蔵王連峰・刈田岳

                         
宮城県の山・山形県の山

みやぎ蔵王スキー場・すみかわスノーパーク〜刈田岳1758M〜すみかわスノーパーク

登山日 2008年2月10日
参加者 5名
天候   雪ときどき曇
コース・タイム
 すみかわスノーパーク・第三リフト上9:40-12:00避難小屋・刈田岳14:00-15:30すみかわスノーパーク・
 第三リフト上-16:05ゲレンデハウス


 前日に遠刈田温泉の民宿に泊まる。昨夏、屏風岳・不忘山登山の折りに泊まったところである。大きな庭園にはポニーがいる。宿には秋田犬のハクちゃんがカモの雛と散歩したり、雛がハクちゃんの上にのって戯れる写真が飾ってあったりして心が和む。夕刻、明日同行するSさんがひょっこりと顔を出す。ここに泊まると思っていなかっただけに、ちょっとびっくりする。話し相手もいなく寂しいと思っていただけにうれしい。美味しい山形の地酒を飲みながら、山の話に弾む。とは言っても私は下戸なので、あまり飲めませんでしたけど。彼は地元の朝日連峰に通い続け、長距離走もやるようで、通りで山で健脚なわけなんですね。
 夜に降り始めた雪は朝の3時頃には止む。積雪は20cm位。美しく雪化粧した朝を迎える。Sさんの車で蔵王エコーラインの途中にあるすみかわスノーパークまで行く。ここで同行する3人と落ち合う。樹氷鑑賞と名づけられた今回の登山は私(埼玉)以外は東北の方々(宮城2名、岩手1名、山形1名)で、2004年の夏に鳥海山へ登った時のメンバーです。リフトを3つ乗り継ぎ、降りて右へ少し行った所から左へ入り、登山開始です。
 新雪で綿帽子となったアオモリトドマツの中に入ります。新雪は40cm位でしょうか。ふかふかとして気持ちがいいです。スノーシュー、スキー、ワカンと三様の身繕いでした。私は昨年二月の奧日光以来のスノーシューです。雪がちらつき、視界はよくありませんが、地元の経験者がいるので心強いです。標識やポールに導かれて西へ西へとほぼ直線的に登って行きます。雪のため樹氷群も姿をかき消されています。でも静かな雪の世界に心は満たされます。避難小屋直下で一時風が出ましたが、おおむね風は穏やかでした。2時間20分の登高でちょうど12時に刈田岳の避難小屋に到着する。小屋には石油ストーブがあります。ここで楽しい昼食をとる。わずかながら時々日も差すようになり、小屋で1時間、刈田嶺神社付近で1時間、合計2時間ほどのゆったりとした時を過ごす。ただただ白い世界でした。
 帰りは幾分視界もよくなり、樹氷群の一部を見渡せるようになる。白と青のスカイラインを見ることができればいいのですが、そんな贅沢はいいません。私はこれで十分に幸せです。パチパチとシャッターを切りますが、コントラストが弱く、撮影は難しいですねぇ。Tさんの車でスキー場から白石蔵王駅まで送ってもらう。
どうもありがとうございました。


写真のスクロールまたはスライドショウはカメラをクリックしてください   

                  画像をクリックすると拡大します


民宿・やまびこ荘   刈田岳山頂
  刈田嶺神社
撮影機材:OLYMPUS E-3 (ZUIKO DIGITAL ED12-60mm F2.8-4.0 SWD)