予定であったが、集中豪雨のため一日、二日と延ばし、結局一週間延ばした。好天を恵まれる時を選んで行ったのですが、夕方から夜は毎日雷雨でした。また日中も変わりやすい天気でした。まあ谷川岳なので、これでも良い方なのかも知れません。人気ルートということで、混雑を危惧していたのですが、遡行開始から笠ヶ岳まで誰にも会わず、静かな遡行を楽しむことができました。美渓がうたわれているだけあって、滝、瀞、ナメのすべてが美しく、渓は息つくヒマもなく、めまぐるしく変化していました。
 緊張する滝の直登も微妙なヘツリも十分堪能できました。安全第一に留意して遡行したので、ザイルは頻繁に出したようです。10m以上の滝が次々と現れ、そうかと思うとよく磨かれたナメ滝が心を鎮めていき、自然の絶妙さに感心しました。難しいと言われている10mの垂直の滝と40mの大滝は緊張しつつも、気持ち良く登ることができました。天気は変わりやすかったのですが、悪場のところでは運良く、雨はやんでいました。これは天の恵みだと思いました。実のところ、私は泳げないのです。泳げないでよく沢登りをやっているなあと思っています。湯檜曽川本谷の過去の記録を読むと"泳ぎ"がよく書かれています。そこで、私は"浮き"のためにエアーマットを持っていきました。結局は全部へつっちゃったので、"浮き"は使いませんでしたが。

  

     ウナギ淵                                  核心部10m滝

 

                                        40m大滝

             写真の続きはこちら            トップページ