残雪の和賀山塊・ブナの森をさまよう
東北の山・秋田県の山・和賀山塊
真木〜滝倉〜薬師岳〜小杉山との中間点〜薬師岳〜真木

登山日 2000年4月29日〜5月1日
参加者 山野
コース・タイム
○4月30日(曇)
角館11:00(タクシー)-11:55大倉岩-12:00小路又-12:40甘露水13:00-13:48ブナ台-14:20滝倉-15:55枝尾根・標高900m付近(幕営)
○4月31日(曇のち晴)
9:40-11:15薬師岳から派生する枝尾根・標高1000m-12:30薬師岳12:43-13:20小杉山との中間点(引き返す)-14:20薬師岳-15:30滝倉-16:30(幕営)
○5月1日(晴のち雨)
5:50-6:13曲沢分岐-7:15甘露水-7:40小路又-8:17袖川立岩-10:13真木・武士平10:45(タクシー)-11:10角館

 和賀岳という山名がはじめて気になりだしたのは、本の名前は忘れたが、水上勉の小説にでてきた時である。その後、和賀山塊・堀内(ほりない)沢源流の数々の遡行記録を読むようになって、その原生の香りのする渓と森に惹かれていった。また最近、朝のテレビ連続ドラマ"雲のじゅうたん"(再放送)に度々素敵な雪景色が登場した。角館が舞台となっており、もしかしたら、あれは和賀山塊ではないかしらと勝手な想像をめぐらし、楽しんでいた。はじめの計画では兄と登山の予定でだったが、都合で行けなくなったため、ひとりで登山することになる。
新幹線は盛岡駅から西へと向きを変え、早春の香りのする雫石盆地を走っていく。雪を被った岩手山から秋田駒ヶ岳にかけての山並みがまばゆい。角館から小路又の少し手前の大倉岩までタクシーで入っていく。この運ちゃん、地元の太田町の人であるが、登山客を乗せるのはどうも気が進まないらしい。山で遭難でもしたら困るといい、この山塊での遭難の話とか、この辺は熊が出没するとか、そんな話ばかりをする。登らない方がいいんじゃないという雰囲気。ぼくが話題を変えて紅葉や釣りの話をすると、やっと「真木渓谷の紅葉はそれはそれは美しい。それにイワナやヤマメがいっぱい釣れる」と話してくれホッとする。
 大倉岩のところで車から降りる。小雨が降り出すが、じきにやむ。運ちゃんが「こんな所に放り出しちゃっていいの」なんて言っていたが、本当に放り出されたような感じになる。しばらく一人旅から遠ざかっていたので、そういった気持ちになるのだろう。こんな時は好きな歌をうたうのが一番いい。登山口の甘露水から5分も歩くと、もう道が分からなくなる。しばらくすると登山道に合流するが、またあやしくなる。でも地図と磁石を頼りに探り歩いていくとブナ台という道しるべにつき、ホッと一息つく。はじめのうちはコナラやトチの木も多かったが、このあたりまで来ると俄然ブナが多くなる。今年の東北地方は雪が多いせいか、まだ芽吹いていない。夏道を知らないので、頼りになるのは地図と磁石と方向感覚だけ。やがて水音のする沢に出会い、滝倉の近くにでたことを知る。北へ向かう小尾根をしばらく登ると登山道は東へと向かっていくのであるが、いくら探しても分からない。鉄筋の骨組みだけが残っているといわれる薬師岳避難小屋も見あたらない。道を探すのはあきらめ、そのまま小尾根を北上していく。周りはどこを向いても雪とブナばかり、霧は深さを増していく。赤布を小さな間隔でつけながら登高する。4時30分、平坦地を見つけ幕営する。昔、野宿をする山人は「この土地を今夜貸して下さい」と山の神様に祈ったそうだ。今夜の私もそんな敬虔な気持ちになる。
密生するブナの樹と濃い霧に包まれ、深いしじまが森の中を流れていく。形容しがたい不安と、森の妖精達のささやきが入り交じり、混沌とした気持ちの中で夜は更けていく。ある方が書かれた文章をふと思い出す。「人思えば山恋し、山思えば人恋し」

