錦繍の月山・肘折コース

東北の山・山形県の山

肘折温泉〜小岳〜念仏ヶ原〜月山〜姥沢小屋
登山日 2007年10月6日〜8日
参加者 4名

コース・タイム
○10月6日(晴)
  大宮(新幹線)-新庄-車で肘折温泉(泊)
○10月7日(晴)
  肘折温泉登山口8:50-10:38猫又沢-11:55赤沢川-13:30小岳-14:50念仏ヶ原避難小屋(泊)
○10月8日(雨)
  念仏ヶ原避難小屋5:54-9:23千本桜-11:10月山頂上小屋11:25-13:35姥沢小屋-車でさくらんぼ東根

 肘折温泉に来る前に遠回りして、戸沢村古口にある幻想の森と呼ばれる林に立ち寄る。立派な杉の巨木が立ち並び圧巻であった。膝折温泉には夕刻についた。ここは真冬の多い時には4Mもの積雪があるという豪雪地帯である。温泉付きの旅館であるが格安で湯治客が来やすいように心がけているみたいだ。夜は直に静かになるが、朝は早くから朝市で活気に満ちている。近郷の農家の方々が地物の野菜や山菜、笹巻き、しそ巻き等を温泉街の旅館の軒先に並べている。見ていて楽しい風景だ。これから山へ登るので、買い物ができないのがちょっと残念である。

 登山口まで4Kmの山道は車で入る。登山口のところでは鮮やかな紅の実をつけたマユミがわれわれを迎えてくれる。ここから月山頂上まで17Kmの遙かなる歩みが始まるのである。しばらくはブナ、トチノキ、ミズナラ等の混生する緩やかな登高である。トチノキの実が所々に落ちている。アキノキリンソウ、キバナアキギリ、シロヨメナ等が咲いている。30分ほどで大森山東鞍部にでる。東南の方角には葉山が大きく聳える。ヒガラの地鳴きが聞こえる程度の静かな森であったが、アカゲラの鋭い鳴き声で一瞬活気づいた。猫又沢を渡るとブナの道はやや急登となる。赤砂山の南稜を経て赤沢川にでる。ここからは1時間半ほどの小岳への登りが続く。道端にはキノコをよく見かけるが、不案内のため、採取はためらってしまう。メボソムシクイの囀りが聞こえたが、われわれの足音で一声のみ。すぐに途絶えてしまった。高山の針葉樹で囀るメボソムシクイが、落葉樹の中で囀るのはめずらしい。山を下りる途中なのだろうか。昨年の今頃は大朝日岳でメボソムシクイの囀りを聞いており、遅くまで渡らないで山に残っている鳥なんだなあと思った。小さなアップダウンを繰り返しながら、登山口から4時間40分かかって小岳についた。月山が見えるようになり、三ヶ月池の湿原にでる。黄金色の草紅葉が美しい。紅葉の向こうには葉山が鎮座している。突然、眼前に念仏ヶ原の避難小屋が現れた。14時50分着。登山口からちょうど6時間の登高であった。
 1時間半ほど念仏ヶ原の広大な湿原を散歩する。いたる所に(エゾ)オヤマリンドウが咲いている。青い実をつけたサワフタギが眼をひく。午後のやわらかな陽を受けて、湿原は黄金色に輝いている。写真には表現できませんでしたが、夢見るような美しさに心がやすらぐ。行ったり、戻ったり。眼を開けたり、閉じたり。そよ風が吹き、耳をすませば、私の好きなバッハやバードの音楽が聞こえてくる。悠久の時を刻んで、自然は私たちに幸せをはこんでくれる。
 避難小屋は小綺麗で、快適だ。明日は雨の天気予報のためもあってか、我々だけの貸し切りとなる。散歩の後は夕食の準備。私のメニューはカレーライス。夕食後はシュラフにもぐりながらの楽しい山談義。私を今回の山行に誘ってくれたのはT婦人だ。また今回の山行の先導役はOさんだ。お二人とも年間に数多く山へ入っており、山が好きで好きでたまらないという頼もしい人たちだ。それに私の近所に住む友人SOさんが加わって4名でここへやってきた。そのうちにウトウトし、9時半頃にトイレに外へでる。満天の星とはいかないが、天の川が流れ、秋の星座であるペガスス、アンドロメダが中天に煌めく。それからは長らく眠れない。眠り薬のウィスキーを飲んで眠りについたようである。

 朝4時半起床。夜中に飲んだウィスキーのせいだろうか。少々吐き気がする。ばててしまうと困るので、少しだけ朝食をとる。6時少し前、小屋を発つ。予想通り、出発の頃から雨が降り出す。上は風雨とも強くなることが予想され、先へ進むか、退却するか相談した後、先へ進むことに決める。木道には立派な熊さんの糞が載っている。湿原を抜けると急な痩せ尾根となり、所々にロープや鎖がつけられている。下りきった所は立谷沢の本流にかかる清川橋である。ここからは急峻な道を登高していく。ハウチワカエデの紅葉も多く見られるようになる。千本桜の湿地帯は美しい紅葉が広がっている。上に行くに従い、加速度的に風雨が強まり、ピッチが極端に遅くなる。最初は錯覚かなと思っていたが、ハクサンイチゲがぽつんぽつんと咲いている。11時過ぎ、みんなより少し遅れて頂上小屋につく。小屋はすべて締まっており、トイレだけは入ることができた。ここで小憩し、食べ物を少し口に入れて、元気を取り戻す。
 下りは姥沢コースを選ぶ。上部は見渡す限りの紅葉が広がっている。多いのはカエデ類の黄色だろうか。(エゾ)オヤマリンドウも至るところに咲いている。雨降る中の木道を滑らないように慎重に下っていく。この風雨の中、登ってくる登山者は一人もいない。頂上から2時間ほどの下降で姥沢小屋へつく。志津温泉の湯に浸かってから、SOさんと私は新幹線さくらんぼ東根駅まで車で送ってもらう。そしてOさん、Tさんは肘折温泉登山口へと車の回収に向かった。
運転ありがとうございました。 すばらしい山行に感謝!

写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   


                    オリンパス E-500 _ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5で撮影



                  画像をクリックすると拡大します


幻想の森の杉(最上郡戸沢村古口


三ヶ月池までの道

登山口のマユミの実  登り始めのブナ  オオカメノキ  ブナ道はつづく
 三ヶ月池付近   葉山を望む
 葉山を望む (エゾ)オヤマリンドウ 三ヶ月池から望む
   月山

念仏ヶ原の紅葉

 背景は月山
 ナナカマド  サワフタギ  熊さんの糞