錦繍の安達太良山系・鬼面山・箕輪山

                        曲は Tender Lullaby


東北の山・福島県の山

野地温泉登山口〜鬼面山〜箕輪山〜横向登山口〜旧土湯峠〜新野地温泉登山口
登山日 2008年10月9日
参加者 3名

天候  曇
コース・タイム
野地温泉登山口10:20-11:20鬼面山11:30-13:00箕輪山13:30-14:50横向登山口-15:40旧土湯峠-16:10新野地温泉登山口-16:13野地温泉登山口

 昨秋に登った鬼面山と箕輪山の紅葉があまりにも美しかったので、今年も同時期に行くことにした。昨秋は単独で行ったが、今回は3人での山旅である。福島駅でレンタカーを借り、友人の運転で磐梯吾妻スカイラインを走っていく。土湯温泉を過ぎたあたりから、車窓には美しい秋色が展開し、心が弾んでくる。
 野地温泉登山口に車をおき、ブナ林をしばらく登高する。旧土湯峠につくと鬼面山の紅葉が眼に飛び込んでくる。鬼面山、箕輪山の綴れ錦の絵巻は今年も裏切ることなく、私の目を楽しませてくれた。箕輪山の登りはちょっと急であるが、あまり気にならないほど快適に登ることができた。箕輪山頂上からは紅葉の山肌の奧に鉄山、安達太良山方面が望まれ、西面には秋元湖、檜原湖、川桁山、天狗角力取山、磐梯山、猪苗代湖等が望まれた。のんびりと昼食をとりながら、秋色に染まる山々を眺めた。帰りは往き道を下る予定であったが、横向登山口へと変更した。箕輪スキー場横のブナ林も秋色に染まり美しかった。横向登山口からは磐梯吾妻スカイラインを土湯峠方面へ少し歩き、送電線の巡視路を旧土湯峠を目指して登って行った。峠からは往き道とは違うブナ林を辿って新野地温泉へと下った。下山後は25分ほどスカイラインを走り、浄土平の吾妻小舎へ向かった。家族的な雰囲気が漂い、吾妻山系を登山する方々で賑わっていた。


                    撮影機材:オリンパス E-3 _ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

     写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

 
     
  鬼面山の登りはブナ林で始まる                        旧土湯峠から望む鬼面山
             鬼面山中腹から俯瞰する紅葉の絨毯

 

                            鬼面山から箕輪山への登り
           写真2                昨秋の鬼面山・箕輪山