錦繍の大朝日岳

東北の山・山形県の山
朝日鉱泉〜鳥原山〜小朝日岳〜大朝日小屋〜古寺山〜古寺鉱泉

登山日 2006年10月8日〜10日
参加者 2名
コース・タイム
○10月8日(雨)
 大宮(新幹線)-山形-左沢(あてらざわ)線・寒河江-車で朝日鉱泉(泊)

10月9日(曇)
 朝日鉱泉6:55-10:40鳥原小屋11:00-11:33鳥原山-13:00小朝日岳13:22-14:45銀玉水
 14:55-15:22大朝日小屋(泊)
○10月10日(曇)
 大朝日小屋6:25-8:20小寺山-11:08古寺鉱泉-車で寒河江


 夜半まで降っていた雨も朝には止み、宿の窓からは大朝日岳が見える。一週間前に気管支炎を患い、山へ行くかどうか悩んだ末、行くことにした。朝日川に架かる吊り橋を渡ると、じきに中ツル尾根との分岐にでる。われわれは北の鳥原小屋へと向かう。三人パーティの女性たちと抜きつ抜かれつ登っていく。鳥原小屋への中間点で金山沢を徒渉する。ここからは少し色づき始めたさわやかなブナ林が続くようになる。4時間の登高で鳥原小屋のある湿原につく。秋色に染まった湿原は優しさにみちている。赤や黄がゆたかにひろがり、夢見心地になってくる。鳥原小屋はきれいな小屋であった。体調が良くないようならば、ここに泊まる予定であったが、先へ行けると判断し大朝日小屋へと向かう。小朝日岳の登りは急で息が切れる。高みから見下ろすと紅葉が美しい。小朝日岳から大朝日小屋にかけては一番紅葉が見事であり、小朝日岳の南の壁はくれないに染まった屏風であった。しばらく行くと眼前に大朝日岳と西朝日岳のたおやかな峰が迫ってくる。錦繍の帯が山肌にまぶしい。白いダテカンバとの調和がとてもすばらしい。根子川上流・入リソウカ沢が滝を幾重にもかけ流れる様がくっきりと見える。あんな明るい沢を一度でいいから、遡ってみたかったなあと思ったりする。いままで朝日の沢は遡行したことがない。黒俣沢の源流・銀玉水で各自、水3Lを補給する。大朝日小屋着15時22分。
 夕方、残照が美しかった。北には月山や鳥海山が聳えている。夕食後、外に出ると夜空にはいっぱい星が煌めいている。星座を探すのが楽しい。山形の街の灯りも美しくひろがっている。しばらくして体が急にだるくなり、夜は高熱、吐き気、悪寒に苦しむ。
 明くる日は楽しみだったご来光を見ることもなく、最後の方に起きあがる。食欲はまったくない。小屋からたった15分の大朝日の頂きに登ることもなく、下りは最短下山路の古寺山〜古寺鉱泉のコースを下る。小朝日岳では、まだ南の国に渡らないでメボソムシクイが囀っている。休みが多い。標準コースタイムの1.5倍位の時間をかけて、ゆっくりと下山する。下部は優しいブナ林がつづく。ブナとヒメコマツが合体した珍しい木もある。家に帰って体温をはかったら38.3度もあった。すぐに寝込み、明くる日病院へ行く。診察結果は肺炎であった。無茶をしてはいけないと、大いに反省する。


写真のスクロールまたはスライドショウはこちらのカメラをクリックしてください   

               オリンパス E-500 _ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5で撮影

     画像をクリックすると拡大します


  朝日鉱泉 鳥原小屋と湿原 鳥原小屋から
    の眺め
 大朝日岳・
    小朝日岳
  小朝日岳 小朝日岳上部
  から俯瞰
小朝日岳南の壁 小朝日岳南の壁
大朝日岳への道・
  右は西朝日岳
 小朝日岳
   を振り返る
 黒俣沢・
  ガンガラ沢上部
大朝日小屋の鐘
 鳥海山・月山  西朝日岳・中岳   残照  ダケカンバ 古寺鉱泉へのブナ