ブナの新緑の中、オオルリとキビタキが囀る白神山地


東北の山・秋田県の山・白神山地
陸奥黒崎〜蟶山分岐〜白神岳〜大峰岳〜崩山〜大崩〜十二湖

登山日 1998年5月1日〜5月2日
参加者 山野Y、山野T
コース・タイム
 ○5月1日(曇)
登山口7:48-8:20二股-10:00蟶(マテ)山分岐-12:00稜線-12:20白神岳(泊) 

 ○5月2日(雨のち曇のち雨)
白神岳6:00-8:13大峰岳8:25-10:00崩山-10:30大崩-12:10鶏頭場ノ池-13:00十二湖ビジターセンター

 3月の阿弥陀岳南稜登高の際、ルックザックごと谷に落としてしまったので、今回の山行に向けて何とか装備を揃え直す。左腕の持病に加え、右腕の鈍痛が4ヶ月もとれない。その上、山へ行く直前に頭を打って出血したり、激しい腹痛を起こして食事もとれず、身体の方は万全でない。でも山へ行きたいという心だけが私を支え、山へと向かわせる。
 東北新幹線、秋田新幹線、五能線と乗り継いで一路陸奥岩崎へと向かう。車窓からは東北の山々が次から次へと展開し眼を楽しませてくれる。鳥海山以外の山は雪が少なく、早池峰にも岩手山にも雪がない。例年の5月下旬から6月初旬の積雪量である。五能線は日本海の岸に沿って進み、白神の山波にも雪はなく、ちょっとビックリしてしまう。今日は白神温泉につかる。日本海には美しい残照が拡がっていく。

 登山口まで宿の車で送ってもらう。路傍にはシラネアオイやキクザキイチリンソウが咲き、ブナの新緑が森を彩る。梢ではオオルリ、キビタキ、コルリ、コガラ、ヒガラなどの野鳥が囀りすがすがしい。このまぶしいほどの浅緑の中で森の音楽を聴けるなんて幸せこの上ない。一人旅だったらいつまでも寝ころんでいるに違いない。ブナの道は山頂近くまで続き、蟶山から上部は日本海を見下ろしなからの登高となる。雪は所々にあるが、白神山頂の積雪量はゼロメートルで、岩木山にもほとんど雪はついていない。こんなに雪の少ない5月連休の山は今まで経験したことがない。先着の地球放浪クラブの人の話だと、昨年のこの時期には2mの雪が積もっていたそうである。明日は向白神岳へ行く予定であったが、雪がないので行くのはとりやめる。向白神岳への稜線はもの凄い藪でおおわれている。
 白神岳山頂付近は可憐なカタクリの花が咲き乱れ、西には今登ってきたブナの森が紫褐色から浅緑へと変化し、日本海へと吸い込まれている。東には豊饒としたブナの森が夢のように拡がっており、追良瀬川や赤石川の源流を隔てて摩須賀岳が悠然と聳え立っている。
 今コア・エリアへの入山禁止問題でもめているが本当に馬鹿げていると思う。あの深い森や渓へ一体どれだけの人が行けるのかと言いたい。あのような所へ行く人はよっぽど自然が好きな人だから、自然を壊すことなど考えられない。営林局や環境庁は入山禁止を云々する前に今ある林道をなくして、もとの森を復元する努力をして欲しい。林道がなくなれば、車が入らなくなる。登山道や渓を重い荷物を背負って、3日目にようやく核心部に入れるような状況だったら、自然とブナの森は守られるであろう。青森県は白神山地のパンフレットをつくり、そこでは自然との共生をうたっている。だったら、入山禁止という形で自然と人間を切り離すのではなく、自然とどのようにかかわり、守り育てていくかを考えるべきだと思う。  自然の中に入ってこそ、自然を大切にする心も育まれるのだと思う。
夜は避難小屋へ泊まる。15人位泊まれるスペースがあり、今日は3団体の7名が泊まる。岩木山の右手に灯りがひろがる。弘前の街だろう。

 夜雨が降っていたが、出発の頃には止む。しかし、もの凄い強風が吹き荒れている。今日は向白神岳へ行けなくなったので、大峰岳をへて十二湖へと下山する。樹林帯に入るまでは強風のため、吹き飛ばされそうな感じである。下山といっても、登り降りが何度も繰り変えされる。下りもブナの樹海が続き、緑の果ては日本海だ。兄もこんな景色はめずらしく、はじめてだという。大崩からは十二湖の三十三の湖沼が良く見える。みどりの森の中に静かにたたずんでいるといった感じだ。十二湖への道はシラネアオイ、ニリンソウ、サンカヨウなどが咲き乱れ、ムラサキヤシオ、山桜、オオカメノキが彩りを添える。ここはコア・エリアでもバッファー・ゾーンでもない。いわゆる周辺地域である。でも森は続いているので区切ること自体がおかしい。ブナやカエデの新緑があまりにも美しいので、休憩ばかりとっている。あわてて帰る山旅でもない。ヒガラが梢から梢へと飛びまわっているが、我が足はぴたりととまり、動かない。ブナの葉の葉脈が透けて見え、さらさらと風に流されていく。自分も緑の森の中に溶け込み、一本の樹になったような気分になってくる。ブナ特集とかいってカメラのシャッターをきりまくるが、この雰囲気を写真で表現などできるはずがない。12時10分、十二湖の鶏頭場ノ池に着く。ここでも森の名歌手オオルリやキビタキが軽やかに歌い続ける。コガラもリコーダーを奏で、湖面へと流れていく。私も♪♪森と泉に囲まれて、静かに眠る-----♪♪と口ずさむ。
 今回の山は雪が極端に少なく、向白神岳は憧れの山となってしまった。でもその分、透る新緑やたくさんの高山植物の中に身をゆだねることができたと思う。
 白神山地は心安らぐ山である。今回登れなかった雪の向白神岳に行ってみたい。また紅葉の頃にも歩いてみたいし、赤石川のゆるゆるとした流れの中を遡ってもみたい。

*観察された野鳥*
 今回の山旅では途切れることなく、野鳥がにぎやかに囀っていました。とくにオオルリとキビタキが多いのが印象的でした。ただお目当てのクマゲラには出会うことができませんでした。
オオルリ、センダイムシクイ、コルリ、コマドリ、アカゲラ、アオゲラ、シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラ、コガラ、ウグイス、キビタキ、ヤブサメ、マミジロ、ゴジュウカラ、イカル、コゲラ、カケス、ツバメ、ハクセキレイ、ホオジロ、ハシブトガラス