雪のブナ林に憩う・船形山


  曲は Spring Come Soon
東北の山・宮城県の山・蔵王・船形連峰
旗坂キャンプ場〜三光ノ宮〜升沢小屋〜三光ノ宮〜旗坂キャンプ場

登山日 2000年3月24日〜25日
参加者 山野Y、山野T
コース・タイム
○3月24日(雨のち曇のち雪)
旗坂キャンプ場8:20-9:17旗坂平-12:30三光ノ宮-14:00升沢小屋
○3月25日(雪)
升沢小屋7:40-11:45三光ノ宮-13:15鳴清水-14:30旗坂キャンプ場

 雨が降り出した。それも二つ玉ではなく、めずらしい三つ玉低気圧がやってきた。しかもその後は冬型で東北、北海道は雪が降るという。「こんな大荒れの山にどうして行くの」と言われそう。「山の美しさは天気のいいときだけじゃないよ。雪ふるブナの林に抱かれたい」と、ツエルトに加え、テントまで装備に加えてでかける。
夜行バスで仙台まで行き、地下鉄の泉中央駅からタクシーに乗る。運ちゃんがおもしろい女性で、1時間ばかりの間ずっと喋りっぱなし。山には山菜採りにちょくちょく来るという。「明日、私は非番なので、自家用車で登山口まで迎えにきてあげる。降りてくる時間を教えて。山から下りて来ても車がないと困るでしょう。ほんとうにこんな所に降ろしちゃっていいの」と言う。「明日帰るかどうか分からないし、帰っても何時になるか分からないので」と丁重に断る。とても親切な方で気持ちがいい。結局のところ、帰りも親切な地元の方に巡り会え、大和町吉岡のバス停まで車で送ってもらう。素朴なおっちゃん達で、心暖まって山から降りることができた。
 登山口に着くと、警察の車が停まっている。67才の男性が一人でスキーにでかけ、予定を過ぎても下山しないので捜索隊が出動したと言う。「何か分かったら連絡して。あなたたちも遭難しないように」と見送られる。はじめのうちは小雨が降っていたが、そのうちに止み薄日が射し込むようになる。急登、平坦、急登とソナタのように繰り返されるブナ林の中をゆっくりと登っていく。ヘリコプターが再三飛来し、遭難者を探している。捜索隊の方のトレールがあって、三光ノ宮あたりまではなんとかルートはわかる。一瞬、蛇ヶ岳と船形山の山頂が見え顔もほころぶ。ここから升沢小屋への道はブナからオオシラビソそして灌木帯へと変わっていく。激しい風雪で雪煙が渦巻き、トレールはまたたく間に消えてしまう。わかりにくい道はさらにわかりにくくなり、ホワイト・アウトになりそうな雰囲気。テントの張れそうな所を探しながら歩いていると升沢小屋につく。ここでオレンジ色のアノラックを着た10名くらいの捜索隊の人たちと出会う。遭難者は頂上の避難小屋にいて、無事救出されたようだ。捜索隊が降りて行ってしまうと山はぼくら二人だけの世界となる。升沢小屋は雪で屋根まで埋まっている。それでも捜索隊が苦労して掘ってくれたので、今晩はそこに泊めさせてもらう。夜、雪はしんしんと降る。ラジオの天気予報では明日、あさってと東北地方の山沿いは大雪になるという。煙突のような入口が雪で塞がらないように気をつかう。

 雪は降り続き50〜60cmの新雪が積もった。頂上は強風で唸っている。予備日を一日とってあるが、もう一日待ったら、ツボ足では帰れそうにない。船形山の頂はすぐ上だが、今日は頂上をねらわず、下山することに決める。大雪でトレールはきれいに消え、深い雪をラッセルしていく。昨日通ったばかりなのに迷路のような道。風は唸り、雪は激しく降る。昨日は捜索隊がつけたトレールを辿ってきたが、その道は夏道から外れている所も多かった。今日ぼくらの歩いている道は昨日巡り会わなかった「不動岩」とか「鳴清水」などの道しるべがある。三光ノ宮からの下りは雪で着飾ったブナがすばらしい。悪天候?が幸いして、森は美しく生まれ変わった。どこを向いても雪とブナ。兎の足跡もない。小鳥の地鳴きさえ聞こえない。それでも遠い昔から歌いつがれてきた森の詩が聞こえてくる。雪にもぐり、地図と磁石と赤布を頼りに彷徨いあるく。この天気じゃ誰も登ってこない。ぼくらだけの静かな世界に心はふるえる。怖いくらいブナの森に溶け込んでしまう。なんだかここらにテントを張りたい誘惑にかられてしまう。これは「悪魔のささやき?」それとも「森の精のささやき?」。
 頂上は踏めなかったが、とても楽しい夢のような二日間だった。山から帰ってきて、「みんなちさこの思うままさ」の残り半分を読む。三光ノ宮のブナの森とちさこのブナの森が重なり合い眠れない。山から帰ってきたばかりだというのに、雪に囲まれたブナがまた私を誘う。「森の精のささやき」なのだろうか。
近年、船形山はブナ林の伐採が進み、ブナが危機にさらされている。これ以上の破壊からブナを守っていかなければならない。

 ブナは金の露。私達に潤いと夢をはこんでくれる。

   

      旗坂平付近のブナ                   粉雪の舞う三光ノ宮付近

   屋根まで雪に埋まった升沢避難小屋            Top page