残雪の白神岳

東北の山・秋田県の山・白神山地
白神岳登山口(旧陸奥黒崎)〜蟶山分岐〜白神岳〜向白神岳〜白神岳〜大峰岳〜崩山〜大崩〜十二湖

登山日 2001年4月30日〜5月2日
参加者 富宇賀(CL)、尾崎、高橋、荒川、石村、能勢、山野
コース・タイム
 ○4月30日(晴)
白神岳登山口駅9:20-9:40登山口9:45-10:33二股分岐-12:35蟶(マテ)山分岐-14:40稜線-15:00白神岳(避難小屋泊) 

 ○5月1日(晴)
白神岳7:00-9:43、1221m峰-10:45向白神岳11:35-15:18白神岳(避難小屋泊)

 ○5月2日(晴後薄曇)
白神岳5:10-8:10大峰岳-9:50崩山-10:48大崩-12:48奥十二湖バス停13:00-13:20十二湖駅

 正月以来の気管支炎が完治せず、一抹の不安があったが、10日ほど前に登った甲州高尾山と秩父・四阿屋(あずまや)山で白神山地も"何とかなるだろう"との感触が掴めたので、山へ行く決心をした。前日に地元新座のリコーダー・コンサートがあり、その演奏グループの名称は"森"といい、いつもブナの森を浮かべて聴いている。リコーダー奏者のAさんに「最近十二湖へ行きました?ボクは明日から白神岳へ登り、十二湖へも行ってくるよ」と挨拶をする。彼女は私の家の近くに住んでいて、十二湖の出身なのである。そういえば白神下山2日後にイギリス作曲家のリコーダーとチェンバロのコンサートがあった。W・ウイリアムスの"鳥の鳴き声の模倣によるソナタ"を聴いていたら十二湖畔のブナ林で囀るキビタキの囀りを思い浮かべ、H・パーセルのチェンバロ曲を聴いていたら、大崩から見下ろした十二湖の音楽的な情景が浮かんできたりした。"リコーダーとチェンバロの合奏はブナの森に通ずる"これはボクの心の中を流れる憩(やす)らぎのひとときなのである。
 上越線経由羽越本線・夜行寝台列車"あけぼの"で一路東能代へと向かう。五能線に乗り換え、電車は日本海の岸に沿って進み、山は春の緑に匂っている。オホーツク高気圧の中心が北に偏る、いわゆる"北高型"と呼ばれる天気が今しばらく続くという。関東以南は肌寒い雨模様の日がしばらく続きそう。それに比べて北海道や青森、秋田はいい天気が約束されている。

 登山口までは2回に分けてタクシーで行く。後発隊は途中まで林道を歩き、その甲斐があって、咲き始めたばかりの瑞々しいヒトリシズカに巡り会う。タクシーの運ちゃんは「ここ二週間で山は緑になった。運転手がいないので、最近Uターンして、東京からやってきた」と話す。北国の春は短い期間にいっせいにやってくる。路傍にはシラネアオイ、エンレイソウ、カタクリ、キクザキイチゲ、ナニワズなどの花が咲き、ブナの梢ではアオジ、センダイムシクイ、ヒガラが囀る。センダイムシクイが多いが、ボクの好きなヤマガラも軽やかなリズムでブナ林を流れていく。まだ新緑がわずかなので、3年前に来た時は賑やかに囀っていたオオルリ、キビタキ、コルリ、コガラの囀りは聞こえない。山菜を採りながらゆっくりとした足どりで登高する。山菜採りはもっぱら高橋さんの役目であった。二俣分岐から道は北へと向きを変える。檜の中を縫い、急登を登りつめると蟶山分岐につく。ここから道は再び東へ向かうようになる。このあたりから雪道となり、ブナ林の中を日本海を見下ろしながら登高していく。長期の気管支炎で、長らく山らしい山には登れず、体調を心配していたが、ブナが我が身を癒してくれる。時々爽涼の風が吹き渡る。荷は重いが快い波動が心につたわってくる。みんな冗談をいいながら、スイスイと登っている。昨年の今頃は和賀山塊のブナ林の中をひとり彷徨い歩いていたが、今回は7人パーティであり、賑やかな山旅となる。東北地方の今冬は大雪であったが、三月、四月と暖かい日が続いたので雪解けも早く、積雪量が少ないのではないかと心配していたが、雪はだんだんと多くなってくる。これで明日の向白神岳は登れそうな予感がしてきた。最後のきつい登りを終えると稜線へとびでた。向白神岳への雪稜がパッと眼に入り、我々を歓迎するように大きく聳え連なっていた。稜線に出て20分も歩くと、白神岳の避難小屋につく。積雪は約2m。我々を含め4パーティ、14名がここに宿泊する。3階まであり、20名位泊まれるスペースがある。
 夕陽が日本海にまどろみ、長い長い晩餐が始まる。往き道で採ったフキ、フキノトウ、ミツバを茹で、胡麻あえやマヨネーズで食べる。驚いたことにウナギを焼き始める。上の階の人達は匂いの漂う煙だけでさぞ困ったことでしょう。でも美味しかった。「ごめんなさい」とつぶやく。今回は身体のことが心配だったので、羽毛服まで持ってきた。荷はかさばったが、おかげで暖かく寝ることができた。

