錦繍の安達太良山

東北の山・福島県の山

あだたら高原スキー場〜くろがね小屋〜安達太良山〜鉄山〜箕輪山〜鬼面山〜野地温泉
登山日 2007年10月12日〜13日
参加者 単独

コース・タイム
○10月12日(晴)
  大宮-二本松-車で、あだたら高原スキー場11:20-13:10くろがね小屋(泊)
○10月13日(曇ときどき晴)
  くろがね小屋6:15-7:15峰ノ辻-8:05安達太良山-9:40鉄山避難小屋10:00-10:27笹平-10:55箕輪山-
  12:35鬼面山-13:10野地温泉

 秋晴れの中、あだたら高原から勢至平へのよく踏まれた道をのんびりと歩いて行く。遠くに安達太良山も望まれる。鉄山から派生する岩稜が見えると直にくろがね小屋につく。どうせ明日は晴れるだろうからと小屋で山の雑誌を読んだり、温泉に入ったりして午後のひとときを過ごす。後で思うに、明くる日の安達太良山は霧が深く、展望がまったくきかなかったのだから、今日安達太良山へ登っておけばよかった。夕食はくろがね小屋自慢のカレーライス。とても美味しく、おかわりする。夕食後は2パーティ4人の方々とお酒を飲みながら談笑する。ときどき小屋の管理人の佐藤さんも輪に加わり、楽しいひとときを過ごす。寝る前にふたたび温泉の湯に浸かる。山小屋でこんなにいい湯に入れるとは幸せだね。

 朝6時15分に小屋を発つ。所々紅葉が美しい。峰ノ辻を経て、安達太良山へと向かう。霧が深く、展望がまったくきかない上に風が強い。頂上からは鉄山へと向かう。馬ノ背付近の稜線からはくろがね小屋がよく見える。逆側の沼ノ平の谷底は有毒ガスで浸食され、不気味な様相をしている。鉄山避難小屋でしばらく休んだ後、箕輪山へと向かう。この頃から天気は徐々に回復し始める。山肌をおおう紅葉ははっとするような美しさであり、何度も魅入ってしまう。まさに錦繍の世界である。この美しい絵巻は鬼面山まで続いた。箕輪山の高みに立てば、安達太良山、磐梯山、吾妻連峰それに秋元湖、檜原湖が見渡せた。鬼面山を経て野地温泉へと下る。温泉の湯に浸かってから帰路につく。
紅葉と温泉三昧の秋の山旅であった。

写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

                      オリンパス E-500 _ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5で撮影


                  画像をクリックすると拡大します


あだたら高原
スキー場・登山口
安達太良山
  方面を望む
鉄山から派生する
  岩稜を望む
鉄山から派生する
  岩稜を望む
 くろがね小屋
 峰ノ辻への道  峰ノ辻への道  峰ノ辻への道 馬ノ背付近から
くろがね小屋俯瞰
  沼ノ平   沼ノ平  箕輪山の登り  見事な紅葉!  箕輪山の登り
 箕輪山の登り 紅葉の旅はつづく
 箕輪山の登り  箕輪山の登り 箕輪山から安達太
良山、鉄山を望む
鬼面山・その奥に
 吾妻連峰
 鬼面山の登り
 鬼面山の登り  見事な紅葉!    オヤマリンドウ  
 鬼面山の登り 山全体を覆う紅葉  磐梯山を望む  鬼面山の下り 鬼面山を振り返る

   紅葉の安達太良山071023         錦繍の鬼面山・箕輪山081009