西丹沢・大滝沢・マスキ嵐沢
神奈川県の山・西丹沢の沢
大滝沢〜マスキ嵐沢〜権現山直下〜日原川・川苔谷・逆川遡行〜ウスバ林道〜鳩ノ巣

登山日 2001年10月6日
参加者 山野(CL)、高松
天候  晴
コース・タイム
大滝橋9:35-10:15マスキ嵐沢出合10:35-11:00F3(二段15m滝)-11:50二俣(昼食)-13:05登山道13:33-14:20権現山登山口-下棚沢の大滝見学-14:40権現山登山口-15:08西丹沢自然教室

 小田急線の新松田からバスで1時間ほど揺られ、中川温泉の少し奥の大滝キャンプ場で降りる。2週間前の川苔谷・逆川遡行の時は肌寒い気候であったが、今日は夏日のような気温であり、まさに沢登り日和である。ナメ滝と小滝が連続し、沢は明るい。ホールドは堅くスッキリとしている。アレヨアレヨという間に核心部の二段15m滝に逢着する。左からシャワーを浴びつつ登り、中段で1本ハーケンを打ち、右へトラヴァースし落口へ抜ける。その上の二段9mは右壁を登る。その後も小滝が続くが難なく越えていく。二俣で昼食をとり、右俣に入ると直に水は涸れる。案内書によれば難しい滝(二段10m)が一つあるようだが、これがそうなのかなと思っているうちに乗り越え、遡行2時間半で権現山下の鞍部(登山道)にでた。ちょっとあっけなかったが、小気味良い遡行が楽しめた。ブナ、ミズナラ、カツラ、ヤマモミジなどが茂っており、深山の雰囲気が漂う。昔の記録を読むと畦ガ丸まで長い藪漕ぎを強いられたようだが、今はちゃんとした登山道が西沢へと導いてくれる。下棚沢の40m大滝を見学した後、西丹沢自然教室へと下山した。
      
  出合付近のナメ滝            核心部の二段15m滝

        
    二段9m滝                 詰めのブナ林