高山植物咲き乱れる焼石岳
   曲は Tender Lullaby
東北の山・岩手県の山
つぶ沼登山口〜石沼〜銀明水避難小屋〜姥石平分岐〜焼石岳〜南本内岳との鞍部〜東焼石岳分岐〜姥石平分岐〜銀明水〜石沼〜つぶ沼

登山日 2009年8月3日〜4日
参加者 2名
コース・タイム 
○8月3日(曇のち晴)
水沢江刺駅10:10(レンタカー)−11:00つぶ沼登山口11:20−12:30金山沢-12:55(昼食)13:20−14:00  石沼−14:50中沼コース分岐点15:10−15:33銀明水避難小屋

○8月3日(晴)
銀明水避難小屋5:00−6:25姥石平分岐点6:45−7:30焼石岳−8:30南本内岳との鞍部−9:30姥石平分岐点−10:40銀明水(昼食)11:20−12:10石沼−12:53金山沢-13:40つぶ沼

 あの気品あふれるヒオウギアヤメに会ってみたい。あの高山植物咲き乱れる緑の草原に行ってみたい。そんな気持ちを抱いて、12年振りに焼石岳へ入山した。昨年6月の岩手宮城内陸地震の被害により尿前林道は通行不可能であり、中沼コースからの登山はできない。つぶ沼からの登山ルートを選ぶ。
 登り始めてまもなく、ブナ林となる。大木も随所にあり、美しいブナの調べに心はやすらぐ。7月初旬の頃と違って、キビタキやオオルリの囀りは聞こえない。静かな静かな森。エメラルド・グリーンの石沼がひっそりと佇む。マルバキンレイカやタマガワホトトギスに出会う。樹間からは焼石連峰が望まれるようになる。霧がかかっていた森も晴れてきたようだ。3時間半のブナ林の道が終わると、中沼コースとの分岐点となる。ここにはヒオウギアヤメが咲いていた。メボソムシクイの囀りを聞きながら、20分ほどで銀明水につく。冷たい水で喉を潤す。夕刻、アカハラやオオルリの歌に聴き入る。夜、避難小屋に泊まったのはわれわれ2名だけで、快適な避難小屋であった。ここでお会いした地元水沢の中学生パーティ9名が下山途中、暗闇で動けなくなり、遭難騒ぎを起こしたことを下山の途中で知りました。全員無事とのことでした。

 朝焼けを見て、5時に小屋を発つ。ウグイスの囀りが賑やかである。ミヤマキンポウゲ、ミヤマダイコンソウ、シナノキンバイ、シモツケソウ、ヒオウギアヤメ、トウゲブキ、タチギボウシ等が咲く。トウゲブキは見事な花園をつくっている。露に濡れた葉で服はびっしょりになる。横岳や焼石岳が間近になると、ハクサンシャジンやハクサンフウロが目立つようになる。青空の下、緑の草原が美しく拡がる。7時30分。標高1548メートルの高みにつく。南本内岳、経塚山、岩手山、早池峰山等の山々が見渡せた。ここからは南本内岳鞍部〜東焼石岳〜姥石平の周回コースをたどっていく。しばらくは岩場の下り道。ミヤマホツツジ、コメツツジ、トモエシオガマ、ミヤマリンドウ、ミヤマアキノキリンソウ、ミネウスユキソウ等が眼を楽しませてくれる。南本内岳鞍部の五彩に輝くお花畑に感動する。イワオウギ、タカネナデシコ、ハクサンフウロ、ハクサンシャジン、カンチコウゾリナ、コオニユリ等々。ここからしばらくは藪っぽい道となる。開けた小さな沼が現れると、キンコウカがいっぱい咲いていた。可憐に咲く青紫のミヤマリンドウが美しい。湿原ではシロバナトウチソウもよく見かけた。姥石平の大きな花園で呆然と立ちすくむ。ハクサンイチゲがいっぱい咲いていた。ここからは往き道を下っていく。ウグイスの囀りは終始賑やかであったが、銀明水付近では、オオルリ、ミソサザイ、メボソムシクイの囀りが流れていた。銀明水で喉を潤し、ふたたびブナの森へと入っていく。帰路、ひめかゆ温泉で垢を落とす。

        写真(山と高山植物)はこちらのカメラをクリックしてください   

         写真(ブナ林)はこちらのカメラをクリックしてください   

                    焼石岳9707の記録