花の山旅・秋田駒ヶ岳・乳頭山


   曲は Tender Lullaby

東北の山・秋田県の山
八合目小屋〜秋田駒ヶ岳〜八合目小屋〜湯森山〜笊森山〜千沼ヶ原〜乳頭山〜田代平〜乳頭温泉・国民休暇村


登山日 2009年7月1日〜2日
参加者 単独
コース
○7月1日(曇、濃霧) 
田沢湖駅(バス)10:05-11:04秋田駒ヶ岳・八合目小屋11:20-阿弥陀池-横岳-大焼砂-横岳-16:00八合目小屋16:25-17:15田沢湖畔

○7月5日(曇一時雨、濃霧)
田沢湖畔(バス)6:11-6:56秋田駒ヶ岳・八合目小屋7:05-7:42笹森山分岐-8:20湯森山-8:50宿岩-9:40笊森山9:50-10:10千沼ヶ原11:00−12:23乳頭山12:35-13:00田代岱山荘-14:08孫六温泉-14:30乳頭温泉・国民休暇村

秋田駒ヶ岳
 当初、友人と焼石岳と乳頭山を登る予定でしたが、友人が病気で行けなくなり、ひとりで秋田駒ヶ岳・乳頭山に登ることにした。三年前にここを訪れたが、強風のため乳頭山まで行けずに、途中で引き返した。三年前に訪れた時と同様に、早朝に東京を発ち、10時に田沢湖駅に着く。1時間ほどバスに乗り、11時に秋田駒ヶ岳・八合目小屋に着いた。八合目に着いた時には小雨は止んだが、霧が深い。今日は秋田駒ヶ岳の散策である。道端に咲く花はハクサンチドリとミヤマダイコンソウが多い。ルリビタキ、ウソ、カッコウ、ウグイス等が囀っている。阿弥陀岳周辺にはチングルマ、ミヤマダイコンソウ、ミヤマキンバイ、ヒナザクラ、キバナノコマノツメ、ムシトリスミレ、イワカガミ、ミヤマウスユキソウ等沢山の花が咲き乱れている。横岳を経て大焼砂へ向かう。緑の草原が美しく、明日登る乳頭山も浮かんでいる。ミヤマハンショウズル、ホソバイワベンケイ、コケモモ等を楽しむ。大焼砂では咲き始めたコマクサをゆっくりと楽しむ。往き道を辿って八合目小屋へ戻る。夜は三年前と同じ田沢湖畔の民宿に宿泊した。

乳頭山
 朝の二番バス(田沢湖畔6時11分)で再び駒ヶ岳・八合目へ向かう。湯森山から笊森山にかけては平坦な道である。はじめのうちは秋田駒ヶ岳も展望できたが、じきに濃霧のため、山の眺望はまったくきかなくなった。でもこの山塊は高山植物が多いので、展望がきかなくても山は十分に楽しめる。ヒナザクラ、イワイチョウ、ヨツバシオガマ、チングルマ、ウラジロヨウラク、ニッコウキスゲ、ゴゼンタチバナ、イワカガミ、イソツツジがよく眼についた。花の写真を撮りながら歩いているので、歩みはゆったりとしている。新潟から来たという二人連れの女性と前後しながら千沼ヶ原を目指す。熊見平の湿原は木道が施設されている。濃霧の中にとまるウソやビンズイを見ることができた。笊森山につく頃には小雨が降ってきた。20分ほど下ると千沼ヶ原の湿原につく。オオシラビソに囲まれて、いくつもの池塘が散在する、すばらしい湿原である。濃霧のため、景色が霞んでいるのが残念であった。湿原にはミツガシワ、イワイチョウ、ヒナザクラ、イワカガミ、チングルマ等が咲いている。湿原散策後は乳頭山へと向かう。近道を少し登ったが、雪渓と濃霧のため、道が判然としなくなり、ミズバショウの群生地から引き返した。雪渓のそばではミソサザイが囀っていた。笊森山直下の分岐点まで戻り、稜線伝いに乳頭山へと向かう。いつの間にか雨は止んでいた。乳頭山直下にはハクサンシャクナゲやニッコウキスゲが咲いている。12時23分、乳頭山1478Mの高みにつく。晴れていれば東北の山々の大きな景色が見られるであろうが、あいにくの濃霧で展望はきかなかった。25分ほど下ると田代平・田代岱山荘につく。オオシラビソ中にいい雰囲気で建っている。小綺麗な避難小屋である。山荘の前の池塘のある湿原はミツガシワ等が咲いていて、しっとりとした美しさに心が鎮まった。田代平から孫六温泉への道は霧に煙るブナ林が美しい。キビタキやオオルリの快い囀りを聞きながら、のんびりと下っていく。最後は乳頭温泉・国民休暇村のブナの湯に浸かって今回の山行をしめくくる。すばらしい高山植物と湿原とブナと温泉の山旅でした。

<主な高山植物>
ハクサンチドリ、ミヤマダイコンソウ、ズダヤクシュ、チングルマ、ホソバイワベンケイ、マイズルソウ、ヒナザクラ、ムラサキヤシオ、イワカガミ、イワハゼ、コメバツガザクラ、エゾツツジ、ミヤマキンバイ、キバナノコマノツメ、タカネスミレ、コマクサ、コケモモ、ツルツゲ、ミネザクラ、ウラジロヨウラク、ニッコウキスゲ、イソツツジ、ゴゼンタチバナ、イワハタザオ、ミヤマウスユキソウ、ツマトリソウ、ノウゴウイチゴ、オオバキスミレ、マルバシモツケ、イワイチョウ、ショウジョウバカマ、ハクサンシャクナゲ、コバイケイソウ、ユキザサ、ムシトリスミレ、ミヤマハンショウズル、ヨツバシオガマ、ミツガシワ、ミズバショウ、ワタスゲ、サンカヨウ、ギンリョウソウ、タニウツギ、キンポウゲ


写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

               オリンパス E-3 _ZUIKO DIGITAL ED12-60mmSWD F2.8-4.0で撮影