渡渉から雪稜へ・春の飯豊連峰縦走


東北の山
越後下関〜杁差岳〜頼母木山〜北股岳〜飯豊本山〜梅花皮小屋〜温身平〜小国
   
登山日 1967年4月30日〜5月4日
参加者 山野T、山野Y、市倉
コース・タイム
○4月30日
越後下関7:20-7:45大石-9:30クロテ沢-12:55さわぐるみの保安林(昼食)-13:30 うじ沢-14:20すの沢-17:15鉱山跡着-17:55大熊小屋
○5月1日 
6:10-11:00一杯清水-13:00、1300m付近の雪の台地
○5月2日
6:40-8:30杁差岳-10:45大石山-11:10大石山と頼母木山との鞍部-14:05頼母木山 - 15:15地神山-16:00扇ノ地紙着-16:45門内小屋
○5月3日
6:20-7:05北股岳-11:05御西岳-17:55門内小屋-19:35梅花皮小屋
 ○5月4日 
6:35-7:15温身平-12:15長者原15:40-16:50小国

 飯豊山は新潟、山形、福島三県の県境に股がり、大日岳(2128m)を最高降として、北の杁差岳(えぶりざしだけ1636m)から南にのび飯豊本峰(2105m)を通り、20km、三国岳(1631m)に連なっている。冬季の飯豊山は、厖大な積雪と北ア、谷川岳以上の悪天候のため、登山者は皆無に等しい。しかし季節風も止み、雪崩の落ちついた5月上旬の飯豊は、残雪と新緑の東北特有の楽しさを満喫することができる。
飯豊の春山は雪崩よりも渡渉の心配が最初から最後までつきまとうのである。ほとんどのルートは沢沿いにあり、スノー・ブリッジで済むか、渡渉になるかにより、行動時間に大きな影響をきたす。従って、重荷の場合は三つ道具、ザイルは必ず持参すべきである。
 私たちは5日間の予定で、北の杁差岳から主脈を縦走し大日岳を経て湯ノ島へ下る予定であつたが、時間的な都合で予定を変更し、石コロビ沢より長者原へ下山した。

4月30日(晴)
 バスは多量の雪解け水を運ぶ大石川の流れに沿って、閉ざされた冬の重圧から開放された長閑かな村落を縫って行く。眼前には春浅き飯豊連降が遠くのぞまれる。これから、あの白き嶺々に登るんだと思うと、胸が締付けられるかのように動悸する。やがてバスは登山口の大石に着く。村の人の話だと、この北面からの杁差岳登山者は今年に入つて、まだ1パーティもないとのことであつた。快晴下、静謐な村の畑道をしばらく歩いて行くと、大石川の右岸に出る。峻嶮な崖の下の峡間を青く淀んだ水が流れ、不気味な渓谷美を呈している。左岸に渡り、しばらく行くと東俣と西俣の分岐点に着く。山の中腹を巻きながら、山つつじ、山桜の咲き誇る道を溢れるような春の陽射しに照らされて歩いて行く。もう、たちまちのうちに衣服は汗で濡れてしまい、塩辛い液体が眼の中に入ってくる。何しろ、大熊小屋に辿り着くまでには、10数本に及ぶ支流を横切らなければならないのだ。それも、遙か下の沢底まで一気に下り、また下つた分だけ一気に登り返さなければならないのだから、気の遠くなるような話だ。
 全身汗に塗れ、眠けの出てくる頃、風化した岩肌をもったところに出合い、我々から睡魔を追い払ってくれる。ザイルを引き出し、慎重にここを通過し、それに続く急坂を駆けるように一気に下ると、さわぐるみの木の立つ雪原に出る。ここで軽い昼食を取る。ここより先は、雪に閉ざされた深いブナの原生林の中で、どこへ道を取るべきか少々戸惑う。深閑とした密林の中を蚊と蠅に悩ませられながら、しばらく行くとうじ沢に出る。うじ沢、すの沢と腰まで雪解け水につかって渡渉する。相変らずブナの生茂る薄暗い道を黙々と歩いて行くとゼガイ沢に出る。流れが急で、一気に本流に吸い込まれている。上方には不安定なスノー・ブリッジがあるが、その地点に行くまでが危険である。やむなく、ザイルを出し、キスリングをチロリアンブリッジにて対岸に運ぶ。この沢を通過するのに1時間もの時間をかけてしまい全員疲労気味だ。この沢を渡り切つたところに鉱山跡があり、往時をしのばせる機械類が雑然と置かれている。時計を見れば、すでに5時を過ぎている。薄暗い雪の斜面を何回も何回も慎重なステップを刻みながらトラバースする。やがて体力も尽きる頃、待望の大熊小屋に着く。午後6時、星が鈍く瞬いている。小屋の中には、鍋にやかん、それに釣竿まで揃つている。まして無人小屋であることが何よりもすばらしい。夜はひっそりとした小屋の中で榾火にあたりながら夕食をとる。

