大山三峰山・谷太郎川・鳥屋待沢右俣


神奈川県の山・丹沢の沢
煤ヶ谷〜鳥屋待沢右俣遡行〜三峰山直下の稜線〜煤ヶ谷

登山日 1999年11月14日
参加者 大内、梅香、折笠、山野
天候  晴
コース・タイム
本厚木8:00-煤ヶ谷8:23-8:43鳥屋待沢出合(権現橋)-10:35、10m大滝11:00-12:03二俣12:36-15:10枝尾根(大高捲き終了)-15:30三峰山直下の稜線16:05-17:54煤ヶ谷

 しばらくゴーロを歩いていくと深い釜を持った二条5mの滝に出合う。この滝を登るには首くらいまで水に浸からなければならない。今は真夏ではないので、右岸から捲いていく。三段7m滝の美しい流れを越えると、10m大滝が立ちはだかる。左壁を中段まで登ったが、その上は悪そう。ハーケンを打ちたいが、ハンマーはザックの中。ハーケンを打たなくても登れるとの判断が甘かった。眼をキョロキョロさせた所、残置のハーケンがあり、ランニング・ビレイをとる。ちょっと悪かったが、ハーケンを足場に思い切りよく登り、落口に出た。やがて沢はゴルジュ状となり、突っ張りながら登ったりし、楽しい。トイ状の滝は右壁に一本のハーケンを打ち、慎重に登っていく。ここでハーケンを一本落としてしまい、しまったと思ったら、もう一本落としてしまった。右岸から大きなナメ滝を迎い入れ、しばらく遡ると、二俣となる。ここでお湯を沸かし、昼食とする。
 右俣はヒョングリの滝となって注いでいる。左から枝尾根を捲いていく。しばらく遡っていくと、渓はゴルジュ状となる。トイ状の3mの滝を突っ張って登っている時に、折笠さんが1mほど足を滑らす。「痛い!」と言ったので、8月に脱臼した右肩が痛むのかと聞いたら、そうではなく「ブギッ」と音がして右足に痛みがきたと言う。痛いながらも、歩けるというので、そのまま遡行を続ける。最後のトイ状の滝は水もなくなり、まるで滑り台のように滑べ滑べとしている。大内さんは「滑りやすいから注意して」といいながら、バランスよく登っていく。梅香さんは大内さんの後に続き、私は滑りそうな予感がしたので、折笠さんに続き左岸を捲いていく。上から眺めていると、梅香さんが滑り、アッと思ったと同時に両手で岩をつかみ、事なきを得た。この先にはつかみどころのない滑べ滑べとした滝が行く手を塞ぐ。左岸から捲いていくもののトラヴァースが悪く、滝上に出られない。仕方なく、ルンゼをつめていく。岩はボロボロであり、崩れ易い。木の根にビレーをとり、途中から枝尾根に逃げるがとても悪そうだ。大内さんが「落ちるかも知れないから確保を頼む」と言って登っていく。でも、木の根のビレーは落ちたら支えられるかどうか不安なほど弱々しい。折笠さんは「蝉になっちゃう。アブラ蝉が鳴いている」と言いながら登っていく。「大丈夫。落とさないから」と大内さん。ここは足場が崩れ易く、トップで登ると怖いところだ。この先は梅香さんがトップを代わり、登っていく。後続はプルージックで登る。腕力登山、足場の不安定な草付きのトラヴァースと悪い登りが続く。次のピッチは大内さんが再びトップとなり、オーバーハング状の所を越え、ちょっと登っていくと枝尾根に出た。木にはテープが貼ってあり、傾斜は緩やかになってきた。この尾根は歩き易く、その後二ヶ所ほどテープが貼られており、時々歩かれているような感じがした。3時30分稜線にでる。暖かいコーヒーを飲み、夕暮れの稜線を煤ヶ谷へと下っていく。笹が覆い被さっている所があったりし、なかなか雰囲気の良い道だ。折笠さんは下りの急な所では、滑落で痛めた右足が痛いらしく、苦しそうである。暮色に包まれた森は秋色に染まり、落ち葉を踏みながら下る。秋の日は釣瓶落としと言われるが、今日もまた最後はヘッドランプをつけて下っていく。最近の山行は夜道を灯りを頼りに下ることが多いので、妻からは「フクロウ部隊」と呼ばれている。遡行中は人に会わないことが多いけれども、最近は帰りの登山道も「フクロウ部隊」なので、人に出会うこともなく静かな山旅だ。でも次の山行では明るいうちに麓に降りたいと思った。小田急の伊勢原駅近くの居酒屋で打ち上げを行ってから帰京した。
 鳥屋待沢は1000mにも満たない三峰山に突き上げる沢だが、小さいながらも手強い沢だった。逍遙渓稜会の記録にも、詰めが悪いと書かれてあったが、これほどまでに悪いとは思わなかった。折笠さんの右足は、帰ってから調べたところ、靱帯をかなり損傷したとのことであった。