シロヤシオとトウゴクミツバツツジ咲く西丹沢・檜洞丸

深呼吸すれば、若葉の香り。
コルリの透る囀りがブナ林を流れてゆく。
シロヤシオに融け込む紅紫のトウゴクミツバツツジが鮮やかだった。


神奈川県の山

西丹沢自然教室〜檜洞丸1600M〜西丹沢自然教室
登山日 2005年6月8日
参加者 単独
天候  曇

 5月初旬に行った袈裟丸山のアカヤシオは見事だった。下旬に予定した袈裟丸山のシロヤシオ山行が雨で流れた。7日に檜洞丸頂上付近のシロヤシオが見頃だとの記事を眼にし、次の日さっそく出かけた。 気持ちの良い緑が山をおおっている。ブナの大木も所々に聳えている。曇り空のため、富士山は見えないものの緑の落葉樹がすがすがしい。朗々と唄うキビタキやコルリの歌声はハッとするような美しさだ。びっくりするほど沢山のホトトギスが鳴いている。けっこう急峻な道であるが、そんなことを感じさせない初夏の香りが山を包みこんでいる。道端にはかわいらしいクワガタソウやツルキンバイの花が咲いている。頂上が間近になるとシロヤシオと紅紫のトウゴクミツバツツジの世界となった。まるで白と紅紫の回廊の中を歩いているよう。今年はトウゴクミツバツツジの開花が少し遅れたので、シロヤシオと花の時期が重なったようだ。ある方によれば、シロヤシオは4年周期、トウゴクミツバツツジは3年周期で花芽が多いそうで、今年は丁度その年にあたるそうだ。シロヤシオは別名ゴヨウツツジと呼ばれ、ここのは樹齢100〜200年と言われている。頂上直下はバイケイソウの園であるが、まだ花は咲いていなかった。頂上の枯れ枝の先でビンズイが唄い続けていた。帰りは霧に包まれ、心の鎮まる山旅となった。キビタキ、コルリ、センダイムシクイは往きとまったく同じ場所で、帰りも囀っていた。近くで営巣しているのかな?と思ったりした。

<観察した野鳥>

ハクセキレイ、ヒヨドリ、コゲラ、アカゲラ、シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、センダイムシクイ、ウグイス、アオゲラ、キビタキ、コルリ、カッコウ、ホトトギス、ジュウイチ、ミソサザイ、イカル、ビンズイ



             写真の上でクリックすると拡大します


ヤマツツジとブナ    トウゴク
  ミツバツツジ
  シロヤシオ
 シロヤシオとトウ
 ゴクミツバツツジ
 ツルキンバイ  
  クワガタソウ
 ドウダンツツジの
  仲間(山頂)
霧の中のトウゴク
  ミツバツツジ
  霧の中のブナ  霧の中のブナと
  ツツジ
   ブナ林

           檜洞丸の野鳥       檜洞丸0705