高山植物が乱れ咲く・焼石連峰・焼石岳


東北の山・岩手県の山
中沼登山口〜中沼〜上沼〜銀明水〜姥石平〜焼石岳〜南本内岳との鞍部〜焼石岳〜銀明水〜石沼〜つぶ沼

登山日 1997年7月25日〜26日
参加者 高橋(L)、辻、伊東、加藤、細井、山野
コース・タイム 
 ○7月25日(晴)
水沢江刺駅10:00(タクシー)−11:00中沼登山口11:20−12:00中沼12:25−13:00  上沼−13:40つぶ沼コース分岐点−14:18銀明水
 ○7月26日(曇)
銀明水5:55−7:33姥石平−8:10焼石岳8:15−9:05南本内岳との鞍部9:30−10:00焼石岳−10:20泉水沼−11:25銀明水(昼食)12:33−13:50石沼−15:30つぶ沼16:00(タクシー)−16:15ひめかゆ(温泉)17:15(タクシー)−17:55水沢江刺駅

 東北の山はブナが美しいという。今話題の白神山地がその代表らしい。根深誠氏の著書によれば赤石川源流域のブナが素晴らしいという。近いうちに訪れたいなあと思う。朝日岳のブナは印象的であった。南焼石連峰・胆沢川支流の小出川には開発の手を免れた豊饒なブナの森があるという。焼石岳のブナはどんな姿で私たちを迎えてくれるのであろうか。
 東北新幹線水沢江刺駅からタクシーに乗る。北上川・胆沢川を渡り、ダム建設地を通り過ぎ、1時間程で中沼登山口に着く。11時20分に登り始める。登山道は尿前沢の支沢である荒沢と入り交りながら、中沼へと向かっている。はじめのうちは落葉松林であるが、やがてウリカエデ、オオイタヤメイゲツ、ハウチワカエデ、イヌブナの茂る緑鮮やかな道となる。エゾハルゼミがしぐれ、シジュウカラ、アカハラ、ウグイスなどが囀る。咲き終えたミズバショウの中を縫って行くと、ブナやミズナラの大木が茂る中沼の畔にひょっこりと出る。青い水の向こうに、緑の森を隔てて、斑点のような残雪を抱くのびやかな山。横岳が望まれる。沼には森が投影し、おだやかなたたずまいを見せている。沼畔を半周すれば、黄のトウゲブキ、オニシモツケ、タチギボウシ、青紫のヒオウギアヤメなど彩り鮮やかに咲いている。ヒオウギアヤメの名の由来は檜でできた扇だそうである。秋になると中沼にはイワナが産卵にやってくるそうである。
中沼登山口〜中沼の主な高山植物:
 オニシモツケ、ミズキ、ハリギリ、ヤグルマソウ、ツルアリドウシ、オトギリソウ、ミズホウズキ、ミヤマカタバミ、ミヤマカラマツ、モミジカラマツ、ジガバチソウ、マイズルソウ、ノリウツギ、ミズバショウ、タチギボウシ、トウゲブキ、ヒオウギアヤメ。

 上沼への道は小川に沿ったブナ林の中にある。ヒオウギアヤメ、ミズバショウ、リュウキンカ、ミツガシワ、コバイケイソウなど湿性の植物が多い。北国の豊富な残雪が植物を潤す。上沼では私たちを祝福するかのようにアオジが軽やかな鈴の音で迎えてくれる。
ああなんと長閑な湿原なのだろう。♪♪♪森と泉に囲まれて、静かに眠る−−−−−♪♪♪と口ずさむ。
 好きな詩の一節が頭をかけめぐる。
   山は生き続ける   音楽のしらべに抱かれて
   遠い昔から     唄いつがれてきた歌
   山は心を満たす   音楽のしらべで
   しらべに合わせて  私も口ずさむ
   心ははばたく    森に遊ぶ小鳥のように    
   心はふるえる    風がはこぶ鐘の音のように
   心はさざめく    小川のせせらぎのように
   −−−−−−−−−  The Sound of Music(1965年、USAより)

中沼〜上沼の主な高山植物: 
トウゲブキ、タチギボウシ、ヒオウギアヤメ、ミズバショウ、リュウキンカ、オガラバナ、ヤマトウバナ、ギンリョウソウ、ハクサンチドリ、ミツガシワ、コバイケイソウ、タケシマラン、シロバナトウチソウ。

