皆瀬川・虎毛沢右俣から虎毛山頂上湿原へ


東北の沢・秋田県の山
大湯〜皆瀬川〜虎毛沢右俣遡行〜虎毛山〜赤倉橋〜秋ノ宮温泉

登山日 1999年7月17日〜20日
参加者 山野(CL)、富宇賀、山本、折笠
コース・タイム
○7月17日(曇)
上野8:58-11:11一ノ関12:10-13:45タクシーにて大湯温泉-15:10田代沢手前の壊れた橋(キャンプ)
○7月18日(小雨)
キャンプ地5:30-6:40春川出合-8:00滝ノ沢出合-9:40猿子倉沢出合-9:55赤湯又沢出合-11:10(昼食と釣り)12:10-16:35魚止め滝手前の亀甲模様のナメ(キャンプ)
○7月19日(小雨)
キャンプ地5:40-6:35魚止めの滝-7:00二俣7:10-7:33右俣最初の滝-7:50二段25m大滝8:33-8:50、8m滝上-15mナメ滝、高捲き11:45-11:55源流-12:35稜線直下(昼食)13:07-13:20稜線・登山道-13:57虎毛山14:30-15:25高松岳登山道との分岐-17:00渡渉点-18:03登山口-18:40鬼首道路-20:03国民宿舎・秋ノ宮山荘(泊)
○7月20日(晴)
秋ノ宮山荘-奥羽本線・横堀-山形-上野

 虎毛沢は昨年入渓する予定をしていたが、右腕を痛めたため一年間じっと心に暖めていた。昨日までの天気予報では3日間なんとか天気が持ちそうだったのに、今朝の天気予報では台風の接近で、明日から雨とのことであった。雨の状況によっては、登るルートを変更(たとえば赤湯又沢)してもいいやなどと話す。一ノ関駅から栗駒山の北の緑濃い道をタクシーで走り、1時間45分ほどで大湯温泉に着く。2軒ほど山宿がある。林道の入口は温泉の少し手前にある。南へと向かう皆瀬川右岸沿いの林道を歩いて行く。水は濁り、水量はだいぶ多いようだ。ミドリヒョウモンやクジャクチョウが舞い、ミソサザイやキビタキが囀る。右岸からの板井沢を見送り、しばらく行くと壊れた橋に出会う。「危険だから渡らないように」という立て札があり、手摺もなく不安定な感じがする。渓は20m下を勢い良く流れており、橋板が割れたりしたらと思うと怖い。今日は小滝沢の出合まで行く予定であったが、下降点を見つけただけで、明日渡渉して越えて行こうと決める。ブナの木の下に幕営する。富宇賀さんと山本さんは釣りにでかける。夜は焚火をし、山の歌を唄う。

 寝ている時、トラツグミが鳴き続け、気になって仕様がない。朝、山本さんが空身で橋を渡ってみる。なんとか渡れそうだということなので、ザイル確保をして全員無事に渡る。杣道をしばらく歩いていくと、ブナやミズナラそしてカツラの大木が霧の中に漂う。一幅の名画を見ているようで心は鎮まる。折笠さんと「これはマザー・ツリーにいいなあ」などと話す。ヤマアジサイはしとど濡れて、青い花びらがひときわ鮮やかだ。ここで二人の釣り人に会う。がっちりとした体格の人が若者を連れている。小滝沢の出合は格好の幕営地になっている。
ここから渓は虎毛沢と名を変える。渡渉は膝から股下であり、水圧に抗しながら遡って行く。小雨が降っているもののあまり気にならない。ヘツリと渡渉を繰り返し、歩みは快調だ。滝ノ沢の出合で釣りをする。釣果はなく、ふたたび渡渉する。先ほど会った釣り人は猿子倉沢の出合に天幕を張っている。やがて左岸より赤湯又沢が水しぶきを上げて注入し、本流は小滝を連ね、薄緑の深い釜が続く。右岸から左岸へと釜と滝の間を渡って行く。上は深い釜。下も激しい滝と深い釜。落ちたら溺れてしまう。水量が多く、身体が振られて少し流されてしまう。でもザイルで固定していたので、釜に落ちずにすむ。右岸のハーケンを抜くかどうか迷っていたが、抜かないで良かった。次に右壁を伝い、赤湯又沢を横切る。渓は水を湛え、美しく蛇行して行く。ふたたびアンザイレンして、大きな釜を持った小滝をシャワークライムで越える。美しいナメがひろがり、はしゃいで飛び跳ねながら歩く。勢い余って転び、ずぶ濡れとなる。みんな「大丈夫か」と笑顔できく。東北の奥地でこうして水と戯れていれば、心は洗われる。水も心もさらさらと流れていく。この幸せがあれば、もう何もいらない。やがて流れは緩やかになり、束の間の太陽がのぞく。昼食の休憩時、富宇賀さんと山本さんはイワナとヤマメを釣り上げる。スラブ状の大きな岩壁があらわれたり、そうかと思うとブナ林の中を遡ったりする。時折、カワガラスやセキレイが飛んで行く。しばらく単調な歩きが続いたが、ミニ・ゴルジュが現れ緊張する。アンザイレンし、二カ所ほど右岸を微妙なバランスでへつって行く。最後の着地で水に流され、ずぶ濡れとなる。やがて亀甲模様のナメがあらわれる。予定では二俣まで行く予定であったが、右岸の高台に格好の幕営地があったので、今日のねぐらとする。二人は釣りにでかけ、折笠さんと私は夕食の準備をする。玉葱入りのイワナのみそ汁はとても美味しい。雨で湿った木は燃えにくかったが、なんとか燃えだし、焚火で暖まる。暮れなずむ中ヨタカが鳴き、今日もまたブナの大樹の下で眠る。

