堀内沢・マンダノ沢・上天狗沢から羽後朝日岳

東北の沢・秋田県の山・和賀山塊の沢
田沢湖駅〜夏瀬温泉〜堀内沢〜マンダノ沢〜上天狗沢〜羽後朝日岳〜部名垂沢〜夏瀬温泉〜角館

登山日 2001年8月11日〜14日

参加者 山野(CL)、高松、遠藤

コース・タイム

○8月11日(曇のち晴)

田沢湖駅9:57(タクシー)-10:20夏瀬ダム10:35-11:02堰堤11:35-14:30朝日沢出合-16:03シャチアシ沢出合-17:35三角錐の岩塔-17:40キャンプ・サイト

○8月12日(曇)

6:50-7:30マンダノ沢出合7:45-12:20蛇体淵手前の河原(昼食)13:15-14:40二俣(上天狗沢・下天狗沢)(キャンプ・サイト)

○8月13日(曇)

6:45-10:15源流の三俣-12:15藪漕ぎ終了点-12:30朝日岳13:13-13:45部名垂沢・下降点14:07-14:30最初の滝(6m)-16:15二俣-17:30センノ沢先の河原(キャンプ・サイト)

○8月14日(晴)

7:20-8:25林道終点9:10-9:50夏瀬温泉への分岐点(車)-10:15夏瀬温泉・吊り橋の手前-10:30夏瀬温泉-角館

 昨年、真昼山地・和賀山塊に二度訪れた。最初は4月の薬師岳、二度目は7月の堀内(ほりない)沢・八滝沢であった。春は豊かな残雪とブナをはじめとした幽玄とした原生の森の雰囲気に、夏はその森を縫う清流に魅せられた。訪れる人も希な羽後朝日岳を源とするマンダノ沢の遡行は私にとって昨年の夢の続きであった。今回同行の二人はいずれも今年になって沢登りを始めたばかりであり、ゆっくりと安全に遡行することを心がけた。そしてブナやサワグルミに包まれた和賀山塊の渓を漂う嬉びを三人で分かち合えたら、この上ない幸せだと思った。

 秋田県の田沢湖駅から夏瀬ダムまでは20数分タクシーに揺られる。盛夏だというのに、薄緑の樹々が茂り、まるで初夏のような瑞々しさである。ヒメフウロが咲き、夏草の甘い香りの漂う林道を30分ほど歩く。堰堤を越えたところから入渓する。闊達とした流れの中に身をさらし、冷たい水が心地良い。水は澄み渡り、エメラルド・グリーンの深い淵のところでは泳いでみたい衝動にかられてしまう。時々カワガラスが渓流の音に負けまいと高鳴きしながら飛び去っていく。遠藤さんが少し流れが急なところで足を滑らせ、いろいろと指示をしていると、15Kg位の荷を背にしてこちらに泳いでくる。“泳ぎの達者な人はいいね”と感心してしまう。シャチアシ沢手前の深い淵はアンザイレンして右岸を高捲く。水の流れが激しくなるとワニ岩へ逢着する。ここは左岸を高捲き、懸垂下降する。ここでハプニングが起こる。空中懸垂で勢いがつき、着地点の3m位手前でロープの長さが足りないために、半回転し頭を下に宙吊り状態となってしまう。ロープの末端は結んであるので、ATCがストッパーとなっている。水面が結構遠くに見え、ゾッとする。でもこれは眼の錯覚のためであった。ザックを放り投げ、気を落ち着けて何とか足の立てるスタンスを見つけ、ホッとため息をつく。ロープの末端が地面についているかどうか微妙であったが、何とかなるだろうと考えたのがまずかった。こんな経験は始めてであり(何度もあるようでは困るが)、大いに反省する。後続の二人は2m位登ったところで待ち構え、無事に降りる。ここで1時間ほど費やしてしまったような気がした。少し遡ると、沢の真ん中に三角錐の岩塔があり、その少し先の右岸の高台にツエルトを設営する。昨年キャンプしたのも、ここであり、ブナ、サワグルミ、ハウチワカエデ、トチ、カツラなどが生い茂る格好の幕場である。暮れなずむ中、コマドリの囀りが流れていく。ブナの大樹の下で快い眠りといきたかったが、宙吊りの夢をみたりして、浅い眠りがつづく。