 今日もピーカンのさわやかな天気。軽装で雪を踏み分けていく。前日に登った人が、「藪が深くて大変だった」と言っていたので、ある程度の覚悟はしていたが、雪が多いので藪はそれほどでもない。でもリッジを忠実に登っていたら、藪に悩まさられるのではあるが、我々は藪の深いところはトラヴァース気味に捲いていったので、割合とスムーズな登高である。とはいってもボクは時々藪に突っ込み、尾崎君や富さんは藪をうまくエスケープしていく。富さん曰く「山ちゃんは藪が好きなんだよ」と。そうなのかも知れないと思った。燦々とした陽を浴びながら登り降りを繰り返していく。東には豊饒としたブナの森が大きく拡がっている。前回来た時は新緑におおわれていた追良瀬川は残雪と赤褐色のふくらみのブナに彩られている。それは芽吹きから新緑に移ろう森の春のまどろみであろうか。4時間弱の登高で憧れの向白神岳の高みに立つ。標高1243m、白神山地の最高峰だ。実は向白神岳の少し手前に1250mの無名峰があり、これが一番高いと思われるが、一般的には向白神岳が最高峰ということで通っている。前回は雪がなく登れなかったこの頂に今日は7人パーティの一員として立っている。ここは北の別天地、白神山地の重畳たる峰々が大きく拡がっている。赤石川の源流を隔てて摩須賀岳が悠然と聳え立っている。そして二ツ森、真瀬岳、櫛石山が、遙か彼方には青鹿岳まで遠望できる。白神山地の佳境の峰、藪の中の頂に立って、みんなの顔から笑顔がはじけている。大分先に登っていた単独行のKさんは藪を漕ぎながら、リッジを忠実に登ってきたので我々よりも後にやってきた。藪を登るのも一つの登り方。それはそれで楽しい想い出となることだろう。帰りは往路を忠実に引き返していく。要所要所に赤布を結んできたので道を間違えることはほとんどない。とにかく日差しが強い。みんな休憩のたびに水筒に雪を突っ込んで溶かしている。"ももひき聖人"のO君はもとより、ボクも暖ったかーいタイツをはいているので、汗ばんで仕様がない。白神岳への最後の登りで心臓がパクパクしてきたが、これも持病の一つなので特に気にもならなかった。
夜、海岸沿いの十二湖や艫作(へなし)の灯りが美しくひろがる。高橋さんと「きれいだね」と言葉を交わす。眼を転じれば、摩須賀岳の奥にも灯りが点滅する。あれは西目屋村の灯りなのだろうか。

