丹沢・水無川本谷
渋沢〜大倉〜水無川本谷遡行〜大倉尾根〜塔ノ岳〜大倉

登山日 1976年7月18日
参加者 山野(L)、川口、沢田、折笠
天候  晴のち曇のち小雨
コース・タイム
大倉9:10-10:35水無川本谷出合-14:20大棚上-15:45塔ノ岳-17:57大倉

 丹沢で沢登りをするのは久しぶりだ。今日はカンカン照りの陽射しで、歩いているうちに頭が少々おかしくなってくる。道端にはホタルブクロやタケニグサがとても多い。今日山行をともにする女性3人はいずれもはじめての沢登りということで張り切っている。にもかかわらず、自分は暑さでけだるく気合いが入らない。本谷にはたくさんの人が入谷しており、いつもながら水無川の賑わいには驚かされてしまう。
F1(10m)はシャワークライムであり、右岸が階段状で簡単に登れる。
F2(6m)は左側に鎖がついているが、ホールドは豊富である。
F3(8m)はなかなか見事な滝である。左側には鎖がついているが、私は右側を直登する。ホールドは細かいが、残置ハーケンが2本ある。
F4(6m)は右から越える。
F5(8m)は右側に鎖がついている。鎖がついていなければ、興味ある登攀を味わえると思われるところである。
F6は直登できず、右側から捲く。
やがて右岸から水の涸れた沖ノ源次郎沢が注入する。乾いた大棚があり、岩登りの練習をしているパーティがいる。この頃から天気はだんだん曇ってくる。
F7(8m)は左側を登る。
F8は右側を登る。
F9(20m)は水無の大棚と呼ばれ、すばらしい滝である。折笠さんは左岸から高捲き、残りの3人は直登する。左側の岩壁を12mほど直登し、崩れやすい岩がを慎重に右へトラヴァースし落口に出る。落口へ出たものの折笠さんがいない。道を間違えたらしく、まもなく姿をあらわす。この大棚は岩が崩れやすいことを除けば、技術的には難しくない。
F10(10m)は折笠さんトップで、元気に左側からシャワークライミングで直登する。
F10が最後の滝で、この頃から小雨が降り出す。ガラ場を少し登った後、クマザサの中の道を登りつめ、表尾根にでる。塔ノ岳は視界がまったくきかず、涼しい風が吹いている。
下りは猛スピードで大倉尾根(バカ尾根)を下る。コマドリ、ホオジロ、ウグイスなどが爽やかに囀る。道端にはウツボ草がたくさん咲いていた。
女性3人は初めての沢登りであったが、上手に登っていった。この沢は不要な鎖が多いのが難点である。