去りゆく秋を偲ぶ・大山三峰山・谷太郎川・大小屋ノ沢


神奈川県の山・丹沢の沢
煤ヶ谷〜大小屋ノ沢遡行〜三峰山〜煤ヶ谷

登山日 1999年11月21日
参加者 大内、山野
天候  晴
コース・タイム
本厚木7:50-煤ヶ谷8:13-8:53大小屋ノ沢出合9:17-10:38F3の上(昼食)11:00-12:20F7スラブ滝の上-12:42二俣-12:50遡行終了-13:30登山道13:45-14:00三峰山14:30-16:03煤ヶ谷

 入渓の3日前に大内さんから「この前行った鳥屋待沢の隣におもしろい沢があるから行かないか」と電話がかかってきた。4日前に遡った鳥屋待沢で今年の沢登りはもうおしまいかなと思っていただけに二つ返事で快諾する。今年もう一つ沢に登れるというだけで心は躍る。よく散歩する私の家の裏にある雑木林もぱらぱらと木の葉が舞い、黄緑の葉にボヤッと赤が交じって、いい雰囲気をつくっている。でも山に行けば、もっと素敵な秋模様の中に身を委ねることができる。しかも大小屋ノ沢なんて有名でないから、去りゆく秋を偲ぶにはとてもふさわしい山旅に思えた。朝5時に起きて、お弁当においなりさんを持った。本厚木で電車を降りて、タクシーに乗って煤ヶ谷まで行き、谷太郎林道を歩くところまで、コースも時間もお弁当も一週間前とすべて同じだ。違うのはメンバーが二人減ったことである。林道を40分ほど歩くと鱒釣り場があって、林道の終点が大小屋ノ沢出合である。
 大内さんのザックは登攀用具でずっしりとしている。私も三ツ道具やツエルトを持っている。今日の沢を登るには少々大袈裟な装備である。二人とも暗黙のうちに来年の平ヶ沢を意識した装備を揃えているのだ。「今日出会う滝は全部登るんだ」お互いに口にこそ出さないが、装備はそう語っている。しばらくは単調なゴーロ歩き。あまり歩かれていない不遇の沢らしく、木の枝が被さって歩きにくい。大岩のある滝や大岩の間を楽しみながら遡っていく。樹間からは青空がのぞまれ、静かに水と戯れる。10mのナメ滝を小気味よく登っていくと、右から20mの涸滝が出合う。二人とも登攀ルートを眼で追っていく。大内さんは「岩登りの練習にはいい壁だね」と言う。私が「上部のスラブは厳しそう」と言うと、「そうでもないんじゃない」と応える。ここでお湯を沸かして昼食休憩とする。二人でこうしていると、20年くらい前の秋に、やはり二人で奥武蔵・川浦谷・烏帽子谷を遡った時のことをふと想い出す。苔の息づく静かな沢だった。前日に山里といった感じのする寄居の大内さんの家に泊まり、夜遅くまで彼の奏でるリコーダーに聴き入ったことが懐かしい。
 ここから沢幅は狭まり、ゴルジュとなる。ハング気味の滝はホールドが乏しく、一本ハーケンを打つ。大内さんが「音が悪い。そのハーケン効いていないのじゃない」と言う。でも確かめると、まあまあ効いている。力をあまり入れないようにしてホールドにし、乗り越える。二段10mの滝を簡単に越えていくと、ちょっと滑りやすい10mの滝に出会う。落ち葉をはらいのけ、一本ランニング・ビレイをとって快適に登る。小滝をいくつか越えると、広い釜を持った10mのスラブ滝があらわれる。大内さんのリードで、左の壁を途中まで登ったが、ホールドが乏しく引き返す。ビレイピンを二本打ち、右の壁を攀じ登っていく。岩が大きく、ちょっと登りにくかったが、高度感があって気持ちがいい。これで核心部は終わり、しばらく遡ると二俣となり、左俣へと入る。藪がひどくなり始めたところで、右岸の枝尾根に逃げる。対岸の森は美しい秋模様を描いている。派手な美しさはない。ほんとうに素朴な森が息づいている。ゆったりとした気持ちで遡行を終え、心はなごむ。東京近郊の1000mにも満たない山なのに、こんなに静かに沢に溶け込めるところがある。大内さんはあまりにもあっけなく登ってしまったので、ちょっと物足りなそう。でも顔は幸せに満ちている。鳥屋待沢と比較すると、沢登りの面白さはやや劣ると思う。でも山や渓は言葉で表現し難い"心模様"がある。大小屋ノ沢にもこの沢の持つ良さがある。急な山腹を攀じ登っていくと切り開かれた道となる。20分くらい登ると登山道に出た。先週と違って、稜線上は登山者で賑わっている。いくつかの鎖場を通って、今日はこの前登らなかった三峰山の頂に立つ。きっかり午後の2時だ。コーヒーを飲んでくつろぎ、煤ヶ谷への道を下っていく。さらさらさら・・・さらさらさら・・・秋の空気はとっても美味しい。今日は久々に明るい内に麓に着いた。「フクロウ部隊」でないことがとてもうれしい。
 本厚木で生ビールを飲みながら夕食をとる。「近いうちに日和田山で岩登りの練習をしよう!」ということで、今回の山行を締めくくった。