 上沼から先もブナ林が続き、梢ではメボソムシクイ、オオルリなどが囀っている。小川のせせらぎの中を、カワトンボが飛んで行く。潤いのある道がしばらく続き、やがてつぶ沼からの道と合流する。
ミズバショウとリュウキンカが斜面を彩る。シナノキンバイとヒオウギアヤメの群生する小川の畔でしばし休憩する。K君はうまそうにビールのようなものを飲んでいる。飲んだ後、寝込まないのだろうか。でも心配ご無用。飲んでいるのはY君ではないのだから。ほんの少し歩くと銀明水に着く。口に含めば冷たくて美味しい。
 広々とした素晴らしい幕場だ。橙色のテントが緑の原に良く調和する。岳樺が点綴し、シナノキンバイやミズバショウが咲いている。山の見晴らしが良く、そばを尿前沢支流ハダシロ沢の渓が流れ、時々カワガラスが鳴きながら渓の上を飛んで行く。まだ夕食には早いので上の雪渓のところまで散歩にでかける。
 幕場に戻ってきてからビールやウィスキーを飲む。気持ちのいい草原で、知らない間にウトウトし、気が付いたら、皆様夕食のウナギを食べ終え、ウィスキーを飲んでいる。ボクもおもむろに食べ出す。今写真を見ると、みんなご機嫌の赤い顔をしている。山の唄。童謡。フォークソング。ナツメロ。歌はよどみなく流れていく。まるで隣の渓流のように。みんな結構歌の好みが合っちゃったりして。やっぱり年齢が近いからなのかしら。そんなこと言うと細井さんや高橋さんに「違うわよ!」と叱られそう。でも唄った「叱られて」も良かったなあ。こうしてキャンプをして唄っていると、助さん(今林さん)達と甲武信岳・笛吹川で焚き火をしながら、夜の更けるのも忘れて、唄ったり、語ったりしたことをふと想いだす。もう30年の月日が経っているのですけれども。そばに生えているシダをゆで、マヨネーズを付けて食べると結構美味しい(伊東さん談:先っぽのカールした所をつまむと良い)。この幕場は他に誰ーれもいないので、気兼ねしなくて良い。
 夜は雲がだんだんと切れてきて、北から西へと北斗七星、うしかい座へと流れ、中天には白鳥座が十の字をひろげる。東の空には木星が、南の空にはさそり座が煌めく。酔いが醒めて眠れなくなる。ウィスキーを2度、3度飲み、少しウトウトしてくる。夜2時頃、外にでる。星は全く出ていない。

上沼〜銀明水の主な高山植物: 
 ヒオウギアヤメ、ミズバショウ、リュウキンカ、シナノオトギリ、タマガワホトトギス、ヒカゲノカズラ、シロバナトウチソウ、ツボスミレ、ネコノメソウ、ハクサンチドリ、イワイチョウ、トウゲブキ、ミヤマシシウド、シロバナハナニガナ、ネバリノギラン、アラシグサ。

 朝4時30分起床する。空はどんよりしている。朝霧を突き破るようにミソサザイが甲高く囀る。やがてメボソムシクイがさびしげに、クロツグミが甘美にうたう。辻さんの話だと、夜ホトトギスが鳴いたそうである。5時55分、幕場を発つ。笹の朝露で服が濡れる。しばらく行くと雪渓に出る。ヒナザクラやミズバショウが群生する。湿性高山植物は残雪の賜物である。草原状の広い道をしばらく登って行くと、ミネザクラ、サラサドウダン、ナナカマドなどの亜高山性落葉樹林となる。ハクサンシャクナゲ、ハクサンシャジン、クルマユリ、ミネウスユキソウ、ハクサンチドリなど色とりどりの花が咲き乱れている。ここから南本内岳にかけて、焼石岳の誇る高山植物の群落となる。冬の厖大な雪が今こうして山々を彩っている。姥石平に着くと東に泉水沼がたたずむ。焼石岳は緩やかな潤いのある山である。最後の登りだけちょっと急であるが、あっという間に頂きに着く。8時10分。標高1548メートル。天気が良ければ、栗駒山、鳥海山、早池峰山、岩手山などが見られるという。しかし今は霧の中で、その姿はかき消されている。南方の台風の影響だろうか、風が強い。ここから50分ほど下ると南本内岳との鞍部に出る。こういう所を亜高山草原帯と呼ぶのであろうか。風もなく、穏やかな草原。霧が切れ、時折、残雪を抱いた鳥海山がのぞまれる。のどかで心安らぐひととき。小鳥のさえずりに合わせ、幸せが湿原を駆けめぐっていく。ヒナザクラ、イワイチョウ、イワオウギ、ハクサンシャジン、イワカガミ、タカネナデシコ、オノエランなどに囲まれ、みんな幸せそうな顔をしている。
 
銀明水〜焼石岳〜南本内岳鞍部の主な高山植物: 
 ヒナザクラ、ミズバショウ、ノウゴウイチゴ、ヒトツバヨモギ、ハクサンシャクナゲ、ハクサンシャジン、クルマユリ、ミネウスユキソウ、ハクサンチドリ、ハクサンイチゲ、チングルマ、ハクサンフウロ、イワベンケイ、ミヤマホツツジ、ムカゴトラノオ、コメツツジ、ウラジロヨウラク、サラサドウダン、ハクサンボウフウ、クガイソウ、イワショウブ、ミヤマアキノキリンソウ、シナノオトギリ、エゾシオガマ、シラネセンキュウ、オオバキスミレ、マルバシモツケ、コバイケイソウ、ミヤマリンドウ、タテヤマウツボグサ、カライトソウ、イワオウギ、イワカガミ、タカネナデシコ、オノエラン、ウメバチソウ、カンチコウゾリナ、ミヤマアキノキリンソウ。

 下りは往路を引き返す。銀明水でもう一泊する予定であったが、今、南にいる台風が明日こちらへやって来るかもしれないということで、今日下山することに決める。
石沼からつぶ沼へと続く道はブナの原生林が美しい。石沼からは焼石岳方面が良く見渡せる。みんなよりちょっと先へ進んで(ゴメンナサイ!)、ブナ林の下でしばしまどろむ。
キビタキの軽やかな調べがバロック音楽の世界へと誘う。北国の山の雪がブナを潤し、そしてブナが山や渓を潤す。こうした自然の恵みを育んでいくことが私たちにとって大切なことだとつくづく思う。
 帰路ひめかゆの温泉につかり、2日間の垢を落とす。

銀明水〜つぶ沼の主な高山植物:
 オオバミズホウズキ、キンレイカ、ツバメオモト、オウレン、サンカヨウ、エンレイソウ、ヨツバヒヨドリ、ウツボグサ。

  

         シナノキンバイ                 チングルマ(実)