北上山地・姫神山


 曲は Tender Lullaby

東北の山・北上山地
一本杉登山口〜姫神山〜こわ坂登山口〜一本杉登山口


登山日 2006年5月21日
参加者 単独
天候  晴
コース・タイム
 大宮8:22-10:40盛岡11:10-11:33好摩11:37(タクシー)-11:50一本杉登山口11:58-12:16五合目-13:10
 姫神山14:10-14:58こわ坂登山口-15:15一本杉登山口15:30(タクシー)-15:40石川啄木記念館16:25
 (タクシー)-16:30渋民16:57-17:17盛岡18:05-20:10大宮

姫神山(ひめかみさん)は端正な姿をした山である。岩手山、早池峰山とともに奥羽三鎮と称され、信仰の山とされてきた。いつか登りたいと思っていたところ、JRの一日乗り放題6000円のフリーキップが発売され、思い切って日帰り登山を計画した。いわて銀河鉄道に乗車すると、車窓からは雪を被った岩手山がよく見える。電車は新緑の美しい田園地帯をゆったりと走っていく。そして渋民駅に近づくとなだらかな裾野をひろげる姫神山が目にとびこんできた。やはり6000円のフリーキップで今朝、千葉県の館山からやってきたという女性ら3名とともに好摩の駅で降り、タクシーで一本杉登山口までいく。
 こちらへやってきて知ったことですが、今日は9時から山開きが行われたようである。すがすがしい新緑があたりを包んでいる。センダイムシクイ、オオルリ、キビタキ、ウグイス、ヒガラの囀りが快い。アカマツの茂る階段状の道を登っていくと直に五合目につく。ここから90度右に折れると、ミズナラ、ブナ、岳樺等の落葉樹の林となる。山開きにやってきた人達が次々に下山してくる。頂上近くにはカタクリが咲いているが、大分しおれている。近くに沢などないような気がするが、ミソサザイが賑やかに囀っている。最後はおおきな花崗岩の中を登っていくと、姫神山1124Mの高みにつく。休憩なしで一気に頂上まで登ってしまった。
 頂きからは大きな景色が展開する。西には北上川を越えて岩手山がひときわ大きく鎮座し、その右手には大松倉山、大深岳、茶臼岳と南八幡平や八幡平の山々が連なっている。北には七時雨山の双頭峰も望まれ、南東には早池峰山が遠くに霞んで見える。頂きには今日二回目の姫神登山という地元の方がいて、姫神山の伝説等を聞かせていただく。帰りのタクシーの運ちゃんによれば、この方は連日のように姫神山に登っているようだ。すっかりとノンビリとしてしまい、頂上には1時間ほどいたようだ。はるばるみちのくまで来たのだから、あわてて帰る旅でもない。まったりとした時間に幸せを感じた。
 下りはこわ坂ルートを選ぶ。名に反して、優しい緩やかな道だ。頂上直下にはカタクリが群生し、その美しい姿を一面に広げていた。その他、コフウロ、エンレイソウ、ミヤマエンレイソウ、ヒトリシズカ、ニリンソウ、タチツボスミレ等が咲いている。新緑の中ではコルリ、ヒガラ、アオジ、ウグイスがさわやかに唄っている。そう言えば、今日は姫神山の山開き。山全体が瑞々しい春の歌で出迎えているような気がした。
待ち合わせの3時半に一本杉登山口までタクシーが迎えにくる。往きの4人が一緒に車に乗る。私だけは途中下車し、石川啄木の記念館に立ち寄る。民衆の歌、ふるさとの歌をうたった啄木。啄木が育った渋民をしばらく散策する。渋民は岩手山や姫神山を望む田園風景に包まれていた。いわて銀河鉄道がゆったりと走っていく。


* ** 啄木のうたから ***

やわらかに柳あをめる
北上の岸辺目に見ゆ
泣けとごとくに

霧ふかき好摩の原の
停車場の
朝の虫こそすずろなりけれ

かにかくに渋民村は恋しかり
おもひでの川
おもひでの山

ふるさとの山に向ひて
言ふことなし
ふるさとの山はありがたきかな

今日ひよいと山が恋ひしくて
山に来ぬ。
去年腰掛けし石をさがすかな。

  

                                           玉山村・渋民から望む姫神山

 

            姫神山1124M                         岩手山2038M

               カタクリ

 

            エンレイソウ                        ミヤマエンレイソウ

 

             ヒトリシズカ                          ヒメイチゲ

 

           キバナイカリソウ                     石川啄木記念館(玉山村・渋民)