 今日も又小雨が降っている。しかし渓が明るいのが救いだ。亀甲模様の美しいナメ床をひたひたと歩いて行く。15分程で小滝に出会う。釜では沢山のイワナが泳いでいる。ふたたびナメ床を遡って行くと、幅の広い魚止め滝に出会う。その後も先頭を歩いている富宇賀さんはイワナの魚影を見る度に叫んでいるが、後ろを歩いている私は見ることができない。7時に二俣に着く。
ここでは浦和浪漫山岳会の高桑信一さんらが幕営している。そもそもこの沢へ入ったのは浦和浪漫山岳会の1993年秋の虎毛山集中登山や徒登行山岳会・佐々木保さんの記録をみて触発されたからに他ならない。高桑さんと憧れの虎毛沢でお会いでき、いろいろと話もできて感動する。昨日ここまで来ていたら、もっといろいろとお話ができたのにと思うと、ちょっと残念な気もする。ところで、それから一週間ほどして、池袋の酒場で吉川栄一さんとお話する機会があり、いろいろな渓のことや虎毛沢でのことなどを話していたら、高桑さんがひょっこり顔をだしてくれた。また佐々木さんと電子メールでお話したところ、彼らは7月17日から18日にかけて役内川ツブレ沢を遡行し、19年振りに虎毛山に登ったとのことであった。虎毛沢を下降し、赤湯又沢左俣遡行の予定であったが、雨のため高松岳縦走に変更したそうである。変更していなかったら、虎毛沢で佐々木さんともお会いできたわけである。
 15分ほど遡ると最初の滝があらわれ、それからはどんどん高度を上げて行く。96年の鬼首地震の影響だろうか。根こそぎ倒れた木がたくさん横たわっている。やがて二段25mの大滝が現れ、左岸の草付きを高捲いて行く。先頭の富宇賀さんが登っていってしまうと、二番手以降は雨でぬかった滑りやすい土壁となって前へ進んでいけない。ザイル確保してもらいゴボウで登って行く。こういう所はアイスハンマーとかアイスバイルでもあると登り易いと思われた。右岸から一直線に連なる素晴らしい滝2本を迎い入れる。ナメ滝を登って行くと、8mの滝が行く手をふさぐ。ルートを目で追うが、われわれの技量ではどうしても登れそうにない。右手から高捲いて行く。大きな釜を持った滝は山本さんのリードで登る。最初はシャワークライムで登り、その上はツルツルの一枚岩で滑りやすい。ほとんど引っ張られるような感じで登る。やがて15mのナメ滝があらわれる。中段まで登って行ったが、ホールドが細かく、苔で岩がヌルヌルしてきたので右手の草付きに逃げ込む。でもこの草付きは悪く苦労する。ナメ滝の上に水量の激しい滝が続いていたので、なかなか下に降りることができない。結構な大高捲きとなってしまった。滑りやすいナメではあったが、ランニング・ビレイをとって直登した方が良かったと思う。メボソムシクイ、ルリビタキ、クロジ、コマドリなどが囀る中、10分ほど歩くと源流となる。掬って飲めば、冷たくて美味しい。しばらく藪を漕いで行くと、藪の切れた平坦地に出る。ブナの大樹が私達を優しく包み込む。玉子スープをつくって、楽しい昼食をとる。ふたたび10分ほど藪を漕いで行くと登山道に出る。頂上へは雨でぬかった道を空身で登って行く。ハクサンシャクナゲやコメツツジが咲き、避難小屋が見えるとそこは頂上であった。あいにくの小雨で視界が悪く眺望はきかない。鳥海山も神室連峰も栗駒山もすべて霧の中に眠っている。でも頂上湿原に立てば、安らぎと幸せに包まれ、みんないい顔をしている。もう花の盛りは終わったようだが、トキソウ、ウラジロヨウラク、イワイチョウなどの花が咲いている。そして沢山のモウセンゴケが絨毯のように湿原を被っている。そっと眼を閉じれば、こころはふるえる。標高はたったの1433m。高い山とは言い難い。でも心は高みにいる。
 下りは鬱蒼と茂るブナの森を楽しみながら、ゆっくりと下って行く。きっと、このブナが虎毛山の渓を美しく潤しているのだろう。中腹には見事な檜林が続いたりして美しい。赤倉沢を渡ってからは林道となる。ここから秋ノ宮温泉郷までの道のりは長い。ザックが肩に食い込んで痛い。今日は14時間も歩いたので大分疲れた。温泉に浸かってサッパリとした気分になる。
 虎毛山はブナの多い、静かな山である。頂上や尾根道では一人の登山者とも出会わなかった。
写真撮影:富宇賀さん等

 

  

           虎毛山頂湿原