緑薫る安達太良山・杉田川


東北の沢・福島県の山
岳温泉〜安達太良温泉〜杉田川遡行〜仙女平〜安達太良温泉

登山日 2001年6月16日〜17日
参加者 山野(CL)、富宇賀、川口、島村、遠藤
コース・タイム
○6月17日(曇)
二本松駅17:24(タクシー)-18:00岳温泉(宿泊)
○6月18日(曇のち晴)
5:30(車)-5:45安達太良温泉奥の駐車場5:50-6:15遠藤ヶ滝7:10-8:10、核心部の7m滝-9:35、3条10mの滝-11:45二俣12:10-12:50左岸に10mの滝の懸かった枝沢(引き返す)13:00-13:15藪漕ぎ開始-14:20表登山道(標高約1320m)14:45-15:05仙女平-16:00岳温泉からの林道と合流-17:00道を間違え表登山道に戻る-17:30安達太良温泉-17:50県民の森・大玉温泉

 最初は日帰りで行く予定であったが、沢慣れしていない人も多いので遡行時間も多めにかかると判断し、前日に山麓まで入ることにした。岳温泉の民宿・和楽荘に宿泊する。湯に浸かり、お酒も回ってウトウトしてきたが、明日遡行するルートとロープワークのレクチュアを1時間半きっちりと行う。1ヶ月ほど前に行った沢でロープ操作のミスがあり、その反省から今回はちゃんと登りたいという意識が強かった。そしてレクチュアの甲斐もあって、安全で楽しい沢登りをすることができた。
岳温泉から安達太良温泉奥の駐車場まで宿の車で送ってもらう。ほんのちょっと歩くと不動尊につき、山での安全を祈願する。しばらく杉田川沿いの遊歩道を進むと遠藤ヶ滝につく。この滝は平家物語に登場する文覚上人(遠藤盛遠)が修行を重ねた霊場と伝えられており、不動名王本尊が奉られている。
 遠藤ヶ滝の上で朝食をとり、渓流シューズに履き替える。始めのうちは水が冷たいなあと感じていたが、じきに丁度良い水温になってくる。プロローグは優しさの漂うナメが続く。さらさらとした流れの中に身をおき心は和む。渓は滴るような瑞々しい緑でうめつくされている。東京雪稜会の記録に「都会生活に疲れ、癒しを求める人におすすめの一本。幸福の沢」と書かれていたが、大切なもので心が満たされていく自分をみて本当にそうなんなだなと感じたりする。カワガラスが勢い良く走り抜け、ミソサザイが甲高く囀る。やがて核心部と思われるところに4つほど滝が続き、気を引き締める。最初の5m滝を左から越え、次の7mと5mの滝はアンザイレンして左から登る。7mの滝は階段状であるが、落口付近は水流も強く滑り易そうなので、左壁を慎重に登っていく。ミドルの人たちはアッセンダーで続く。10m滝は落口付近がすべすべであり、左は急な土壁となっている。使いたくはなかったが、左壁にブラブラしたはしごがかかっており、静かに乗って落口にでた。3条10mの滝を右からシャワーを浴びながら登っていくと、2〜5mのナメ滝と釜の連瀑帯となる。ナメ滝は小さいが釜はどれも大きい。青々とした釜があるかと思えば、水が泡立つ天然ジャグジー風呂のような釜もあり、歓声が渓をつつむ。沢でシャワー・クライミングと言えば水に濡れるのであるが、今日はブナやハウチワカエデの緑のシャワーをあびながらの遡行である。霧がたちこめ、ブナや滝や釜が妖しくゆらめく。コマドリの透る囀りが森中を流れていく。連瀑帯の最後はロープをフィックスし、左岸を高捲いていく。降りたところは同量の水が合流する二俣であった。

                    写真撮影:富宇賀ら

   
    三条10m滝                 二俣
  
 陽が射しはじめ、水がさらさらと流れる幸せの空間がひろがっている。川口さんは童心にかえったように水と戯れている。陽に輝くブナの木立の中で、紅茶やコーヒーを飲みながら昼食をとる。10分ほど遡ると二段10mの最後の滝に出会う。右から取り付き、左へトラヴァースし、上段の水際を登っていく。岩床は赤茶けた色を帯びてくるようになり、左岸が崩壊するところに出た。地形図から判断するとこのあたりに仙女平へと抜ける登山道があるはずである。白ペンキだとか赤布の目印があるといわれているので、眼をキョロキョロさせたが、そんなものは見あたらず、そのうちに左岸から10mの滝を懸けた枝沢が注入する。本流は西へ、枝沢は北に向かっている。どうも行き過ぎてしまったらしい。この枝沢から登山道に出ている記録もあるが、少し下ってみることにした。右岸に藪の薄いところがあったので、登山道ではないが北東の方角目指して登っていく。登山道はもう少し下った崩壊地のすぐ下あたりと思われるが、多少の藪漕ぎがあっても、そのうちに登山道に出会うことは間違いないのだからと言うことで富宇賀さんトップに突き進んでいく。目標としては北東の方角にある台地状の1388m峰を目指し、緩やかな登りになったら、峰の東側を回り込んでいくことに決める。熊笹の藪もだんだんと濃くなり、1388m峰を回り込むあたりではウラジロヨウラクやサラサドウダンが咲き競っている。毎年美しく咲いても、誰にも気づかれないまま、咲き誇りそして散っていく花々にいとおしい気持ちを抱いたりし、心は複雑である。ツツジの仲間たちは突然の来訪者にきっと戸惑っていたことでしょう。沢登りとはいえ、ちゃんとしたルートを歩くことを求められているのかも知れない。でも誰も歩かない藪に入って道探しをするのもいいのではないかと思う。登りから下りへと変化し、シラビソやオオシラビソの針葉樹林を見かけるようになり、登山道も近いと思っていたところ、ヒョッコリと登山道にでた。約1時間の藪漕ぎ。藪漕ぎの最後の方は無口になった人もいたけれど、大きな歓声がはじける。
 エゾハルゼミがしぐれる中、20分も下ると仙女平につく。杉田川への道を少し覗いてみる。廃道のようだが、何とか道はついているようである。午前中濃かった霧も晴れ、緑に萌える山肌の彼方に安達太良山がたおやかに聳えている。「幸福の沢」から藪漕ぎを経て「幸福の尾根」へ。いろいろなツツジの仲間たちが咲き競い、山の空気も気分もすがすがしい。下山路はとても歩き易く、オオルリやコガラが軽快なリズムを刻んで囀る。最後は間違って林道に入り込み、1時間ほど寄り道をする。おかげでホオジロの囀りにめぐりあうことができた。山麓の県民の森・大玉温泉の湯に浸かり垢を落とす。肌がすべすべになる気持ちのよい温泉であった。
           

      仙女平から安達太良山を望む