 今日もまた岩木山右手の雲海上に厳かに朝日がのぼっていく。今日はみんな早起きで、5時頃に出発する。大峰岳までは磁石の針を真北へと進んでいく。笹内川を隔ててU字型に曲がりくねる向白神岳へと連なる雪稜に見入る。みんな「昨日はあそこを登ったんだね」といいながら眼をそそぐ。その右手奥には岩木山が鎮座している。幾度となく登り降りを繰り返していく。ほとんどが雪道なので歩きやすい。ヒガラの囀りは途絶えることはないが、時々囀るアオジやオオルリそれにコガラの透る音色が何ともいえない響きをもってブナの大樹が茂る森中を流れていく。アオジの鈴の音にオオルリの甘美な音が入り交じり、コガラがゆったりとしたテンポで笛の音を重奏していく。冬の北西からの季節風で倒れかかっているブナを多く見かけるが、そんなブナも赤く膨らんだ芽をいっぱいつけている。風雪に耐え春を迎える嬉びが伝わってくるような気がしてくる。やがて頂らしくない大峰岳につく。アカゲラのドラミングが谺する静かで心憩らぐ頂であった。ここからは谷底に吸い込まれるように急降下していく。根回り穴を持ったブナの大樹が聳えるボクの好きな道だ。一気に下った分また登り返し、西へと向かっていく。キツツキがつついた木屑が地面にいっぱい落ちている。見上げれば、木に大きな穴があいている。崩山で休んでいると、アオゲラやゴジュウカラの囀りが響き渡っていく。ここからは雪の消えた路傍にはたくさんの花が咲いている。青紫と白のキクザキイチゲ、赤紫と青のヤマエンゴサク、ザゼンソウ、コミヤマカタバミ・・・大崩からは十二湖の湖沼が良く見える。緑と淡い褐色の森の中に静かにたたずむ湖沼は音楽的な美しさを漂わせている。この淡い森の色と情景を言葉に言い表すのは難しい。時の流れにまかせて長く立ち止まっていたいところだ。
 十二湖への道はシラネアオイ、カタクリ、ヤマエンゴサク、ニリンソウなどが咲き乱れ、ちゃんと歩かないと踏み損ねてしまう。「ワァー、きれい!」と女性陣が歓声をあげ、そばに寄って見ると楚々として髪をなびかせ、カタクリが群生していた。花の精に惹かれて写真におさまる彼女たちは美しい。能勢さんと石村さんはブナの大樹にじっと耳をあてている。点綴するピンクの山桜が新緑のブナ林を彩る。上を見上げれば萌える新緑、足場を見れば瑞々しい高山植物の群。ブナ、ハウチワカエデ、トチ等の茂る林ではたくさんの野鳥が春の嬉びをうたう。ヤマガラ、コガラ、ビンズイ、ミソサザイの美しい調べの中に身をさらし、至福の時が流れる。十二湖の鶏頭場ノ池に着き、今山行ではじめてキビタキの明るく、透る囀りをきく。キビタキはブナ林の歌姫と呼ばれる橙色の喉の美しい鳥である。歌姫とはいわれるが、謡っているのはオスのメスへの恋歌であり、テリトリー宣言でもある。
 十二湖駅から五能線に揺られ、高橋さんと石村さんはそのまま帰京し、残りの5名は東八森の白神温泉に宿泊した。3日間の垢を落としサッパリとした気分となる。はたはたを食べ、ぶりこのコリコリとした舌ざわりを楽しむ。明くる日は角館の桜を見に行ったが、もう散っていて葉桜であった。去年の今頃は満開だったのに。

*観察された主な高山植物*
ヒトリシズカ、タチツボスミレ、ネコノメソウ、キケマン、マイズルソウ、ミヤマイラクサ、シラネアオイ、ナニワズ、コミヤマカタバミ、ユキザサ、イワウチワ、エンレイソウ、カタクリ、キクザキイチゲ、アズマイチゲ、ザゼンソウ、ヤマエンゴサク、ニリンソウ

*観察された野鳥*
センダイムシクイ、アオジ、アカゲラ、アオゲラ、シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、コガラ、ウグイス、キビタキ、クロジ、ゴジュウカラ、ビンズイ、オオルリ、コゲラ、カケス、ハクセキレイ、ホオジロ、ハシブトガラス