5月1日(曇のち風雨)
 朝起きると、星がまばらではあるがのぞかせている。非常に暖かく、雨でも降りそうな不気味な朝だ。大熊小屋から大熊尾根取付きまでの道は夏道を知らないと非常に苦労させられるところだ。我々もルート・ファインディングに多くの時間を費やしてしまう。小屋の前の道を真直に行くと鉾立沢に突き当たる。ここを左に折れ、橋の取付けられた大熊沢を渡る。すぐ左手の急坂を登るとブナの生茂る広い道に出る。新緑の叢林の中に指導標が立っている。ここまでくればもう安心だ。ここより一杯清水までジグザグの急登が続く。雪の消えた道のあちらこちらにぜんまいが首を出している。道の両側には、こぶしや山つつじなどが可憐な花をつけて咲き乱れている。眼下には新緑のブナの原生林が春の美しさを添えている。尾根を2時間ほど歩くと今まで眼に鮮やかに映っていた大熊沢の雪渓は、すっかり霧に包まれてしまう。同時に低く垂れこめた灰色の天から、もう我慢できなくなったかのように雨がポツーン、ポツーンと降ってくる。葉擦が激しくなると、雨もだんだん激しくなり、やがて山全体が嵐と化す。一杯清水で軽い昼食を取り、しばらく行くと、広い雪の斜面に出る。慎重にステップを刻みながら登高する。相変らず風雨が強く、全身ずぶ濡れだ。気温も下り始め、身が震えてくる。やむなく、1300m付近の雪の台地に雪洞を堀ることにする。風雨の中をガタガタと身を震わせながら三人で交代しながら堀る。雪ノコとシャベルを駆使すること2時間半。漸くにして今日の塒をこしらえる。雪洞の中は外の狂躁が信じられないほど静かだ。濡れた衣服を乾かしながら、皆眼をまるくして山の話に興じる。

○5月2日(晴)
 早朝、雪洞から抜け出て空を見る。紺碧の空に星が零れんばかりに輝いている。眼前には二王子岳が鎮座している。我々はアイゼンをつけ、雪洞を後にする。左手には大熊沢の各ルンゼ、右手に鉾立沢と鉾立峰を望みながら高度を稼ぐ。やがてカリヤス平という小さな台地に出る。北には朝日連峰が、東には上越の白い山波が朝の陽光に照らされて眩い。巨大な雪庇を眺め、ナイフリッジを通り過ぎ、雪に隠れた新六ノ池を通り抜けると杁差岳への雪の急斜面が我々を待っている。夏にはニッコウキスゲ、秋にはミヤママツムシ草が咲き乱れるというこの道は、今はたゞ白一色の雪の斜面だ。眼前には杁差岳が悠然とした姿で立つている。朝の冷気でクラストしたこの雪の斜面を雷光線形にステップを刻みながら登つて行く。アイゼンとピッケルの軋む音だけが快よく耳打つ。やがて立派な避難小屋の立つ杁差岳山頂に着く。始めて踏む飯豊連峰の頂である。頂に雪はほとんどなく、小さな池塘がいくつか散在している。南に眼を向ければ、これから辿る地神山、北股岳、飯豊本山への縦走路が峻烈な春の陽光をあびて、その白い雪の肌を一層白く輝かせている。
 さあ!いよいよ国境稜線の縦走だ!突き抜けるような蒼空の下を散歩気分で快調に進む。鉾立峰、大石山を順調に越し、たもぎ頼母木山の少し手前の草原で昼食を取る。春の陽射をいっぱい受けて、勝手気儘な食事を取る。キスリングの中のものをすべて放り出し、昨日の雨で濡れた衣類やシュラフ、エアーマット等を乾かす。ここから見る稜線は決まって東面はべっとりした雪をまとい、逆に西面は雪のない豊かな緑の芽生えがあった。雪と草原の境目は見事な雪線を描いている。雪線を浮彫りにする白と緑の色彩は何らの濁りも憂いもなく、鮮かであった。夏ともなれば、この付近には、きっと沢山のウスユキソウが咲き溢れているに違いない。とにかく、気が遠くなるほどいい天気だ。1時間半もの大休憩をとる。もう全く歩く気がしない。惰性で頼母木山、地神山の急登を越し、夕刻に今日の塒である門内小屋に着く。小屋の中は非常に汚く、1時間もの時間をかけて丹念に清掃する。小屋の外は冷たい風が吹き抜けている。威圧的な二王子岳の東面は夕日に映えて鎮座している。やがて山々が翳り、赫々と燃えた太陽が日本海に沈むと、急に肌寒くなってくる。小屋の中では、先刻から兄が折れたピッケルを素人離れした手つきで修理している。タ食が終る頃には夜空に沢山の星が煌めき、明日の晴天を告げている。