 40分ほど遡るとマンダノ沢の出合につく。鬱蒼としたブナ林の中を清流が縫い、心は憩らぐ。二条の滝を右から越え、しばらく遡ると右岸に大岩を抱えた15m二条の滝が美しく懸かる。右岸の小沢から高捲いていく。途中で捲き道が切れ、少し戻り、木にスリングをつけ一段上にあがると、細いバンドがあった。念のため、アンザイレンし、懸垂下降して渓へ降りる。

  

水が織りなす饗宴を陶然と眺め入る・・・・・・

 見上げれば、巨岩を縫って幾段もの小滝を懸けて水が落下する。この水が織りなす綴れ錦を陶然と眺め入る。マンダノ沢もいよいよ佳境にはいり、小気味良い遡行に心は躍る。強烈なシャワーを浴びながら滝の中段のバンドをトラバースし、深い淵へと入っていく。午後に陽が射してきたので、濡れることはまったく気にならない。15mの滝を左岸から越えると渓は緩やかな流れとなる。澄んだ水がさらさらと流れ、川床の小石が珠玉のように輝く。マンダノ沢は源流近くまでブナが茂っているので、水はこよなく澄んでいる。水は妖しくゆらめき、清流に身をさらすだけで心は和んでくる。やがて大きなインゼルのある別天地に飛び出す。水は半円形を描いて静かにさざ波をたてていく。ここで食べたソーメンは格別の美味しさであった。爽涼の風が頬をなで、大の字になって天を仰げば幸せでいっぱいになる。

田園シンフォニーの〈雷とあらし〉の後の牧歌が川辺を流れる・・・・・・

 3分ほど歩くと蛇体淵につく。緑青を溶かしたような大きな釜に小滝が美しく懸かっている。この上には深い淵の中に幾つもの滝が懸かっており、まとめて左岸を高捲いていく。小滝を快適に越えていくと、上天狗沢と下天狗沢が合流する二俣につく。2時40分と時間は早かったが、この上にはいい幕場はないと思い、左岸にツエルトを設営する。ここからは上天狗沢の出合に懸かる7m滝が良く見える。今日の薪は少し燃えにくかったが、それでもいつまでも燃えつづき、深い森に包まれた渓間の夜を照らす。激しさと穏やかさが交互に現れ、自然の造形で巧みに綴られた今日の渓を振り返りながら、静かにその余韻にひたる。大切なもので心がいっぱいになっていくような気がした。そう、都会で失いつつある大切なものがここには満ち溢れている。高松さんも、遠藤さんも渓と森に溶け込んで、幸せそうに見える・・・        

 上天狗沢出合の7mの魚止滝はアンザイレンして直登する。樋状の岩をツッパリで抜け、小ゴルジュを越えると、150m、40mと快適なナメが続く。今回遡行中にカワガラスの姿を15回ほど見かけただろうか。こんな上流でも元気な姿をみせてくれうれしくなる。青紫のクガイソウが咲き乱れ、蝶が密を吸う。水の流れが北から東に変わる頃から水が大分減ってくる。それでも4〜8mほどの滝を6つほど懸けており、滝の直登を楽しむ。源流近くで沢は3本に分かれる。我々は一番左を選んで詰めていく。30分ほどはミヤマキンポウゲの咲く窪地状であったが、そのうち密藪となる。北へ北へと30分ほど藪を漕いでいったが、灌木に遮られ大変そうにみえたので、東へと向きを変える。しかし途中から軌道修正して又、北へと向きを変える。三人で交代で藪を漕ぎ、1時間半かかってようやく密藪を抜け出す。

笹藪を抜け出ると、五彩に輝く草原が広がっていた・・・・・・

 いっせいに歓声があがる。たくさんの高山植物が咲き乱れ、まるで天国の花園のよう。ハクサンフウロ、ハクサンイチゲ、ツリガネニンジン、トウゲブキ、タテヤマウツボグサ、ルリトラノオ、ゴマナ、ミネウスユキソウ、ミヤマクワガタ・・・・霧は流れ行くが、時の流れはとまったかのように思える。もう夏花の季節は終わりつつあると思っていただけに、この思いがけない出会いに感謝する。ちゃんとした登山道がないので、花を踏みつけないで登るのが大変だ。北国の目立たぬ高みに可憐に咲く花にいとおしさを感じる。藪漕ぎの疲れはあっという間にすっ飛び、みんないい笑顔をしている。

