秋の一切経山・東吾妻山

                        曲は Tender Lullaby


東北の山・福島県の山

浄土平〜一切経山〜鎌沼〜東吾妻山〜景場平〜兎平
登山日 2008年10月10日
参加者 3名

天候  晴
コース・タイム
兎平駐車場6:47-8:12一切経山8:30-9:00酸ヶ平避難小屋-9:38東吾妻山への分岐点-10:25東吾妻山10:45-11:40景場平11:57-12:20鳥子平-12:50兎平駐車場

 吾妻小舎を早朝に発つ。一切経山は岩山で中腹にはお釜もある。火口壁を見ながらガレ場の急坂を登っていく。左手の蓬来山のダケカンバ等の紅葉が美しい。ハイマツの実をつついたり、飛翔したりするホシガラスの姿を頻繁に見かける。登山口の浄土平から一切経山の頂そして東吾妻山の頂にかけて夥しい数のホシガラスにお目にかかった。1時間半ほどの登高で一切経山の頂についた。北側を俯瞰すると、五色沼がコバルトブルーの水をたたえて鎮まっている。この沼は”魔女の瞳”と呼ばれているようで、素敵な眺めである。頂上から少し下ったところで、ホシガラスがガーッ、ガーッと鳴いて間近に寄ってくる。60mmのレンズでも何とか写真を撮ることができた。酸ヶ平避難小屋を経由して鎌沼のある湿地帯の木道をのんびりと歩んでいく。青空と緑の山肌と草紅葉のコントラストが美しい。クロマメノキの紅葉が赤い絨毯のように染まり、秋の開放的な気分が漂っている。東吾妻山は岩の多い溝状のぬかった道で歩きにくい。オオシラビソ、コメツガ等の針葉樹林の山なので、紅葉は望めない。47分の登高で頂についた。吾妻連峰の山並みが見渡せるが、空気はもやっている。この頂でもホシガラスが次から次へと飛来し、頂上の標識やハイマツにとまって遊んでくれた。昼食後、景場平へ向かって下っていく。ぬかるんでいる上に岩が多く、とても歩きにくい道である。景場平の湿原で癒されたのも束の間、再びどろんこ道がしばらく続いた。


                     撮影機材:オリンパス E-3 _ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

    写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

                        吾妻小舎の朝     
               
 
          
              吾妻小舎                          浄土平から望む一切経山 
                           浄土平から蓬来山を望む

 

                                  浄土平

        写真2         前日に登山した鬼面山・箕輪山