丹沢の美渓・早戸川・原小屋沢


神奈川県の山・丹沢の沢
宮ヶ瀬ダム〜丹沢観光センター〜早戸川・原小屋沢遡行〜原小屋平〜姫次〜八丁坂ノ頭〜青根・東野

登山日 1999年7月31日〜8月1日
参加者 大内、折笠、山野
コース・タイム
○7月31日(晴)
小田急線・伊勢原駅15:10-16:15丹沢観光センター16:40-16:55伝道(林道終点)17:05-17:17造林小屋-17:30渡渉点17:48-18:07雷平(大滝沢出合)
○8月1日(晴)
雷平6:00-6:55雷滝15m、7:07-8:00カサギ沢出合8:05-8:15バケモノ滝10m-8:40三段20mの滝9:03-9:25ガータゴヤの滝30m、10:00-11:30原小屋平12:00-12:15姫次12:40-13:07黍殻避難小屋手前-15:00青根・東野バス停-中央線・藤野駅

 大内さんの友人、久保川さんの車で小田急線・伊勢原駅から丹沢観光センターまで送ってもらう。彼は二宮に住んでいるそうで、私達のために車を出してくれたのだった。人の遊びにつきあって車まで運転してくれるとは、世の中には親切な方がいるものである。早戸川流域の沢を3つほど遡行したことがあるが、それはもう30年も昔のことである。この付近は大きなマス釣り場やバンガローができたりして、あの当時とはすっかりと変わっている。早戸川左岸の林道はけっこう急で、身体中汗ばんでくる。1時間半ほどで本谷沢出合の雷平に着く。右岸の高台に格好のキャンプ・サイトがあり、ツエルトを設営する。大内さんは釣りにでかける。釣れたヤマメは小さかったので放してやったとのことであった。しばらくはツエルトの中で、ワインを飲みながら話していたが、そのうち折笠さんの「星がきれいだよ」の声にみんな外にでる。ワインの酔いでとてもいい気持ち。自然と歌が唄いたくなっちゃう。中天には白鳥が羽をひろげ、北にはカシオペア、南にはアンタレスが煌めく。星明かりで夜空の山がはっきりと見渡せる。渓の瀬音を聞きながら、星を眺めていると、もう山になんか登らなくたっていいじゃないかという気分になってくる。

 朝、大内さんは釣りにでかける。今日も釣れたヤマメは小さかったので放してやったとのことであった。そうそう、それでいいのだ。「岩魚やヤマメは健気に生きているのだから、とっちゃうのはかわいそう」と彼は言う。
 今日はほんとうにいい天気。シャワー・クライミングには絶好だ。1時間ほど遡ると雷滝15mに出会う。水しぶきをあげて見事に落下している。しばらくはナメと小滝の小気味良い遡行が続く。こういう穏やかな流れがボクは好き。東からは二条の美しい流れでカサギ沢が注いでくる。分岐には大きなサワグルミの樹が立ち、アオスジアゲハが舞っていく。ほんのちょっと遡るとバケモノ滝10mがあらわれる。なんでこんな名前をつけたのかしら。ちょっと暗い感じの滝だからだろう。それにしてもこの沢は滝にいろいろな固有名詞がついている。それだけ親しまれている渓なのだろう。三段20mは美しい流れ。いろいろポーズをとってパチリ、パチリ。左岸を小さく高捲いていくが、滝を俯瞰しながらの捲きは素晴らしい。見とれてしまう眺めだが、足元に気をつけないと、谷底の滝に吸い込まれてしまう。5mほどのアップザイレンで滝上にでる。しばし美しい渓の流れの中を漂って行く。何故か折笠さんだけにヒルが吸い付いていく。やがて、ドーンとガータゴヤの滝があらわれる。水は幾筋にも分かれ、絵のように流れ落ちる。セグロセキレイが飛沫をあびながら滝の上で遊んでいる。ああボクも小鳥になりたい。大内さんは中段まで登って滝を眺めている。果たして登れるだろうか。ちょっと水量が多くて無理でしょうね。コーヒーを飲みながら、ゆっくりと昼食をとる。この滝は右岸から高捲いていく。途中スラブで足を滑らす。苔がついていたので、ツルッといってしまう。本人は大きな枝をつかんでいたので、落ち着いていたが、二人はきっと驚いたに違いない。深い淵をへつり終えると渓は穏やかな流れとなる。私達の前を釣り人が糸を垂れながら遡って行く。追い抜くわけにも行かず、そっと後ろをついて行く。やがて25cmほどの岩魚を釣り上げる。5時間半ほどのゆったりとした遡行で原小屋平につく。ホトトギスの囀る中、静かな森の道を北へと向かって行く。姫次は広々としていて、眼前には檜洞丸が大きく聳えている。
 青根へ下る道はとても急だ。マムシに注意との看板があったので、片手に棒を持ち、眼をパチクリさせながら下って行く。釜立沢に出会うと道は緩やかになる。午後3時、青根の東野バス停に着く。

  

     雷平                 雷滝               バケモノ滝

  

            ガータゴヤの滝                    原小屋平