 朝、何度も外を覗くが濛々たる霧で、視界は極度に悪い。こんな霧中を一人で歩き回ったら危険だ。霧がひくのをしばらく待つ。霧が少し和らいだ9時40分出発する。もう出発の時間も遅いし、サブザックで出かけようとも思ったが、もし迷路にでもはまりこんでもしまったら危険だと思い、その考えは捨てる。「フィフィフィフィ、フィフィフィフィ」とゴジュウカラが囀る中、1時間ちょっとブナ林を登高する。あまりにも見事なブナなので、すっかり見とれてしまう。でも、このまま森に溶け込んでしまったら、頂には立てない。11時頃、漸く霧が晴れ、視界が豁然とひらけてくる。計画では和賀岳を登り、甲山コースを下る予定であった。しかし、今回登りのルート探しで随分と気を使ったので、登った後は往路を下ることに決める。夏道を知らないコースの下山は2つの眼で見極めていくのは大変だと思った。下りのために赤布を要所要所にとりつけていく。雪庇の崩壊で雪崩れた斜面をトラヴァースし、薬師岳から派生する枝尾根の標高1000mのあたりに飛び出す。口笛の音色がひびき、見上げるとブナの小木のテッペンにウソがとまっている。頬と喉の紅色が鮮やかだ。陽が燦々と降りそそぎ、南の真昼岳へのなだらかな起伏が眩しく浮かんでいる。連綿と続く畝が春の嬉びをうたいあげる。ここで久々に夏道を見つける。昼食をとり、サブザックに変えて頂上をめざす。薬師岳の頂はたったの1218mではあるが、眺めは素晴らしい。眼前には小杉山から和賀川源流を隔てて和賀岳へと続く雪稜が大きく迫っている。西側には白岩岳から小滝山にかけての山波が連なっている。その奥には憧れの堀内沢があるんだね。ここから小杉山にかけてはまさに幸せの散歩道だ。もう地図も磁石もいらないよ。「さくさくさく・・・」雪が柔らかくて時々もぐる。雪庇が大きく張り出ている。薬師平のあたりは平坦で、景色も良い。絶好の幕場だ。「ああ、テントを下に置いてこなければ良かった」と悔やむ。でもそれも束の間、小杉山の白きたおやかな姿を眺めながらカヤトの原っぱに寝ころんでいると幸せでいっぱいになる。

たった一人の和賀の山旅。
静かな静かな山稜。
茫洋とした空間。
ヒガラやウグイスが春の嬉びをうたう。
春の陽射しを受けて、そよ風が吹き抜けていく。

 時間的に和賀岳往復は無理なので引き返すことにする。「近いうちに又やってくるからね」と和賀岳に別れを告げる。下りはのんびりと往路を下っていく。再びブナの森へと入っていく。
いくつもいくつも根回り穴ができている。
アカゲラやゴジュウカラの鋭い叫びが森中をこだまする。
今日もまた森の詩がきこえてくる。
プサルテリーとサントゥールの合奏「森の小鳥」がきこえてくる。
松本雅隆さんや上野哲生さんの顔が浮かぶ。
ロバやカテリ−ナ注)の音楽が森の中を流れていく。
しばしまどろむ・・・・・・
自由きままな一人旅に酔いしれてしまいそう。
ほんとうにわがままな山旅。

 滝倉から下は下るつもりでなかったので、赤布は2、3本しかつけてこなかった。45分ばかり道探しをする。ようやく自分でつけた赤布を見つけ顔もほころぶ。しかし、すぐにまた道は分からなくなる。どうも2つの眼では間違えやすい。もっと沢山の眼で見ないと難しいのだろう。夏道を外れ、南西の方角へと下っていく。夕闇迫る4時30分に雪の平坦地を見つけ幕営する。

 コマドリの元気な囀りの中、6時頃出発する。南西の方角へとマツの茂る小尾根を下っていく。所々に可憐なイワウチワが咲いている。急峻な崖に出会い、右側を捲いていく。すると曲沢分岐と書かれた道しるべがある。後はつづら折りに下っていけば簡単に甘露水に出れると思っていたら、じきに道を失ってしまう。曲沢を渡り、崖を登って40分ほど藪を漕いでいくと甘露水の登山口にでた。夏道は外れたが、着地点は20mくらいしかずれていなかった。ここからは斉内川・真木渓谷沿いの林道をのんびりと下っていく。春の暖かな陽射しの中、沢山の野鳥が囀り、飛翔する。ホオジロ、オオルリ、ミソサザイ、ヤマガラ、コガラ、ヒガラ、キセキレイ、ウグイス・・・・・・カタクリやキクザキイチリンソウも咲いていて楽しい林道歩きだ。3時間ほどの林道歩きで真木・武士平につく。そこの立て看板には「真木部落の開祖は奥州平泉の落人であると伝えられている・・・」と書かれていた。今回の山旅では、3日間まったく登山者に出会うことはなく、雪の上に足跡もなかった。過去に単独行では何回か危険な目にあっている。がむしゃらな若い時と違って、そうした経験が慎重な行動をとらせたような感じがした。結果論でいえば、薬師岳直下にテントを置いてこなければ、和賀岳の頂に立てたであろう。でもそんなことはどうでもいいと思うくらい心は満たされていた。春の香りをいっぱい運んで・・・
 帰りがけ角館・武家屋敷の満開のシダレ桜を見る。同じ会社のYさんとバッタリと出会う。Yさんの絵の仲間と三人で、川の土手に咲き連なるソメイヨシノの下で角館ビールを飲む。日焼けとビールで顔は真赤っか。

注)ロバとはロバの音楽座、カテリーナとはカテリーナ古楽合奏団のこと。
松本雅隆さんと上野哲生さんはそこの楽団員。
「森の小鳥」はフランス中世の音楽。
プサルテリー:中世の箱琴で金属の弦をカラスの羽根や指などではじいて音を出す。これに鍵盤が付くとチェンバロになる。
サントゥール:プサルテリーと似た形だが、こちらは金属の弦を叩く打弦琴。
(出典:古楽の小屋「ロバハウスのホームページ」