南八幡平・源太ヶ岳

                            
岩手県の山

松川温泉〜源太ヶ岳(1545M)〜大深山荘避難小屋〜お花畑〜松川温泉

登山日 2008年7月10日
参加者 2名
天候  曇
コース・タイム
 松川温泉7:20-8:35水場8:47-9:18分岐9:23-10:05源太ヶ岳(1545M)-10:53大深山荘避難小屋-11:05
 お花畑(水場)12:25-13:00分岐-13:18水場13:30-14:25松川温泉


 松川温泉の八幡平樹海ラインの分岐のところが登山口である。キビタキやオオルリの囀りも賑やかなブナ林を登高していく。1時間ほどでブナ林を抜けると視界が開け、背後には岩手山が望めるようになり、ミソサザイの元気な囀りが響きわたる。水場で飲む冷水は実にうまい。ルリビタキの囀りを聞きながら歩んでいくと分岐点にでる。ここからはオオバキスミレの咲く道となり、やがてお花畑にでる。オオバキスミレ、コバイケイソウ、アカモノ、シラネアオイ、ベニバナイチゴ、チングルマ等が咲いている。ウグイスの囀りを聞きながら源太ヶ岳の頂を目指す。頂からはハクサンシャクナゲの咲く稜線歩きがしばらく続く。霧で視界は全くきかないが涼しくて気持ちがいい。大深山荘は小屋内にトイレのついたきれいな避難小屋である。大深山荘からの下りはツマトリソウが多く、やがてのびやかな湿原にでる。アオノツガザクラ、チングルマ、ワタスゲ、カラマツソウ、イワイチョウ、イワカガミ、シナノキンバイ、エゾツツジ等が咲く花の楽園である。特にアオノツガザクラとチングルマの群生には魅せられてしまう。昨日の岩手山、明くる日に登った早池峰山は登山者が多かったが、ここでは登山パーティに会うこともなく、静かな空間で至福の中に身をゆだねるこができた。ここには水場があり、昼食をとったり、花の写真を撮ったりし、1時間20分ものゆったりとした時間を過ごした。天気予報では今日の午後は雨とのことであったが、幸いにも雨は一滴も降らなかった。分岐点からは往き道を下っていく。水場の所ではコガラがさわやかに囀り、ブナ林では往きとまったく同じ場所で、キビタキとオオルリが囀っていた。松川温泉の湯に浸かった後、明日登る早池峰山の麓の岳集落へと車で向かった。

      写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   


                  画像をクリックすると拡大します


   ブナ林    ブナ林    お花    お花    お花
   お花   イワカガミ 1      2      3      4
  イワウメ科
     5      6  ベニバナイチゴ   アカモノ ハクサンシャクナゲ
   バラ科   ツツジ科   ツツジ科
  コメツツジ ヨツバシオガマ 1      2      3      4
  ツツジ科  ゴマノハグサ科
  ウサギギク  ウスバスミレ カラマツソウ  1      2 アオノツガザクラ1
   キク科   スミレ科  キンポウゲ科    ツツジ科
     2      3      4      5      6
     7      8  エゾツツジ  1      2 シナノキンバイ 1
  ツツジ科  キンポウゲ科
     2      3      4   ワタスゲ ハクサンチドリ 1
 カヤツリグサ科   ラン科
     2      3      4  シラネアオイ  チングルマ  1
 キンポウゲ科    バラ科
     2      3      4      5      6
撮影機材:OLYMPUS E-3 (ZUIKO DIGITAL ED12-60mm F2.8-4.0 SWD)

       岩手山0807         早池峰山0807         東北・北海道の山