阿武隈川白水沢左俣左沢


東北の沢・福島県の山・那須山塊の沢
新甲子温泉〜白水沢出合〜大滝〜左俣〜左沢〜三段20m滝〜登山道〜甲子温泉

登山日 1997年9月20日〜9月21日
参加者 山野(L)、高橋、折笠、山内、三留
コース・タイム
○9月20日(晴のち雨)
上野-新白河-新甲子温泉
○9月21日(曇のち雨)
新甲子温泉5:35-5:50白水沢出合-6:45 25m大滝-8:14二俣(左俣へ)-8:25二俣(左沢へ)-9:50 三段20m滝-11:10登山道-11:25甲子山、甲子温泉分岐標識-12:00ブナの下で昼食12:26-13:10甲子温泉大黒屋(入浴)

 夕方の6時今宵の宿である「はなのや」に着く。夕食はキノコ主体のメニューで、全部食べたら、お腹がはちきれそうになる。少しばかり飲んだビールの覚醒作用で夜は眠れない。睡眠薬として持ってきたレモン酒を飲むが、それでも眠れない。外を見れば、月が出て、星も輝いている。
 朝5時に起床する。曇り空。10時ぐらいまでは持ちそうである。宿の人は「甲子山が見えるので、そんなに大きくは崩れないでしょう」と言う。車で10分ぐらいで、甲子温泉に着く。温泉の少し先で白水沢が出会う。すぐに2段10m滝が現れる。最近の長雨で水しぶきをあげている。右岸から越える。瀞をへつると、25mの大滝が見事に落下している。壁の直登はとても無理。右岸の階段状の道をたどっていく。続く10mの滝は右岸にホールドがいっぱいある。やがて溪はナメや小滝の続く穏やかな流れとなる。豊饒とした緑の森にやわらかな陽が差しこみ、溪や木の葉を彩っていく。右俣を分け、しばらく遡ると、2本の滝が奔流する二俣に着く。我々は左沢のスラブ状の20m滝を左壁からよじ登って行く。登った後、三留さんとザイルを出せば良かったねと話す。滝の上からは右沢の4段30mの滝が手にとるように眺められる。
左沢には10〜20mの滝が続き、文字通り白水のごとく流れている。ホールドはかたく、水線に近いところを登っていく。シャワー・クライムが多く、上からは霧雨が降ってきて、みんな水もしたたるいい女といった感じ。ナメ滝をフリクションで登ると、倒木が多くなり、薮をちょっと漕ぐと縦走路にでる。雨が降っているので、甲子山へは行かず、そのまま下山する。ブナ、ミズナラ、ハウチワカエデ、ヤマモミジ、リョウブ、ナナカマドなどの落葉樹が生い茂り、うっとりするような森の道が緩やかにくねっていく。ヒガラの幼鳥の鈴の音が森の中に溶けこみ、やすらぎが心を満たしていく。13時に甲子温泉に着く。大黒屋の岩風呂につかって、サッパリとした気分になる。
           

                              写真撮影:折笠さん