一面に咲き乱れる駒草・岩手山

                            
岩手県の山

焼走キャンプ場〜噴出口跡〜ツルハシ分れ〜焼走キャンプ場

登山日 2008年7月9日
参加者 2名
天候  曇のち晴
コース・タイム
 焼走キャンプ場11:27-13:30噴出口跡-コマクサ群生地15:00-16:40焼走キャンプ場16:55-17:40松川
 温泉


 これから3日間の北東北の山旅(岩手山、源太ヶ岳、早池峰山)に備え、盛岡駅でレンタカーを借りる。友人の運転で焼走キャンプ場へと向かう。キビタキの囀りを聞きながら、ミズナラやブナ等の混交する熔岩流に沿った道を登っていく。気温が高く、汗でびっしょりである。2時間ほどの登高で噴出口跡につく。眼下には大きな裾野が広がっている。ここから700m位、登山道の上下にコマクサが咲き乱れていた。噂に違わぬ実に見事なコマクサ畑に感動する。1時間半ほどコマクサと遊んで、往路を引き返した。夜は明くる日の源太ヶ岳登山に備えて、松川温泉に宿泊した。ここの露天風呂は気持ちよかった。

写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

                  画像をクリックすると拡大します


   コマクサ 1      2      3      4      5
   ケシ科
     6      7      8      9      10
     11      12      13      14      15
     16      17      18      19      20
     21      22 ベニバナイチヤクソウ  シロバナニガナ   クルマバソウ
 イチヤクソウ科     キク科    アカネ科
 ハクサンチドリ  ミヤマハンショウズル  ズダヤクシュ    熔岩流
   ラン科  キンポウゲ科  ユキノシタ科
撮影機材:OLYMPUS E-3 (ZUIKO DIGITAL ED12-60mm F2.8-4.0 SWD)

    南八幡平・源太ヶ岳0807        早池峰山0807        東北・北海道の山