晩秋の西丹沢・世附川・水ノ木沢から菰釣山


神奈川県の山・西丹沢の沢
丹沢湖・浅瀬〜世附川・水ノ木沢遡行〜菰釣山〜畦ヶ丸〜西丹沢

登山日 2000年11月25日〜26日
参加者 大内、折笠、山野
コース・タイム
○11月25日(晴)
小田急・新松田駅(タクシー)8:30-8:45丹沢湖・浅瀬ゲート-10:30水ノ木橋-10:40休憩11:00-11:10菰釣橋-11:50水ノ木沢・入渓点12:10-13:13梅ノ木沢出合-14:00、100mのナメ-14:25二俣(1050m)-15:15三段12m-15:50源流付近(キャンプ)
○11月26日(晴)
7:30-8:20菰釣山9:00-10:32城ヶ尾峠10:43-12:07畦ヶ丸13:00-15:33西丹沢

 浅瀬ゲートから少し歩くと世附川の右岸に夕滝と呼ばれる五、六段の滝が小高い丘まで突き上げている。世附川はエメラルド・グリーンの渓相を見せながら美しく流れ、両岸の山肌は秋色に染まっている。鹿の群に会ったりしながら、のんびりとした林道歩きを楽しむ。菰釣橋を渡って直に渓は二つに分かれるが水ノ木沢は右手の沢である。地形図を良く見ないと間違い易い。左岸からの枝沢を横切り水ノ木沢に入渓する。水量は多く、ゴルジュや深い釜もあったりしたりし楽しい。梅ノ木沢が左岸から注入し、右岸は格好のビヴァーク・サイトになっている。二段10mの滝が勢い良く落下し、右側を快適に登っていく。100mのナメを始めとして、ナメやナメ滝が続き小気味良い遡行が続く。晩秋だというのに幾度となくシャワー・クライミングを繰り返す。天気が良いので、濡れることは気にならない。大きなイワナが泳いでおり、歓声をあげる。1050m地点の二俣は左俣の方がやや水量が多い。左俣はすぐに二つ(北北西と北)に分かれ、左の沢(北北西)に入ったが、すぐに水量は少なくなり、やぼったい感じの沢となる。1050m地点の二俣まで引き返し、右俣(北東)に入る。この沢は菰釣山直下に突き上げており、「丹沢の谷110ルート」に載っている沢のようだ。左俣に比べ赤布が多く、遡る人が多いようだ。倒木帯をくぐり抜けると三段12mの滝に逢着する。左俣を引き返した時、大内さんは先へどんどんと行ってしまい、なかなか会えない。笛を吹いても応答がない。知らない間にはぐれてしまい、しばらく待機する。すると先へ行っていたとばかり思っていた大内さんが後ろからやってくる。彼は左俣の右の沢(北)に入り、二人が来ないので、右俣にやって来たとのことであった。三段12mの滝を左から越え、しばらく遡っていくと水量は減り15mの滝に出会う。上を見上げれば、頂上まで良いビヴァーク・サイトはなさそうである。7分ほど下降し、格好の幕場があったので、ツエルトを設営する。水ノ木沢は林道を3時間も歩かないと入渓できない奥地にあり、それだけに静かな遡行を楽しむことができる。枯れ枝はいっぱいある。豪勢な焚火が夜空に映え、中天にはペガススからアンドロメダにかけての星が煌めく。二人の呑兵衛につられて、私もついつい呑み過ぎ話が弾む。焚火にあたっているせいもあるけれども、とても晩秋とは思えない温もりがある。明日は小1時間も登れば菰釣山の頂につくことであろう。いつの間にか、カペラが中天に昇ってきた。

 当初の天気予報によれば今日は雨模様であったが、一転して好天となる。左岸から枝沢を分けると、15mの滝が懸かっている。水がチョロチョロと流れ、クラックを快適に攀じ登っていく。連続する涸棚を登り、急峻な岩地を忠実に詰めて行くと稜線に出た。ほんの一登りでブナの木の立つ菰釣山1379mに着く。こよなく晴れ渡り、8合から上に雪を冠った富士山が大きく裾野を拡げ、御正体山がどっしりと鎮座している。40分ほど休憩した後、畦ヶ丸へと向かう。山頂から15分位下った所に避難小屋がある。10人位泊まれるなかなか良い小屋だ。畦ヶ丸への道は笹で覆われ、ブナ林が続いている。今はすっかりと葉を落としてしまっているけれど、新緑の頃に訪れたい所だ。左手には道志の山々が連なり、前方には大室山がひときわ大きく聳えている。アップ・ダウンを幾度となく繰り返し、半袖シャツでも汗ばむほどだ。今日は19度位まで気温が上がり、10月に戻ったような陽気だ。畦ヶ丸に着くと登山者で賑わっている。我々は静かなところから賑やかなところへと向かっているようだ。山は高度を下げるに従い、秋色に染まってくる。下山路は木のテーブルが一定間隔で取り付けられ、その度に行儀悪く寝ころぶ。ウトウトし気持ちが良い。帰りには中川川の西沢・本棚沢の大滝(70m)と下棚沢の大滝(40m)に立ち寄る。いずれも素晴らしい眺めの滝であり、大内さんは若き日に下棚沢の大滝を左手から直登したそうだ。とても難しそうで、私には登れそうにない。いろいろと道草したので、2時間半かかって、西丹沢のバス停についた。
 晩秋の西丹沢の林道-沢-稜線-尾根の道を円を描くように繋げて歩くことができた。まるで小春日和のようなうららかな日差しに包まれた2日間だった。
   
      
 世附川右岸の夕滝     水ノ木沢核心部ナメ滝     下棚沢40m大滝         本棚沢70m大滝