原生林の中を遡る・和賀岳・堀内沢・八滝沢

東北の沢・和賀山塊の沢
田沢湖駅〜夏瀬温泉〜堀内沢〜八滝沢〜和賀岳〜小杉山〜薬師岳〜滝倉〜甘露水〜小路又〜真木〜角館

登山日 2000年7月29日〜31日
参加者 山野、大内、折笠
コース・タイム
○7月29日(曇)
田沢湖駅11:30(タクシー)-12:05夏瀬ダム-12:35堰堤13:05-15:40朝日沢出合15:50-16:20シャチアシ沢出合-17:20三角錐の岩塔17:25-17:30キャンプ・サイト
○7月30日(晴)
6:50-7:20マンダノ沢出合7:30-7:48最初の8m滝-8:47、15mの滝上-10:15辰己又沢出合10:57-13:15沢が東へ直角に折れる-13:35、6mナメ滝-16:00、20m,10m二段大滝17:00-17:20キャンプ・サイト
○7月31日(晴)
6:55-7:40源流8:05-9:10稜線9:30-9:35和賀岳10:10-11:00小杉山11:12-11:42薬師岳12:00-12:28倉方-12:45滝倉水場13:05-13:40曲沢分岐-13:45甘露水13:50-14:05小路又14:25-17:00真木17:20(タクシー)-17:45角館

 当初、この時期には南八幡平・葛根田川へ行く予定であったが、アプローチの林道の地震による土砂崩れのため、行き先を急遽、少し南に位置する和賀岳・堀内沢に変更した。
私は今年の4月29日から5月1日にかけて初めて真昼山地・和賀山塊に入り、豊かな残雪とブナをはじめとした幽玄とした森の雰囲気にすっかりと魅せられてしまった。こんなに早く再び和賀山塊に、しかも憧れの堀内沢に入渓できるとは幸せこの上ない。積雪期の和賀山塊は、シベリア季節風を真っ向から受け、日本でも有数の豪雪地帯である。村人の山岳信仰やマタギの狩猟場でしかなかった、この山塊も最近はだんだんと登山者に注目されるようになってきたと思われる。
 和賀山塊には生保内(おぼない)川、堀内(ほりない)沢などの美しい渓があり、堀内沢はシャチアシ沢、朝日沢、マンダノ沢、辰己又沢、八滝沢などの興味ある枝沢をもっている。4枚の2.5万分の1地形図(羽後朝日岳、抱返り渓谷、大神成、北川舟)をつなぎ合わせると、大きな渓の流れが浮かびあがり、夢も拡がっていく。
田沢湖線の田沢湖駅から夏瀬ダムまでタクシーで入っていく。戻り梅雨のような最近の天気も今日から快方に向かっていくようである。30分ほど林道を歩いた後入渓する。渓幅は広く、淵はエメラルド・グリーンに輝く。流れは穏やかで、渡渉を繰り返しながら遡っていく。渓が描く光模様に心を奪われながら、巨岩の間を縫っていく。右岸より朝日沢が流れ込み、ここで下山する三人の若い釣り人と出会う。「八滝沢へ行ったが、最初の滝はホールドがなく、登れなかった。沢屋さんは岩の隙間に挟む物(ナッツのことらしい)を使って登って行った。それがないと手がかりがなくて登れない。高捲きもできずに戻ってきた。上にはイワナがいるんだが、行けなかった」と話す。そういう彼らも登攀用具で身を固め、ロープも持っている。しばらく遡ると左岸からシャチアシ沢が注ぐ。この沢は奥にヒネリ滝と呼ばれる100mの大滝を懸けており、入口の奔流する滝がこの沢の凄さを暗示している。やがて渓はゴルジュ状となり、激しい水の流れを織り交ぜながら、私達はワニ岩へと吸い込まれていく。両岸は緑濃い原生林に被われ、潤いに満ちている。沢の真ん中に三角錐の岩塔があり、その少し先の右岸の高台に格好の幕場があり、ツエルトを設営する。ブナ、サワグルミ、ハウチワカエデが生い茂り、焚火はいつまでも赤々と燃え上がる。ブナの樹の下で草枕・・・酔いが醒め、いろいろな思いがかけめぐる。