*あとがき*
 ブナの新緑が上へ上へ登っていくのを"峰走り"という。走り始めた峰走りはこれからは名のごとく峰を走っていくことでしょう。白神のブナ林の誕生はおよそ八千年前の縄文時代の草創期であると言われている。英語ではブナのことを"the mother of forest"とよぶらしい。私たちは"マザー.ツリ−"とよんでいるが、ほんとうに母なる木という気がする。今度白神に入る時はぜひ赤石川を遡りたいと思う。クマゲラやフジミドリシジミに出会えることを夢見て!
 白神を語る時、このブナの森を破壊から守るため闘っている人たちの存在を忘れてはならないと思う。かつて赤石川上流域のブナの大木が次々と皆伐され、"クマゲラの森"にも林道が延びる予定であった。1980年代、秋田県の八森町から青森県の西目屋村をつなぐ青秋林道に反対する青森県内の十数団体からなる「青秋林道に反対する連絡協議会」が結成された。自然保護団体、渓流釣りクラブ、野鳥の会、赤石川下流域住民などが中心になって運動を展開した。運動の成果により、青秋林道建設は1990年に森林生態系保護区域に設定されると同時に中止が決定し、白神の森は守られるになった。しかし、今まで青秋林道を中止に追い込んだ多くの人たちの意見を無視して、世界遺産や入山規制の論議がなされてきた。林野行政当局や白神山地世界遺産地域連絡会議や白神NGOが進めてきた白神山地の入山規制を軸にした管理計画の根幹は世界遺産だから森林生態系を保護するため、人間と自然とのかかわりをなくそうとしていることに大きな問題がある。人間と自然を切り離す考えは世界遺産の本来の趣旨からも逸脱している。そうした中で、白神市民文化フォーラム(青秋林道に反対する連絡協議会の中心的メンバーであった村田孝嗣、根深誠、菊池幸夫氏らが世話人)は国が決めた現在の管理計画を見直す9項目の提言を発表した。この提言は単に森林生態系を残すだけでなく、白神の自然・ブナの森と人とのかかわりの大切さを基調としている。その中の一文に「人間の行為をできるだけ排除するのではなく、むしろ大切にする必要がある。受け継ぐべきなのは自然そのものではなく、自然と人間との望ましいかかわり方である。世界遺産地域連絡会議を行政だけの組織とせず、地域住民や白神の自然に実際にかかわってきた人も含めたものとすること。入山許可制度は手続きが官僚的であるばかりで、入山する人への啓蒙的な意味が全くない。また、許可証を発行しても、遭難事故への対応はしないとしている。入山目的や人の肩書きで対応が異なるべきでない。入山申請制度を、入山届け出制にすること」と書かれている。いま日本は土木行政と言われるように、ダム建設を始めとして大規模な自然破壊が繰り返されている。毎年、厖大な国家予算が自然破壊に使われていると言っても過言ではないと思う。このような自然破壊を野放しにして、「地球にやさしい・・・」と言葉を並べても空しさだけが残る。森の大切さや素晴らしさは実際にその中に入らないとわからない。子供の頃に遊んだきれいな川や海、そうした体験の中から育まれていくものである。入山規制ではなく、自然とのかかわりを通して自然を大切にする啓蒙活動、林道の閉鎖とか通行車両の制限、世界遺産地域周辺のブナの伐採の中止などによってブナを守っていくことが重要だと思う。いま白神で起きている問題は単に白神だけの問題ではなく、普遍的な問題であると思う。ここで問われていることは破壊が進む今の日本の自然を守る上で重要な問題を提起していると思われる。

 白神市民フォーラムからの提言の前文を転載し、結びとしたい。
−森とのかかわりを未来に受け継ぐために−
生命の歴史が示しているように、生物は自然の厳しさに淘汰され、また適応しながら進化し、生命の鎖をつないできました。私たち人間もまた、おなじように生命の鎖をつないで来た一生物に他なりません。人間も自然と向かい合うことで、体験を通して多くのことを学び、様々な知恵や文化を生み出してきました。しかし人間生活が高度化・複雑化し、自然から遠ざかることで、様々な社会問題を生じさせているように思われます。生命の形骸化、自然への無知が招く悲惨な事故など、例はいくらでも上げることができます。
私たちは何のために自然保護運動をしているのでしょうか。貴重な自然だから人間の手で保護してやろうとしているのでしょうか。自然保護運動に携わってきた人たちの願いは、開発によって自然を破壊してきたことを反省し、自然を復元しながら自然とともに生きていくすべてを皆で見いだし、そのすべてを受け継いでいくことではないでしょうか。
青秋林道の建設を市民運動が中止させたことで、ブナ林の保護運動として白神山地は全国的に注目され、同じような問題と直面している多くの人たちに勇気を与え、各地の自然保護運動に大きな影響力を持ちました。しかし世界遺産登録後の管理計画をめぐる議論は、多くの人たちの心に、自然保護についての疑問を生むことになったように感じます。
私たちは今、なぜ自然を残そうとしているのかという自然保護の原点に立ち返り、これからの自然のあり方について、本質的な討論を深めていかなければなりません。白神が抱えている課題は、白神だけの特殊な問題ではありません。今のままでは、森を残せても、森を愛し、残そうとする人を育てることはできないのです・・・
                    
  
      カタクリに囲まれて            ブナの新緑・十二湖への下り