    

五彩に輝く草原。至福のひととき     羽後朝日岳の頂。1376m

憧れの羽後朝日岳の高みに立ち、嬉びで心鎮まる・・・・・・

 12時30分、憧れの羽後朝日岳の高みに立つ。のびやかな緑の草原は深い霧の中に隠れ、視界はまったくきかない。けれども静かな嬉びが心を満たしていく。標高は1376mではあるが、気分は3000mの高みにいるようだ。頂上で飲んだ紅茶は格別に美味しかった。ここで今回の山行で始めての登山者に出会う。反対側の生保内(おぼない)川を遡ってきた名古屋の三人パーティである。沢の途中で一泊し、これから上天狗沢を下降するのだそうだ。我々と違って、いかにも沢屋という感じの人たちであった。源流から頂上まで1時間位かかったと言っており、昨日の二俣泊まりは正解だったようだ。頂上から携帯電話で帰りが1日遅れると伝えたので、もうあわてて帰ることもない。とは言っても雨がぱらついてきたので、あわててザックのパッキングをする。
 雨は直に止み、30分ほど歩くと道は直角に折れ、沢へ向かうようになる。木に赤布が結んであり、ここが部名垂(へなたれ)沢への下降点(1260m付近)のようだ。深い霧のため、西へと延びる二ノ沢畚(もっこ)への枝尾根を見失ってしまったため、確認作業に少し手間どる。滑りやすい窪地を20分ほど下ると、最初の水場(6m)滝に出会う。5〜15mの滝が7つほど続き、懸垂下降を交えて下っていく。途中、遠藤さんが懸垂下降のATCをセットしている時に足を踏み外し、4mほど滑落しビックリする。幸い怪我はなくホッとする。疲れてくると注意力が落ちてくる。15m二段の滝は右岸に懸かるトラロープを利用して下る。やがて二俣となり、ポタージュスープを飲みながら軽食をとる。あとはゴーロの中を適当な幕場を探しながら黙々と下っていく。左岸から岩が大崩壊した沢を迎入れ、少し下ると広々とした河原があり、ここを今日の塒とする。今日の薪は燃えやすく、火の粉を舞い上げながら夜空を照らしていく。

みごとな流れ星が一つ、二つ、三つ・・・・・・

 夜に向かって天気は良くなり、星が煌めくようになる。すばらしい流れ星が3つほど流れ、今回の沢旅の最後の夜を飾ってくれる。

 昨日の頂上で、瞬間的でいいから晴れてくれたらなあと思うほどに、今日はピーカンの天気。今日は思い切り寝過ごす。朝食はラーメンを啜る。今回の沢旅は何を食べても美味しい。ゴーロを1時間も歩くと林道にでる。林道をしばらく歩くと夏瀬温泉への分岐点につく。ここで、山菜採りに来たという秋田の二人連れに会う。オフ・ロード用の車で温泉の吊り橋の近くまで乗せていただいた上にビールまでご馳走になる。夏瀬温泉の湯に浸かり4日間の垢を落とし、角館で稲庭うどんを食べて秋田新幹線に乗り込む。

 堀内沢上流部は原生林の保護区域であり、和賀山塊のブナの中心は薬師岳あたりと思われるが、マンダノ沢もブナは多い。濃い緑の中を縫う透明な水の流れに心は癒され、再び訪れたいなあという気を起こす。この流域には下天狗沢、辰己又沢、生保内川など行きたい沢がいっぱいある。和賀山塊は新緑や紅葉の時期に加え、厳冬期のブナ林を繋げていったら、途方もなく夢はふくらんでいく。

                                    写真撮影:山野、高松
 堀内沢流域
   朝日沢・マンダノ沢・八滝沢・辰巳又沢
   日本登山体系「北海道・東北の山」白水社から転載
マンダノ沢の大きな写真を見る