 30分ほど遡るとマンダノ沢の出合につく。支流の下天狗沢(龍又ノ沢)はゴルジュの中に登れる面白い滝が連なっているそうで、近いうちに是非入渓したいと思う。8mの滝を右手のルンゼ状の所から越すと、15mの「く」の字滝に出会う。昨日若者が話していた滝のようだ。一見簡単そうに見えるけれども、実際に取り付くとホールドが乏しく悪い。登りきると、12mの滝が眼前に大きく迫ってくる。右壁が登れそうにもみえるが、滑りそうな感じで怖れおののく。佳境の淵にしばし佇む。右岸の滑りやすい土壁を高捲いていく。懸垂下降すると深い淵となり、奥に8mの滝を懸けている。泳げばここを突破できるが、私たちは左岸を高捲いていく。ここで事故が起こった。木の枝を支点に大内さんが懸垂下降し、続いて折笠さんが懸垂下降した。その時にロープが枝から外れ、5mほど滑落した。スリングを使おうと何度か話しながら、結局使わずに事故が起こってしまった。悔いの残る出来事であり、本当に申しわけない気持ちでいっぱいだ。幸いにも怪我はなく、救われる思いであった。「アアッー」と声を発して滑落して行った時は、息が止まるほどの衝撃が走った。スリング1本を使い惜しんだための事故であった。
 衝撃のため、しばらくはちゃんと歩くことができない。何でもないところで滑り、頭を強く打ってしまう。でもヘルメットを被っていたので、「メリッ」という音だけで済んだ。右岸より辰己又沢を迎え、ここでソーメンを食べる。再びゴルジュを通過すると、渓は豁然とひらけ穏やかとなる。燦々と降り注ぐ陽射しの中でしばらく釣りを楽しむ。大内さんは5匹ほど釣り上げご機嫌だ。このあたりはイワナがいっぱい棲んでいるようだ。相変わらず、サワグルミやハウチワカエデの巨木が渓を被っている。コマドリが名調子で謡い、キセキレイがそばまで寄ってくる。6mの滝をシャワークライムで越えると、素晴らしいナメが続く。先ほどの衝撃は癒され、心は和んでくる。水が濁ってきたなと思ったら、雪渓があらわれる。渓は直角に折れ曲がり、やっと朝日岳から和賀岳へと続く緑の稜線が見渡せるようになる。暑いので水の深いところへどんどんと入っていく。水量豊かな7mほどの滝が行く手を塞ぐ。両岸とも絶壁である。折笠さんが「イワナが滝を登っている」と言う。イワナは滝を、我らは左手のホールドのほとんどないチムニーを突っ張りながら登っていく。水量は大分減り、ゴーロやナメの中をしばらく遡っていく。20mの大滝が水を飛散させながら見事に落下する。左から高捲いていく。大滝の上にも10mくらいの滝が懸かっており、そこは急斜面で一見高捲けそうにない。大高捲きを試みたが、先の展望が見いだせない。下降し、小さく捲くバンドを見つけ、この難場を切り抜ける。しばらく小滝やナメの中を遡っていく。狭いながらも良さそうな台地があったので、時間をかけて整地し、ツエルトを何とか設営する。まさに漂泊という言葉がぴったりの素晴らしい幕場であった。マーボ豆腐を食べ、イワナの塩焼きを食べ、お酒も回って、「事故はあったが、怪我もなく、無事にここまで来れて良かったなあ」と感謝の気持ちでいっぱいになり、眼も潤んでくる。そのうちにウトウトしてくる。お二人さんは焚火を囲んでいつまでもお酒を飲んでいる。私も起き出し、ちょっぴりお酒を飲む。空は満天の星。天の川が美しい。頂からのそよ風に吹かれ、みんな至福でいっぱい。和賀源流での今夜の想い出はこの先幾年重ねても決して忘れることはないであろう。

 ミソサザイの囀りで眼を醒ます。小鳥の囀りと小川のせせらぎを聞きながら、モーニング・コーヒーを飲む。「ああ何と美味しいんだろう」今日もピーカンのすがすがしい天気。朝日が岳樺を照らし出す。和賀源流の無垢とした大自然を慈しみながら、澄んだ水の中をヒタヒタと遡っていく。一歩一歩を楽しみながら、ゆっくりと。ついに最後の源流にやってきた。冷たい湧き水で身を清め、深呼吸する。1時間ほど笹藪を漕いでいくと、そよ風の流れる緑の稜線に出た。みんなの顔から笑みがこぼれる。感激の握手を交わし、至高のひとときが風とともに流れていく。ほんのちょっと登ると広々とした和賀岳の頂につく。標高1440m。ハクサンフウロ、トウゲブキ、ツリガネニンジンなど色とりどりの花がいっぱい咲き乱れている。花の匂いが鼻先を掠める。360度、見渡す限り山、山、山の連なり。奥羽山脈は美しきかな・・・・・・頂上には一人の登山者が休んでいた。彼は高下(こうげ)から登ってきて、途中で至近距離にいるクマに遭遇したという。
 コヒョウモンがクガイソウの花の上を舞う。下りは強い陽射しのため、顔も手もヒリヒリするようだ。発達した太平洋高気圧の影響で、秋田市では37.9度を記録したようだ。緩やかな起伏の稜線を汗にまみれながら下っていく。やがてブナの森に入り、気持ちも鎮まってくる。滝倉沢の冷たい水を飲んだ時はうまくて喉がなった。とにかく暑い。冷水で顔や手を洗っても、じきに火照ってくる。春に来た時は雪で分かりにくかった道も、今日はスイスイと下れる。小路又でタクシーを呼んだが、圏外のため携帯電話は通じない。炎天下、真木渓谷沿いの林道を2時間半歩き、17時に真木に着く。
 ほんのちょっとした不注意で事故は起こる。今回の事を肝に銘じ、反省点を今後の山行に生かしていきたい。

       



写真撮影:大内さん等
写真説明 : 上から
  15m「く」の字滝
  12mの滝
  6mの滝(シャワークライミング)
  苔で被われた八滝沢源流
  和賀岳頂上
  高山植物に囲まれて・和賀岳頂上

                   写真の続きはこちら