西丹沢・玄倉川ザンザ洞二ノ沢


神奈川県の山・西丹沢の沢
ユーシンロッヂ〜ザンザ洞二ノ沢遡行〜ユーシンロッヂ

登山日 1968年5月25日〜26日
参加者 山野(L)、根津、江間

5月25日 曇
 小田急線・新松田駅で下車。バス、トラックと乗り継ぎ、19時玄倉に着く。玄倉川に沿って単調な夜道を懐中電灯を頼りに足ばやに歩く。かわずの鳴く音だけが耳に響いてくる。いくつものトンネルをくぐり抜けて行く。途中、豚汁で舌鼓をうち、23時ユーシンロッヂに着く。直ちに就寝する。

5月26日 曇一時雨
 15分ほど歩くと檜洞沢のF1の上に出る。右岸より石小屋沢が注ぐ。石英閃緑岩の岩床を水が滔々と流れている。釜は瑠璃色を帯びており、美しい。ユーシンロッヂから1時間ほどの遡行でザンザ洞出合に着く。ここで朝食後、2、3分も歩くと沢は2分する。左が本谷でF1、2段20m、右が二ノ沢でF1、15mの滝を懸けており見事な眺めだ。左の本谷F1に取り付く。下段は何とか登りきったが、上段はヌルヌルし、ハング気味で極めて危険だ。仕方なく下降し、右手の二ノ沢から高捲くことにする。左岸から高捲きし滝上にでる。中間リッジにでるには藪がひどそうなので、予定を変更し、そのまま二ノ沢を遡行することにする(帰路、中間リッジにでる明瞭な道を発見する)。雨降る中を8つほどの滝を直登したり、高捲いたりする。静かな遡行を味わうことができるものの、人がほとんど入らない沢なので結構苦労する。14時、源流にさしかかり、沢は幾本にも分かれている。その上、深い藪のため、1時間半ほどルートを探索するも、稜線へ抜ける道が見つからない。やむなく沢を下降することにする。最後のF1は薄暮の中を懸垂下降する。ユーシンロッヂに着いた時はもう真暗であった。みんな猛烈な藪こぎで、腕が棒のようになってしまった。暗闇の中、玄倉への道のりは長い。今回の山行は往きは江ノ島行きの電車に間違えて乗ってしまい、帰りは終電車に間に合わず、山では藪に追い返されてしまい、なんとなく辛さが漂うものとなってしまった。