花と緑の鳥海山
東北の山・山形県の山・秋田県の山

池袋駅〜酒田駅〜鉾立〜賽ノ河原〜酒田駅〜鳥海山荘〜滝ノ小屋〜河原宿〜薊坂〜伏拝岳〜新山〜百宅口分岐〜霧ヶ平〜唐獅子平・避難小屋〜伏拝岳〜七五三掛〜御田ヶ原〜千畳ヶ原〜河原宿〜滝ノ小屋〜余目駅

登山日 2004年7月30日〜8月1日(7月30日は私のみ)
参加者 東北の山メーリングリスト11名
コース・タイム
7月30日(晴)
 前夜、池袋駅(国際興業高速バス)23:10-7:10酒田駅(バス)8:05-9:20鉾立9:25-10:53賽ノ 河原-11:10御浜小屋の手前-12:20鉾立(バス)12:55-14:10酒田駅-庄内交通・酒田バスターミ ナル(バス)14:40-15:13八幡町・中央公民館(八幡町営ぐるっとバス)15:23-15:53湯ノ台温 泉・鳥海山荘(泊)
 *鉾立行きのバスは駅前から乗車できるが、中央公民館行き(表示は観音寺行き)のバスはバ  スターミナルからの乗車となる。
7月31日(晴)
 鳥海山荘(車)8:00-滝ノ小屋登山口(第二駐車場)8:30-8:55滝ノ小屋-9:55河原宿10:15-12:00薊坂分岐12:15-12:45伏拝岳(昼食)13:10-14:25新山-14:40百宅口分岐14:55-15:25霧ヶ平-16:20唐獅子平・避難小屋
 *鳥海山荘と滝ノ小屋の間のバス便はない。徒歩の場合約3時間。唐獅子平・避難小屋はトイ  レ付きで、快適に泊まれる。
○8月1日(晴)
 唐獅子平・避難小屋3:10-5:00外輪(朝食)6:00-6:24伏拝岳-6:45文珠岳-7:15七五三掛-7:52御田ヶ原分岐-9:05千畳ヶ原-10:43河原宿-12:25滝ノ小屋登山口(第二駐車場)

 地元の酒田と鶴岡から各2名、秋田県から1名、北上から1名、宮城県から3名、新潟県から1名、埼玉県から1名(私)の総勢11名が鳥海山に集った。


                    鉾立賽ノ河原


 

              オニヤンマ                   鉾立から日本海を望む

庄内地方は乾いた東風が流れ込むフェーン現象で、酒田は36.9℃を記録し、7月としては観測史上最高の気温と報じていた。どうりで暑かったわけだ。オニヤンマがたくさん飛び回っていた。日本海の海岸線が美しく、男鹿三山、飛島、粟島、佐渡島が見渡せた。
 

              鳥海山                        ハクサンボウフウ

 

             ヨツバシオガマ                     チングルマ

 

           ノリウツギ                     鳥海山荘から鳥海山を望む

湯ノ台温泉・鳥海山荘にて。そよかぜの吹く高原で、クロツグミ、ホトトギス、ホオジロの調べを聞きながら、出羽丘陵の夕焼けのシルエットをいつまでも眺めていた。東北の優しい山なみは心が憩らぐ。たくさんのイワツバメが元気に飛び回っている。ひとり農作業をしていた女性が去ってゆくと、満月に近い月が山々を照らし出す。

                            次の写真