5月3日(晴)
 今日もまた快晴。都合により大日岳への縦走を変更し、軽装で飯豊本山へと向う。カメラを手にぶら下げて、鼻歌まじりで雪の斜面を登高する。朝の微風が頬を快く撫でて行く。笹道を見送り、這松の茂るジグザグの急登を登りつめると、北股岳の頂上だ。頂上には鳥居がある。飯豊本山、大日岳が真近に迫つて聳え立っている。ここからは雪田の道、這松の道、笹藪の道と目まぐるしく変化する。十文字鞍部、かいらぎ梅花皮岳、鳥帽子岳を過ぎると純白の雪の道が御西岳まで美しく続いている。強い陽射を受けて、どの顔も真黒に陽焼けした春の顔だ。皆、カメラのシャッターを切るのに忙しい。午前11時、雪で屋根まで埋つた御西小屋に着く。ここで、思い思いの昼食を取る。ここからは遙か遠く磐梯山ものぞまれる。
飯豊本山への道は雪がほとんどついておらず、緑と灌木と笹、それに砂礫の道が続いており、夏を思わせるように長閑かだ。それとは逆に、大日岳への道は雪で真白に覆われており、白銀の冬の世界だ。我々は飯豊本山へと向う。生茂る笹を掻き分け、頂上直下の這松と岩石の道を登りつめると大望の頂上だ。2105m。飯豊連峰では大日岳に次ぐ高峰だ。今まで歩んで来た鳥帽子岳、北股岳、地神山それに遠く杁差岳があざやかだ。眼に映るどの山もそれぞれ風格ある山容をなしている。帰りは往路を忠実に下る。帰り道といえども、往きと変らぬぼど登り降りが激しい。皆、疲労気味で足が思うように前へ進まない。漸く午後5時、梅花皮小屋に着く。門内小屋よりはるかに快適な小屋なので、今日の塒はここに決める。夜は強風と霰が夜遅くまで吹き荒れる。

5月4日(晴)
 今日もまた、雲一つない快晴。あまりにも空が青く、指を突き出せば指が青く染まるような感じだ。日本五大雪渓の一つに数えられる石コロビ沢の雪渓を慎重にステップを刻みながら下る。見上げれば相変らず真青な空に見事なスカイラインを描いている。長い長い雪渓を下り、原生林の生茂る道を梅花皮沢に沿って下つて行くとぬくみ温身平に着く。ここから長者原までは整つた道が担々と続いている。道には沢山の花が蕾を抱えて綻び始めようとしている。村に近づく頃、せせらぎの中に清楚な水芭蕉の群生をみる。山麓には沢山の山桜が美しく咲き誇り、春の陽が爛々と匂っている。この奥深い山間の村にも春の躍動が始まったのだ。